スマホで見つける、もっと可愛い私

【Apple Watch】徹底比較!自分に合った製品を見つけよう!

【Apple Watch】徹底比較!自分に合った製品を見つけよう!


【Apple Watchを比較!】ヘルスケア編

ここでは、Apple Watchのヘルスケアに関して比較しながら解説していきます。

  • 健康管理デバイスとしての異なる機能
  • 命に関わる可能性も?万が一に備える緊急時の機能

それでは、詳しく見ていきましょう。

健康管理デバイスとしての異なる機能

Apple Watchには、健康管理に関する機能が備わっています。

対応しているセンサーがついていれば、自動的に取得したデータを記録してくれます。

Apple Watch Series 7とApple Watch Series 3、Apple Watch SEそれぞれで使用できる機能は、以下の通りです。

画面サイズ

  • Apple Watch Series 7:血中酸素濃度・心拍数機能・心電図機能・加速度
  • Apple Watch Series 3:心拍数機能
  • Apple Watch SE:心拍数機能・加速度

血中酸素濃度は、Apple Watch 6から搭載された血中酸素濃度センサーによって測定できるようになっています。

命に関わる可能性も?万が一に備える緊急時の機能

Apple Watchには、持ち主が転倒したときに、それを検知して、必要に応じて緊急通報サービスに連絡する「転倒検出機能」が搭載されています。

転倒検出機能に対応しているモデルは、Apple Watch Series 4以降です。

【Apple Watchを比較!】まだある!様々な機能編

ここでは、Apple Watchのその他の機能について比較しながら解説していきます。

  • GPS・コンパス・高度計
  • 電子マネーへの対応
  • Siri

それでは、詳しく見ていきましょう。

GPS・コンパス・高度計

Apple Watchの標準でインストールされている「コンパス」アプリを使えば、方角や高度を計測することができます。

このコンパス・高度計の機能は、Apple Watch Series 5以降に付いていますよ。

また、GPS機能(端末の位置情報を把握できるシステム)は、Apple Watch Series 2 以降全てのモデルに搭載されています。

電子マネーへの対応

Apple Watch Seriesでは、Apple PayやPASMO、Suicaなどの電子マネー決済の利用が可能です。

Apple PayとPASMOは、Apple Watch Series 3 以降のモデルが対応しています。

Suicaについては、Apple Watch Series 2以降のモデルが対応しています。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。