スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】Wi-Fi自動接続の設定方法を詳しく解説!

【iPhone】Wi-Fi自動接続の設定方法を詳しく解説!


【iPhone】Wi-Fiの接続を一時的にオフにする方法も覚えておこう

自動で接続して欲しくないWi-Fiをピンポイントで解除する方法を説明しましたが、事情が変わり再度自動設定を「ON」にしたい場合は、この記事で紹介した手順で「自動接続」を「ON」に設定すればすぐに有効化できるので試してください。

状況によっては、Wi-Fiの接続そのものを一時的に「OFF」にしたい場合もあります。

例えばフリーWi-Fiの繋がりが悪かったり、通信速度が遅かったりしてアプリのダウンロードやアップデートができない場合はWi-Fi接続を「OFF」にして、どこでも接続でき比較的通信速度も安定しているスマホのモバイルデータ通信に切り替えたいと思いますよね。

iPhoneのWi-Fiの接続を一時的に「OFF」にする方法が2つあります。

iPhoneの「設定」アプリから行う方法と、「コントロールセンター」を呼び出して行う方法の2つです。

これから、それぞれの操作方法を順番に説明していきます。

最初に取り上げるのは「設定」アプリから行う方法です。

設定アプリからオフにする方法

ホーム画面にある「設定」アプリをタップして開きましょう。「設定」画面が立ち上がったら、メニューの中にある「Wi-Fi」を選択しタップします。

Wi-Fi

「Wi-Fi」画面が立ち上がったら、メニューの一番上に表示されている「Wi-Fi」を「OFF」に設定しましょう。これでWi-Fi回線は一時的に使えなくなります。

Wi-Fiの接続をオフ

コントロールセンターからオフにする方法

続いて「コントロールセンター」からWi-Fiの接続を一時的に「OFF」にする方法を説明します。

ちなみに「コントロールセンター」とは、カメラの起動、懐中電灯の点灯、画面の明るさや音量の調整など、よく使う機能にすぐにアクセスするためのコントロールパネルのことです。

ホーム画面を下から上に向かってスワイプしましょう。

スワイプ

「コントロールセンター」が立ち上がります。iPhoneの操作可能な機能やアプリがフォルダごとに分類されて表示されているので、左上に表示されているフォルダの中にある「Wi-Fi」アイコンをタップしましょう。これでWi-Fiの接続は一時的に「OFF」に設定されます。

コントロールセンター

利用目的や頻度に応じてiPhoneのWi-Fi自動接続のオン・オフの設定をしよう!

以前に利用したフリーWi-Fiに自動で接続できれば、パスワード入力の手間が省けるので大変便利ですが、iPhoneのWi-Fi自動接続機能を使えば簡単に設定できます。

接続履歴のあるフリーWi-Fiの中には、セキュリティが弱く危険なものもあるので、エリアに近づいても勝手に接続しないように自動接続の設定をピンポイントで「OFF」にして個人情報を保護しましょう。

Wi-Fiの自動接続は利用目的や頻度に応じて行うようにしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。