スマホで見つける、もっと可愛い私

人気インフルエンサー・こまち監督にインタビュー!TikTokでバズるノウハウや気になる過去についてなど、色々聞いちゃいました♡

人気インフルエンサー・こまち監督にインタビュー!TikTokでバズるノウハウや気になる過去についてなど、色々聞いちゃいました♡

副担任に片想いした高校時代の思い出

--- コマチさんといえば学生ネタですが、ご自身の学生時代の思い出はありますか?

こまち監督:高校の頃に、副担任を3年間好きだったんですよ(笑)すごい一途で。

--- すごい!

こまち監督:元自衛隊の方で、「俺は昔のトレーニングで、10キロの荷物を担いで山道40キロを歩いた」って話をしてて、すごいなと思いつつ、僕は好きな人に負けたく無いなって気持ちが強くて。その話聞いた次の日に、本当にリュックに10キロくらい詰めて、40キロ歩いたんですよ。

ト

--- え!?すごいですね!先生に話しましたか?

こまち監督:話してないです!

--- え!そうなんですか(笑)!勿体無い!

こまち監督:そうなんですよ。話したかったんですけど、やばい奴すぎるかなって思って、言えませんでした(笑)

--- やばいことをしてるっていう自覚はあったんですね(笑)

こまち監督:40キロ歩くと県を跨ぐレベルなので、トンネルの中を進んだりするんですよ。スレスレで大型トラックが走る、みたいな危ないところを10キロのリュック背負って、孤独と戦いながら歩いて。それで、やっとトンネルを抜けたと思った所に警察がいて、止められたんです。「トンネルの中を歩いてる男の子がいる」って通報があったみたいで。

--- 通報されてたんですね(笑)

こまち監督:そうなんです。確かに怖いですよね(笑)警察に「家出ですか?」って聞かれて、自分も「好きな人のために40キロ歩いてます」なんて言えないじゃないですか。なので「体作りで」って嘘ついて(笑)

--- 「好きな人のために」って言っても、警察の方も「ん?」ってなっちゃいますよね(笑)

こまち監督:(笑)それに自分何にも考えてなくて、行きで40キロ歩いちゃったんです。なので到着した頃には深夜になってて、そっからまた40キロ歩いて帰るわけにはいかなくて、親の迎えを頼んだんですよ。

--- 親は知っていたんですか?

こまち監督:いや、知らなかったんで、親も「なんでお前そこに居んの?」って感じで、自分はまた言えないから、「別に…」って感じで話せなくて(笑)。これはすごい思い出に残ってるエピソードですね。

ト

--- それは一生忘れられませんね(笑)

こまち監督:いつか本人に言えたらいいなって思いますね。

--- 結局その先生には、卒業まで何も告白しないまま終わったんですか?

こまち監督:告白はしたんですよ!すごい頑張ったんです!でもそういう風に見てないし、高校生だから付き合えないって断られたんですけど。すごい良い人でした。男だから付き合えないとかは言われなくて。自分も「なるほどですね!」って納得して、終わりました(笑)

--- 断り方が素敵ですね。またどこかで会えるといいですね!

こまち監督:はい!会いたいですね。

今後の目標

--- 動画配信における次の目標は何ですか?

こまち監督:僕の最終ゴールが「色んな人に見てもらうこと」で、そしてそれで生計を立てている人もすごい素敵だなって思ってるんですよ。なのでそれが一つの目標です。

--- それじゃあ、テレビとかにもたくさん出たいお気持ちなんですね?

こまち監督:はい!ただ、自分に影響を与えてくれた人が、けみおくんとかフワちゃんなので、メインの媒体はYouTubeにしたいと思ってます。その方達と同じフィールドで活躍するのがゴールで、さらにメディアとかにも出れたら嬉しいなと思ってます。

--- 動画配信以外の活動で将来の夢がありましたら、お聞かせ頂きたいです!

こまち監督:僕は周りの環境を変えるのが好きなんですよね。色んな人に会えるのもすごく好きなので、居場所を転々としながら生きて行きたいですね。海外とかにも住みながら自分自身がYouTubeやTikTokで生きていければ、理想の生活だなと思います。

--- 色んな場所で色んな人と出会いながら発信して行くことが夢なんですね!これからもコマチさんの活躍を応援しています!

他のインタビュー記事はコチラ

インタビュー:杉浦雨
記事作成:きはむ

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。