スマホで見つける、もっと可愛い私

長時間使える♪ バッテリー大容量のスマホを比較!おすすめの10選!

長時間使える♪ バッテリー大容量のスマホを比較!おすすめの10選!

Contents[OPEN]


【バッテリー大容量スマホを比較】①Ulefone Power 5

まず最初に紹介するのは、中国メーカーの「ulehone power 5」です。このスマホの最大の特徴は、なんといっても13,000mAhという超大容量のバッテリーを搭載しているところでしょう。

①Ulefone Power 5

  1. ①重いけれどもとにかく大容量
  2. ②auと一部のドコモ回線には非対応
  3. ③コスパが良く、比較的快適に利用できる

①重いけれどもとにかく大容量

現在販売されているスマホ端末のバッテリー容量の平均は3,000mAh前後ですが、ulehone power 5には13,000mAhもの大容量バッテリーが搭載されています。

通常のスマホと比較してみても、この数値はまさに「モンスター級!」といっても過言では無いはずです。

さらに、大容量でもバッテリーの急速充電が可能なため、2時間30分でフル充電が可能であり、ワイヤレス充電器も使用可能です。

ただ、バッテリーの容量が多い分、スマホ本体の重量が330グラムになります。例えるならば「豆腐一丁」分、もしくは「小さめのペットボトル1本分」ほどの重さがあります。

よって、移動中は身軽でいたいと思う人には少し厳しいかもしれませんね。

②auと一部のドコモ回線には非対応

Ulefone Power 5の回線はY!mobileには対応しているものの、auと一部のドコモ回線には非対応となっています。特にau回線においては、必要なバンドに対応していないため、使用不可能です。

また、ドコモ回線を利用する格安SIMによる通信は一部可能ですが、地下や自然いっぱいの郊外では圏外率が高くなります。加えて、プラチナバンドやFOMAプラスエリアのバンドにも非対応となっています。

③コスパが良く比較的快適に使用できる

Ulefone Power 5はネットサーフィンや動画の視聴、LINEやメールなど基本的な性能に問題はありませんし、メモリにも6GBを搭載し、保存容量も64GBと大容量です。

スマホライトユーザーの方であれば快適に使用できるのではないでしょうか。

また、本体価格は269ドル(日本円で28,000円程度)と、比較的手に入れやすい値段設定も魅力的です。

バッテリー容量/本体重量 13,000mAh / 330グラム
ディスプレイサイズ 6.0インチ
メインカメラのスペック 2,100万画素
連続通話時間 50時間

【バッテリー大容量スマホを比較】②OUKITEL K10

OUKITEL K10は、中国のハイテク大企業「OUKITEL」(オウキテル)の自社ブランド製品で、OUKITELの【K】シリーズは、頑丈なボディにキングバッテリーを搭載しています。OUKITEL K10の特徴は、以下の通りです。

②OUKITEL K10

  1. ①高性能CPUでゲームもサクサク
  2. ②コストパフォーマンスが優秀
  3. ③バッテリーの持続時間がとにかく長い!

①高性能CPUでゲームもサクサク

OUKITEL K10には、CPUとして高性能の【Helio P23】が搭載されているため、画面の動きが鈍くなりにくくゲームもサクサクとこなすことができますし、6GBメモリを搭載、64GBの十分な保存容量があります。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。