スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple WatchでMacを操作!ログインや音楽再生が手軽にできる

Apple WatchでMacを操作!ログインや音楽再生が手軽にできる

Appleから販売されている多機能スマートウォッチの「Apple Watch」。

Apple WatchをMacと連携させればMacへのログインやアプリのインストールの承認、音楽の再生といったMacの操作をApple Watchで行えます!

今回は、そんなApple WatchでMacを操作する方法について解説していきます。


Apple WatchからMacの色々な操作ができるよ

Apple WatchはMacと連携させることで、Macの様々な操作をApple Watchからリモートで行えるようになります。

まずは、Apple Watchから行えるMacの操作について見ていきましょう。

Apple WatchからMacのロックの解除ができるよ

Macは一定時間操作を行わないと、iPhoneやiPadと同じように自動的にロックがかかってスリープ状態となります。

Macにパスワードを設定している場合、毎回ロックを解除するのにパスワードを入力しなければなりませんが、macOS Sierra以降がインストールされているMacではApple Watchを使ってロックを解除することが可能です。

自動ロック解除の条件を全て満たしており、かつ必要な設定を済ませておけば、身に着けたApple Watchを近付けるだけでロックを解除できるので、毎回パスワードを入力する手間も省けます。

アプリのインストールなどの承認もできる

Macでは、以下のような場面において認証が必要となります。

  • Macにアプリをインストールするとき
  • Safariでパスワードを表示するとき
  • メモや環境設定のロックを解除するとき

通常、Apple IDのパスワードを入力して承認しますが、macOS Catalina以降がインストールされているMacでは、Apple Watchを使って承認できるようになりました。

承認の条件を満たしており、かつ必要な設定を済ませておけば、身に着けたApple WatchをMacへ近づけ、サイドボタンをダブルクリックするだけで、パスワードを入力せず承認できます。

音楽の再生・ライブラリへの操作ができる

Macの音楽再生やライブラリへの操作もApple Watchから行えます。

MacとApple Watchを同じWi-Fiへ接続し、Macの「ミュージック」アプリとApple Watchを連携させることで、「Remote」アプリから以下の操作が行えるようになります。

  • 再生・一時停止
  • 1つ前の曲に移動
  • 次の曲に移動
  • 音量の調整

Macで音楽を流しているときにApple Watchから再生や音量の調整などが行えるので便利ですよ。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。