スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple WatchでMacを操作!ログインや音楽再生が手軽にできる

Apple WatchでMacを操作!ログインや音楽再生が手軽にできる


Apple WatchからMacにログインをする設定方法《自動的にログインをする》

通常、スリープ状態になっているMacを再び操作するには、パスワードを入力してロックを解除する必要があります。

しかし、条件を満たしていればApple Watchを近付けるだけでパスワードを入力せずにロックを解除できます。

ここでは、Apple WatchからMacへ自動ログインするための条件や設定方法について解説していきます。

自動的にログインできる条件は?

Apple Watchを使ってMacへ自動でログインするには、以下の条件を全て満たす必要があります。

  • MacとApple Watchが自動ロック解除に対応していること
  • MacでWi-FiとBluetoothがオンになっていて、MacとApple Watchが同じWi-Fiへ接続されていること
  • MacとApple Watchで同じApple IDにサインインしていること
  • Apple IDで2ファクタ認証がオンになっていること
  • Apple Watchでパスコードを設定していること

参照:Appleサポート

自動ロック解除に対応しているMac・Apple Watchは以下の通りです。

  • macOS Sierra以降を搭載したMac(2013年以降に発売したモデル)
  • watchOS 3以降を搭載したApple Watch(全モデル)

参照:Appleサポート

上記よりも古いバージョンのOSでは自動ログインできません。まずはOSのバージョンを確認し、必要であればアップデートを実行しましょう。

自動的にログインできるように設定する方法

先ほど挙げた条件を全て満たしていることを確認したら、Apple Watchを使って自動的にログインできるように、Macで以下の設定を行って下さい。

操作手順

  1. Macで画面左上にあるAppleのロゴをクリック。
  2. 「システム環境設定」をクリック。
  3. 「セキュリティとプライバシー」をクリック。

参照:Appleサポート

「セキュリティとプライバシー」を開いたら、「Apple Watchを使ってアプリケーションとこのMacのロックを解除」にチェックを入れます。

「Apple Watchを使ってアプリケーションとこのMacのロックを解除」にチェックを入れる

出典:Appleサポート

これで、設定完了です。

以降は、Apple Watchを身に着けた状態でMacへ近づければ、パスワードを入力せずにロックを解除できます。

初めて自動的にログインする場合は

Macで自動的にログインできるように設定したあとは、Apple Watchを使ってMacのロックを解除できます。

しかし、Macの電源を入れたあとや再起動したあと、ログアウト後に初めてMacにログインするときなどは、手動でパスワードを入力してMacへログインする必要があります。

あくまで、Apple Watchを使って解除できるのは、スリープ時にかかるロックのみです。

Apple WatchからMacの承認を行う方法

MacにアプリをインストールするときやSafariでパスワードを表示するときなどは、本人確認のパスワード認証が要求されますが、条件を満たしていればApple Watchで承認できます。

ここでは、Apple WatchからMacの承認を行うための条件や承認方法について解説していきます!

MacとApple Watchが承認に対応しているか確認しよう

Apple Watchを使ってMacの承認を行うには、以下の条件を満たしているMacとApple Watchが必要です。

  • macOS Catalina以降がインストールされていること
  • Apple WatchにWatchOS 6以降がインストールされていること

参照:Appleサポート

自動ログイン機能はmacOS Sierra以降、WatchOS 3以降でも使えました。しかし承認機能では、自動ログインの条件に加え、上記のバージョンのOSへアップデートしなければ使えません。

MacがApple Watchからの承認に対応しているか分からない場合は、以下の手順で対応しているか確認できます。

操作手順

  1. Macで画面左上にあるAppleのロゴをクリック。
  2. 「このMacについて」をクリック。
  3. 「システムレポート」をクリック。
  4. 左サイドバーで「Wi-Fi」をクリック。

参照:Appleサポート

「自動ロック解除」が「対応」になっていれば、WatchOS 6以降がインストールされているApple Watchを使ってMacの承認ができます。

「自動ロック解除」が「対応」になっているか確認

出典:Appleサポート

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。