スマホで見つける、もっと可愛い私

動画編集で倍速にするには?おすすめサイト・アプリ・ソフトをご紹介♪

動画編集で倍速にするには?おすすめサイト・アプリ・ソフトをご紹介♪

動画編集で倍速ができる♪Macで使えるアプリ・ソフト!

ここまでは、Windows PC専用の動画編集ソフトを紹介しました。

ここからはMac専用の動画編集ソフトをご紹介します。

iMovieが使えるよ!

Mac利用者におすすめしたい動画編集ソフトは「iMovie」です。

「iMovie」はiPhoneユーザーであればお馴染みのアプリですよね。

iPhoneの「iMovie」でも動画の再生速度を編集することは可能ですが、Macにも標準アプリとして「iMovie」がプリインストールされ、iPhoneと同様に再生速度の編集が行える仕様になっています。

iMovieで編集してみよう

Mac版の「iMovie」アプリで動画の再生速度を編集する操作方法はこちらです。

  1. 動画をドラッグ&ドロップで「iMovie」アプリに転送する
  2. 転送された動画をクリックしてコマ送り表示させる
  3. コマ送り表示になった動画をクリックする
  4. メニューが表示されるので「速度エディタを表示」をクリックする
  5. 再生速度を変更するレバーを動かし編集する

動画編集で使える♡倍速に役立つサイト♪

ここまで、スマホで利用できる動画編集アプリと、PCで利用できる動画編集ソフトをそれぞれご紹介してきました!

ですが、実は、動画の再生速度を編集する方法はもう1つあります。

それは、サイトを使って行う方法です。

ここから詳しく説明していくので、「アプリやソフトを使うのが面倒…」という方はぜひ見てみてくださいね♪

Wondershare Online UniConverterが使えるよ!

「Wondershare Online UniConverter」は無料版と有料版がありますが、無料版でも動画の再生速度を編集できます。

ただ、編集可能な動画のサイズに上限があります。

100MB以下の動画でなければアップロードして編集できないので注意してくださいね。

Wondershare Online UniConverterで編集してみよう

それでは、「Wondershare Online UniConverter」の操作方法を説明します。

以下のリンクにアクセスして「Wondershare Online UniConverter」を立ち上げましょう。

サイトが立ち上がったら、「ビデオ加速」が選択されていることを確認して「ファイルを選択」をクリックします。

ファイルを選択

PCの内部ストレージが表示されるので、100MB以下の動画を選択して「開く」をクリックしましょう。

動画の選択

選択した動画がWebサイトにアップロードされると、画面の右側に再生速度の変更可能なオプションが表示されるので、1つを選択して「開始」をクリックすれば編集が開始されます。

再生速度の選択

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。