スマホで見つける、もっと可愛い私

人気インフルエンサー・こまち監督にインタビュー!TikTokでバズるノウハウや気になる過去についてなど、色々聞いちゃいました♡

人気インフルエンサー・こまち監督にインタビュー!TikTokでバズるノウハウや気になる過去についてなど、色々聞いちゃいました♡

YouTubeについて

YouTubeとTikTokの違い

--- 次にYouTubeについてお伺いしたいのですが、YouTubeにTikTokとは違った楽しさはありますか?

こまち監督:YouTubeは、より自分のパーソナルを伝えられるって点で楽しいなと思いますね。TikTokは自分ではなくて役を演じてるものなので。僕の最終ゴールは「自分自身を知ってほしい」ってとこだったので、それが発信できるYouTubeは楽しいですね。

--- なるほど。逆にYouTubeならではの難しさはありますか?

こまち監督:面白さを伝えるって部分ですね。友達の前で話してる時とかは「面白いね~」って言われたりとか、自分でもウケてるってのが感じるんですけど、カメラを設置して誰もいない状況で自分の面白さを伝えるのは難しいですね…。

--- YouTubeで質問に答えるときなんかも、頭の中では面白く回答するように意識しているんですか?

こまち監督:自分は面白くしようとすると面白くなくなっちゃうタイプなので、逆に素の自分を出すようにしています。質問ってコンテンツを選んだのもそれが理由で、ただただ話すのではなく、何かお題がある中で答える方が得意なんですよね。

--- 視聴者さんとお話をしている感覚なんですね。

こまち監督:そもそも質問や相談がすごく多くて、求められていることのかなとも思いますね。

視聴者からの思い出深い質問

--- 今まで1番話が膨んだ質問などはありますか?

こまち監督:「化粧詐欺って言われました」っていう相談が来て、その時「詐欺だって大変じゃん!悪いことじゃないんじゃない?」ってことを熱弁したんです。「最後まで男は騙されとけよ!」って、ヒートアップして(笑)

--- なるほど。

こまち監督:他の子からも「その通りですよね!」って共感も得られて、団結心が生まれましたね。

--- 視聴者さんも代弁してくれたような気持ちがして、きっと嬉しかったですよね。

こまち監督:そうなんですよ。化粧で詐欺ることを悪いことだと思って欲しくなかったんで、伝わって良かったです。

YouTube登録者数を伸ばすために意識していること

--- YouTubeで登録者を伸ばすためにやっていることはありますか?

こまち監督:僕の場合はYouTubeの切り抜きをTikTokに載せて、それがバズった時にYouTubeも伸びるって感じだったんです。なのでそれを逆算して、YouTubeを切り抜いた時に前後が分からなくても内容が分かるようにしましたね。あと、何気ない発言が伸びたりするので「これって言わなくてもいいんじゃね?」ってことも言ってみたりとか。

--- なるほど。何気ない独り言も残すようにしているんですね。

こまち監督:そうです!一回、餃子を食べてて、「この餃子、骨格ナチュラルじゃね?」って言ったのがすごい伸びて(笑)自分的に何が面白いのかも分からないんですけど…

--- え、ご自身は分からないんですね!

こまち監督:え?面白いですか?

--- すごく面白いと思います(笑)

こまち監督:(笑)ありがとうございます。でも自分じゃ何が面白いか分からないので、自分が面白くないんじゃないかって思ったことも言うべきだなって、その時思いましたね。

--- 特に深い意味はなくても、自分が感じたことを表に出してみようと意識しているんですね。

みんなのギャル友・コマチ監督自身について

幼少期について

--- ここからはコマチ監督さん自身について質問をしていきたいと思います。小さい頃はどんなお子さんでしたか?

こまち監督:女の子のカルチャーにすごく興味がありました。

--- 男の子がそういうことをすると親に止められたりすると思うんですけど、そういうこともなく?

こまち監督:まったくなく、逆に伸ばそうとしてくれたので、親の教育方針にはすごく感謝してます。でも逆に周りの友達や先生は止めようとする人が多くて、自分もそれを感じていたから、「止めなきゃ」って思っていた部分はありましたね。

ト

--- 止めなきゃって思う気持ちを解放したのはいつだったんですか?

こまち監督:一気に解放というよりは、人生の節々で小さな扉があって、そのたびに少しずつ解放していった感じです。

--- なるほど。最初に1つ扉が開いたのはいつだったんですか?

こまち監督:上京したタイミングですね。

--- 東京って人が多いので、「自分もこれでいいんだ!」って自信が持てたりしますよね。

こまち監督:自信も持てるし、割と無関心なのがすごくありがたかったですね。田舎って狭いので窮屈になる瞬間もあるんですけど、逆に東京は割と他人のことなんて気にしてないんですよね。それが自分的には良かったです。

ゲイバーでの経験

--- 東京に来てから思い出深かったことなどはありますか?

こまち監督:学校に通いながら2丁目のゲイバーで働いていたことがあって、なかなか経験できない世界に1年間いられたことは面白かったです。

--- どんなきっかけで働くことになったんですか?

こまち監督:色んなバイトをしたんですけど、知り合いから「働いてくれないか」って連絡が来て。

--- そうなんですね。夜の世界はなかなか経験できないですよね…楽しいこと、大変なこともありましたか?

@komachi_03 #ウィンクハート #コロナおさまったら遊びに行きたいな〜😊#おすすめにのりたい #成長記録 #運営大好き #ゲイ #ゲイバー#ゲイあるある ♬ オリジナル楽曲 – ㅤ主義 – 璃花

こまち監督:どっちもありましたね。田舎では出会えなかった同じコミュニティーの人と出会えたことは良かったです。あと、お酒を飲めるようになったばかりだったので、はしゃげるのも楽しかった。大変なことは、何かとトラブルが多くて。お客さん同志の殴り合いの喧嘩を止めたりするのは大変でしたね。

--- 殴り合いが起きちゃったんですね!

こまち監督:骨折れるくらいの喧嘩が目の前で起きちゃって…(笑)

--- そっか、喧嘩を止めるのもお店の人の役割ですよね。

こまち監督:そうなんです。「やめて下さい!」って叫びながら羽交い締めで止めたりもして、こんなこと人生でもう無いだろうなと思いながらやってましたね(笑)

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。