スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneのテザリング機能でMacをネットに接続しよう!3つの方法を解説

iPhoneのテザリング機能でMacをネットに接続しよう!3つの方法を解説


【iPhoneとMac】テザリング機能を使って繋ぐ方法《USB》

最後にご紹介する3つめの方法はUSB接続です。

USBケーブルでの有線接続は普段、携帯などの電子端末を充電するときにも使うので仕組みがわかりやすいのではないでしょうか。

有線接続ですが先にご紹介した2つの方法と操作は似ていますので、あまり難しく考えずに試してみてください!

USBケーブルが必要だよ

まず用意するのはUSBケーブルです。

普段iPhoneを充電するときに使うLightningケーブルなどでOKなので、わざわざ新しいものを購入する必要はありません。

【iPhone】USBで接続できるように設定しよう

まずはiPhoneでの操作手順です。こちらはWi-Fi接続、Bluetooth接続とほぼ同じ手順なのでわかりやすいですよ♪

  1. ホーム画面から「設定」アプリを開く
  2. 「インターネット共有」の項目をタップして開く
  3. 「ほかの人の接続を許可」をオンにする

【Mac】正しく接続されていればインターネットが使えるよ

続いてMac側の操作手順をご説明します。有線接続なので難しく思われるかもしれませんが、むしろとてもシンプルです。

iPhone側でインターネット共有をオンにしておけば、iPhoneとMacにUSBケーブルを挿し込んで接続するだけでテザリングが完了します。

正しく接続されていればインターネットが使えるはずなので、Macでページを開くなどして確認してみてください。

USB接続のメリット

USB接続はケーブルが必要ですが、逆に考えればケーブルでつながっているのでiPhoneを充電しながら利用することができます。iPhoneの充電を消費したくないシチュエーションではUSB接続が活躍するので、ぜひ3つの方法を上手に使い分けてみてください!

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。