スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】スクリーンショットができない!基本の操作方法と対処法

【iPhone】スクリーンショットができない!基本の操作方法と対処法

「この画面を保存しておきたい!」という時に便利なスクリーンショット機能ですが、まれにiPhoneで使えなくなってしまうことがあるようです。

この記事で、iPhoneでスクリーンショットが撮影できない場合の対処法や、基本的な操作方法をご紹介するので、困っている方はぜひチェックしてみてください!

【iPhone】スクリーンショットができない!基本をおさらい♡

スマホのスクリーンショットは、スマホで表示している画面を撮影できる便利な機能です。

ですが突然、「スクショしようと思ったのにできない!」となってしまうことがあるようです。

そんな時は焦らずに、まずは基本的な操作方法をおさらいしていきましょう。

スクリーンショットの撮影方法は、ホームボタンがある機種とホームボタンがない機種で異なるで、これから順番に説明していきます。

≪ホームボタンなし≫スクリーンショットを撮る方法

最初に紹介するのは、ホームボタンがないiPhoneでスクリーンショットを撮影する方法です。

以下にまとめるので参考にしてくださいね。

ホームボタンのないiPhoneの操作方法

  1. 「電源」ボタンと「音量+」ボタンを同時に押す
  2. 押した2つのボタンからすぐに指を離す

≪ホームボタンあり≫スクリーンショットを撮る方法

続いて、ホームボタンがあるiPhoneでスクリーンショットを撮影する方法を説明します。

以下にまとめるので参考にしてください。

ホームボタンがあるiPhoneの操作方法

  1. 「電源」ボタンと「ホーム」ボタンを同時に押す
  2. 押した2つのボタンからすぐに指を離す

≪背面タップ≫スクリーンショットを撮る方法

もし皆さんのiPhoneがiPhone 8以降のモデルで、さらにiOS 14以上を搭載している場合は、別の方法でスクリーンショットの撮影ができます。

それは、「背面タップ」という撮影方法です。

名前の通り、iPhoneの画面の反対側を二・三度タップするだけで、スクリーンショットの撮影ができます。

「背面タップ」でスクリーンショットを撮影するためには設定を行う必要があります。

やり方を説明していきます。

ホーム画面にある「設定」アプリをタップして開きましょう。

「設定」アプリ

「設定」画面が立ち上がったら、表示されているメニューの中にある「アクセシビリティ」を選択しタップします。

アクセシビリティ

「アクセシビリティ」画面になったら、表示されているメニューの中にある「タッチ」を選択しタップしましょう。

タッチ

「タッチ」画面になったら、画面を下に向かってスクロールします。メニューの一番下に「背面タップ」があるので選択しタップしましょう。

背面タップ

「背面タップ」画面には2つのオプションが表示されています。「ダブルタップ」と「トリプルタップ」の2つです。どちらか1つを選びタップしてください。ここでは「ダブルタップ」を選択します。

ダブルタップ

「ダブルタップ」で操作できるタスクが一覧になって表示されるので、「スクリーンショット」に「✔」を入れましょう。これで設定は完了です。あとはiPhoneの背面を2度タップするだけで、スクリーンショットが撮影できますよ。

スクリーンショット

≪AssistiveTotch≫スクリーンショットを撮る方法

iPhoneでスクリーンショットを撮影する方法はもう1つあるんです。

それが、「仮想スクリーンショット」ボタンを表示させて撮影する方法です。

「設定」アプリの「アクセシビリティ」から設定を行います。

先ほどの「タッチ」画面に戻りましょう。表示されているメニューの中に「AssistiveTouch」があるので選択しタップしましょう。

AssistiveTouch

「AssistiveTouch」画面が立ち上がったら、まずメニューの一番上に表示されている「AssistiveTouch」を「ON」に設定します。その後、「カスタムアクション」の中にある「シングルタップ」を選択しタップしましょう。

シングルタップ

「シングルタップ」で操作できるタスクが一覧になって表示されるので、「スクリーンショット」に「✔」を入れましょう。

スクリーンショット

ホーム画面に「仮想スクリーンショット」ボタンが表示されます。このボタンをタップすればスクリーンショットが撮影できますよ。

「仮想スクリーンショット」ボタン

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。