スマホで見つける、もっと可愛い私

【スマホ・PC】各ブラウザのポップアップのブロック・解除方法をご紹介

【スマホ・PC】各ブラウザのポップアップのブロック・解除方法をご紹介

Contents[OPEN]


不審なアプリはアンインストールして

Google Playで配信されているアプリの中には、マルウェアが含む不審なアプリも紛れ込んでいます。

そのようなアプリをインストールすると、マルウェアに感染して意図せずポップアップが表示されるようになったり、個人情報を盗み取られたりしてしまいます。

そのため、不審なアプリがないか一度確認してみて、あった場合は早急にアンインストールして下さい。

操作手順

  1. 「設定」アプリを起動。
  2. 「アプリと通知」をタップ。
  3. 「〇個のアプリをすべて表示」をタップ。
  4. 不審なアプリを探してタップ。
  5. 「アンインストール」をタップ。
  6. 確認画面が表示されたら、「OK」をタップ。

※Androidの場合は機種によって操作方法が異なる場合があるので注意して下さい。

これでアンインストール完了です。

【Google Chrome】ポップアップのブロックをしても表示される!対処法《PC》

PCのGoogle Chromeでポップアップのブロックをしても表示される場合は、先ほどご紹介したスマホ・PC共通の対処法に加え、さらに以下の対処法も試してみて下さい。

「chrome://settings/safetyCheck」から安全確認をする

Google Chromeには、マルウェアや不正な拡張機能などの脅威から保護されているか確認できる機能が備わっています。

まずは、以下の手順で安全確認を実行して、不審なプログラムがインストールされていないか、セキュリティ設定に問題がないかどうか確認してみましょう。

「Google Chrome」を起動します。

「Google Chrome」を起動

画面上部のアドレスバーに「chrome://settings/safetyCheck」と入力しましょう。

「chrome://settings/safetyCheck」と入力

「安全確認」の「今すぐ確認」をクリックして下さい。

「安全確認」の「今すぐ確認」をクリック

安全確認が完了すると結果が表示されます。

安全確認の結果が表示

もし、表示されている項目に問題がある場合は、その項目をクリックして設定の見直しや不審なプログラムの削除などを行います。

「設定」の「広告」から権限の変更をしよう

ポップアップをブロックする設定にしても、煩わしい広告が表示される場合があります。

その時は、以下の手順で広告をブロックする設定に変更しましょう。

「Google Chrome」を起動します。

「Google Chrome」を起動

画面右上のメニューアイコンをクリックしましょう。

メニューアイコンをクリック

「設定」をクリックして下さい。

「設定」をクリック

左メニューで「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。

「プライバシーとセキュリティ」をクリック

「サイトの設定」をクリックしましょう。

「サイトの設定」をクリック

「その他のコンテンツの設定」をクリックして下さい。

「その他のコンテンツの設定」をクリック

「広告」をクリックします。

「広告」をクリック

「デフォルトの動作」で「煩わしい広告や誤解を招く広告が表示されるサイトで広告をブロックする」を選択しましょう。

「煩わしい広告や誤解を招く広告が表示されるサイトで広告をブロックする」を選択

これで設定完了です。

【Windows】Google Chromeのクリーンアップ機能を使う

WindowsのGoogle Chromeでは、PCに不審なプログラムがインストールされていないかどうかを検出できるクリーンアップ機能が備わっています。

クリーンアップを実行する手順は以下の通りです。

「Google Chrome」を起動します。

「Google Chrome」を起動

画面右上のメニューアイコンをクリックしましょう。

メニューアイコンをクリック

「設定」をクリックして下さい。

「設定」をクリック

左メニューで「詳細設定」をクリックします。

「詳細設定」をクリック

「リセットとクリーンアップ」をクリックしましょう。

「リセットとクリーンアップ」をクリック

「パソコンのクリーンアップ」をクリックして下さい。

「パソコンのクリーンアップ」をクリック

「有害なソフトウェアの検出」の「検索」をクリックします。

「有害なソフトウェアの検出」の「検索」をクリック

「検索」をクリックするとスキャンが始まるので、終わるまでしばらく待ちます。

不審なプログラムがなければ「有害なソフトウェアは見つかりませんでした」と表示されます。

「有害なソフトウェアは見つかりませんでした」と表示

もし、不審なプログラムが検出された場合は「削除」をクリックして下さい。

【Mac】不審なプログラムを手動で削除する

Macの場合は、不審なプログラムが勝手にインストールされていないか探して、あった場合は手動で削除して下さい。

操作手順

  1. 「Finder」を起動。
  2. 「アプリケーション」をクリック。
  3. 不審なプログラムがないか探し、見つかった場合はプログラム名を右クリック。
  4. 「ゴミ箱に入れる」をクリック。
  5. 不審なプログラムを全てゴミ箱に入れたら、ゴミ箱のアイコンを右クリック。
  6. 「ゴミ箱を空にする」をクリック。

参照:Google Chrome ヘルプ

これで削除完了です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。