スマホで見つける、もっと可愛い私

Google アカウントで「本人であることの確認」を回避する方法

Google アカウントで「本人であることの確認」を回避する方法

毎日利用する人が多いGoogleのサービスの1つにGmailがあります。

他の場所でGmailを利用するために、Google アカウントにログインをしようとしたら、今まで見たことのない本人確認を求められた、ということはありませんか?

場合によっては何度も聞かれることもあるので、本人確認をスキップできたら良いなと思ってしまいますよね!

そこで、この記事では、Google アカウントのログイン時に本人確認をしないで済む方法を解説していきます。


【Google アカウント】「本人であることの確認」を回避したい!《基礎知識》

新しいスマホで自分のGoogle アカウントにログインする時や、インターネットカフェのPCで自分のGoogle アカウントにログインする時などに、「ログインしようとしていますか?」という画面が突然現れることがあります。

これはログインしようとしているユーザ-が、Google アカウントの持ち主であることを確認するためのものです。

まずは、この本人確認とはそもそもどんなものなのかを説明していきます。

そもそも「本人であることの確認」とは?

「本人であることの確認」とは、いつもとは違うデバイスや場所からGoogle アカウントにログインしようとしている時に、本当にそのアカウントを持っている本人かどうかを確認するシステムです。

特に、いつもとは違う状況でGoogle アカウントにログインしようとしていることが検出された時に出てきます。

そうすることで、乗っ取りなどの被害を防いでくれるのです。

「本人であることの確認」はどんなときに表示されるの?

具体的に、どんな状況でGoogle アカウントにログインしようとすると、「本人であることの確認」画面が表示されるのかを以下にまとめてみました!

  1. 普段は使わないPCやスマホからログインをしようとするとき
  2. 普段とは違うロケーション(国や地域)からログインをしようとするとき
  3. 普段は接続しないWi-Fiやモバイルデータ通信に接続してログインをしようとするとき
  4. シークレットモードでログインをしようとするとき

【Google アカウント】「本人であることの確認」を回避する方法

自分のアカウントにログインしようとしている時に、何度も本人確認を求められるとストレスになってしまいますよね。

そんな時は、本人確認の回避をしてみましょう。

ここでは、どうすれば本人確認を回避してGoogle アカウントにログインできるかを説明します。

「お使いのデバイス」から外れなければ表示は出ないよ

本人確認を求められずにGoogle アカウントにログインするためには、「Google アカウントの管理」にある「お使いのデバイス」に使用しているデバイスが表示されている必要があります。

友達のスマホやPC、またホテルやインターネットカフェにあるPCを使って自分のGoogle アカウントにログインする際に、本人確認が必ず求められる理由は、「お使いのデバイス」に使用するデバイスが登録されていないからです。

「お使いのデバイス」の確認方法を説明します。

上記のリンクにアクセスして「Google アカウントの管理」画面を立ち上げましょう。

セキュリティ

「Google アカウントの管理」画面が立ち上がったら、「セキュリティ」を選択しタップします。

スクロール

「セキュリティ」画面になったら、画面を下に向かってスクロールしましょう。

お使いのデバイス

「お使いのデバイス」で認知されているデバイスが確認できます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。