スマホで見つける、もっと可愛い私

Twitterで使えるGIF画像のサイズ♡投稿に最適な大きさを紹介

Twitterで使えるGIF画像のサイズ♡投稿に最適な大きさを紹介

Twitterを使っていて、動く画像や動くプロフィール画像を見たことはありませんか?

そういった画像のことを、GIF(ジフ)画像といいます。

GIFとは、画像を複数重ねてパラパラ漫画のように動かすことができる形式のことです。

今回は、そんなGIF画像をTwitterで投稿する方法について解説していきます。


【Twitter】投稿できるGIF画像のサイズ・ファイルを知りたい!

TwitterでGIF画像を投稿できるといっても、なんでも投稿できるというわけではないんです!

まずは、Twitterに対応しているGIF画像について解説していきます。

追加できるGIF画像のサイズは?

ここでいう「サイズ」とは、画像の縦横の大きさではなくファイルの容量のことを指します。

Twitterに投稿できるGIF画像のサイズは、スマホやガラケーなどのモバイル端末であれば5MBまで、ブラウザでtwitter.comから投稿するのであれば15MBまでOKです。

投稿する端末によって違うのは注意が必要ですね。

また、アニメーションしないGIF画像であれば写真などと同じように1つのツイートに5つまで追加できますが、アニメーションするGIF画像については、動画扱いになって1つのツイートに1つのみ追加可能です。

同じGIF画像でも動くかどうかで扱いが変わることにも注意してくださいね。

ファイルの種類は?

GIF以外で投稿できるファイルの種類としては、次のようなものがあります。

画像

ファイル形式 GIF、JPEG、PNG
最大サイズ 5MBまたは15MB

動画

ファイル形式 MP4、MOV(モバイル版のみ)
最大サイズ 512MBまで。2分20秒を超える場合はトリミングが必要

【Twitter】投稿するときのGIF画像の最適なサイズを知りたい!

最大ファイルサイズ以内であれば投稿はできますが、Twitterで表示されやすい縦横の大きさなど「最適なサイズ」があります。

ここでは、ツイートで最適なサイズのほか、プロフィールやヘッダーにおすすめなサイズも解説します。

ちなみに、ここで解説する最適なサイズはGIF画像だけでなく、全画像形式で共通になります。

写真などを投稿する時も使えるテクニックですよ!

プロフィール画像に最適なサイズ

プロフィール画像は、アカウント名の隣に表示されるアイコンのことです。

プロフィール

アカウントの「顔」となる画像なので、重要ですよね!

最適なサイズは以下の通りです。

サイズ 400×400ピクセル
アスペクト比 横1:縦1
形式 JPG・PNG
容量 2MB未満

これ以外のサイズやアスペクト比(縦横のサイズ比)の画像をアップロードした場合は、画像の一部を真四角に切り取って使えるので、必ずこのサイズに収める必要はありません。

また、真四角のままプロフィール画像になるわけでなく、さらに角を丸く切り取った形が実際に表示される範囲なので、範囲内に収まるような画像を選んでプロフィール画像にするとよいでしょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。