スマホで見つける、もっと可愛い私

Facebook Liveを楽しもう!ライブ配信・招待する方法を紹介!

Facebook Liveを楽しもう!ライブ配信・招待する方法を紹介!

Contents[OPEN]


他の人の配信にコメントする方法

他人の配信で覚えてもらうためにはコメントすることは必須条件です。

そして、配信者にとってコメントをもらうことはとても嬉しいものです。

好きな配信者には是非コメントを残していってあげてください。

配信画面を開くと再生時間の下に「コメント」とあります。

ここを選択するとコメントが入力出来、エンターキーで送信が可能です。

ト

わりとあっさり送信されてしまうので、打ち間違いがないか、不快な内容ではないかなどチェックしておいたほうが良いですよ。

不快なコメントをする人はブロックされたりしてしまいますので、メリットがほとんどありません。
他にもコメントの連投を好まない人もいます。

全員がそうではないのですが、一応そういうタイプの人間もいる程度に、心の隅に留めておいてください。

Facebook Liveを使うメリット

Facebook Liveを使う最も良い点として、他のサイトに比べ炎上や嫌がらせが少ない事ですね。

配信者としてはどちらも嫌なのですが、黒ではないグレーな発言をうっかりした程度なら見逃されたりします。

他にも配信者に対する嫌がらせというのは昔から絶えないもので、長く続ければ必ずといっていいほど遭遇し、視聴者数が急成長した人にとくに多いですね。

理由は色々ありますが、そういったものが少ない理由の一つにアカウントを現実に密接に紐付けている人が多い事です。

それでも勿論明らかに言ってはいけない事や、やってはいけない事をしてしまえば炎上のリスクは避けられません。

もう一つだけメリットを上げると、それは元がSNSであることから生まれる髙い拡散性です。

上手く使えば効率よく視聴者が伸びる配信となりますが、結局は地道に視聴者数を伸ばした方が、あまり良い言葉の使い方ではありませんが……質の良い視聴者が付きやすいのです。

メジャーな店よりも分かりにくい場所にある地味な店の方が客層が良い現象に似ているという風に捉えて頂ければと思います。

人づてに伸びやすく、質の良い視聴者、というのを効率的に増やせるという見方も出来ます。

リアルタイムで情報配信ができる

ライブ動画のメリットでもありますが、事前に撮った動画を投稿するのと違い、その場で視聴者のコメントを見られる事は非常に大きなメリットです。

配信する側にはない視聴者の視点は、配信する人ならば常に意識すべき大事な要素になります。

視聴者の有力な情報提供も決して少なくなく、実は一部の配信者は配信をそういう風によく活用しているのです。

新しい友達が増えやすい

配信というのは必然的に様々な人と関わることになり、中でも興味が合う人とは繋がりが保持されるので趣味の合う良い友達が作りやすいです。

一年以上続くネットの繋がりは非常に稀で、そこまで続いた場合は今まで以上に大切に考えておいた方がよいです。

ネットという広い世界で自分をわざわざ優先してくれるような人は、もはや親友と言っても良いでしょう。

文章だけでのやりとりは感情が伝わりにくく、不快に感じやすい部分が非常に多いため、そういった意味でもとても関係が長続きしにくいのです。

もしも今、数年続くようなネット友達がいるのなら、本当に大切な存在だと捉えてください。

Facebook Liveでの配信についてまとめ

最初は複雑そうに感じるかもしれませんが、やってみると意外と簡単なものです。

基本的に配信は、準備だけ最初にある程度完成させてしまえば、それほど大きく弄る必要はありません。

最後に、Facebook Liveで配信していこうと思っている人に向けて再度、注意点を簡単にまとめていきます。

・過激な発言は控えること。
 
配信する上で一番避けたいのは炎上だという人もいるでしょう。特に慣れた頃が最も危険です。大丈夫だと思い始めた時こそ注意しておくのがベターです。
・視聴者のことを常に意識する。
 
配信というのは配信者が中心ではありますが、視聴者がいなければ成り立ちません。

常に、視聴者から配信は見辛い物になっていたりしないか、特に画質や音量をチェックしておきましょう。

・おすすめ配信ソフトはOBS。
 
画面のカスタマイズ性能が高く、その性能をすべて引き出そうとすれば勉強が大変で面倒な部分もありますが、現状無料ソフトでこれ以上のもは無いと言っていいほど良いソフトです。

有料ソフトにも負けずとも劣らないため、迷ったならOBSを使うと良いかもしれません。

・メジャーな配信時間は8時以降。
 
メジャーな時間は視聴者は多いですが、競争率が非常に高く少し早く配信するなどの工夫が大事です。

まずは固定ファンが少なくても良いので、付けてからメジャーな時間に挑戦してみるとより伸びやすい配信になります。

・配信は楽しく行う。
 
配信者が配信を楽しく行えば、視聴者にもストレスを感じさせずに長く楽しんでもらえます。

配信内容にこだわるのも大事ですが、あまりこだわりすぎると視聴者側にも伝わって少々息苦しく感じるかもしれません。あなたらしくいることが一番の魅力になります。

配信をするなら、今回紹介したポイントを掴みつつ、リラックスして楽しく行いましょう!

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。