スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】初期化前にiCloudのサインアウトを忘れた!対処法を紹介

【iPhone】初期化前にiCloudのサインアウトを忘れた!対処法を紹介

【iPhone】初期化前にiCloudのサインアウトを忘れた!買取してもらえる?

iPhoneの初期化をする前に、iCloudのサインアウトをする大切な理由を紹介しましたが、皆さんも使うことのない古いiPhoneは処分したり手放したりして処理しますよね。

ここでは、古いiPhoneを手放す2つの状況を取り上げ、その際の注意事項を紹介します。

買取にはサインアウトすることが原則

iPhoneの機種変更の際、古いiPhoneが比較的新しい機種やモデルであれば、Apple Storeで下取りをしてもらいますよね。

また、古い機種やモデルでも状態さえ良ければ、リサイクルショップや中古スマホショップで買い取ってもらえます。

古いiPhoneをApple Storeや中古スマホショップで引き取ってもらう際、店員から必ず尋ねられるのが、初期化、「iPhoneを探す」の「OFF」設定、そしてiCloudのサインアウトです。

どれか1つでも行っていないと引き取ってもらえないので注意してください。

SIMカードも抜き取っておこう

古いiPhoneを下取りや買取で手放す際、SIMカードを抜き取ることもとても重要です。

SIMカードには、利用者の加入情報や契約内容といった大切な個人情報が保存されています。

SIMカードを入れたままiPhoneを買い取ってもらい、その後iPhoneの購入者が抜き取られていないSIMカードに残されている個人情報を悪用することも考えられます。

iPhoneを手放す前に、必ずSIMカードを抜き取るようにしましょう。

人に譲るときもiCloudのサインアウトは必要だよ

Apple Storeへの下取りや中古ショップへの買取以外にも、古いiPhoneを手放す状況があります。

それは、友だちや知人に譲渡することです。

信頼する知人や友人であれば個人情報を悪用しないと思いますよね。

ですが、譲渡したiPhoneを円滑に利用してもらうためには、iCloudのサインアウトは欠かせない作業です。

誰に譲渡するかに関係なく、古いiPhoneを手放す時は必ずiCloudのサインアウトをしましょう。

【iPhone】初期化前にiCloudのサインアウトを忘れたときの対処法3つ

ここからは、iPhoneの初期化後にiCloudのサインアウトをしていないことに気づいた場合に、どう対処すべきかを説明します。

3つの対処法を紹介します。

リカバリーモードを使う

最初に紹介する方法は、「リカバリーモード」を使う方法です。

「リカバリーモード」とは、iPhoneの初期化を強制的に行うことです。

「リカバリーモード」は、iPhoneに問題が起き再起動では改善されない場合に使用します。

以下に「リカバリーモード」でiPhoneを強制的に初期化する操作手順をまとめるので参考にしてください。

iPhone 8以降の機種

  1. 「音量-」ボタンを押しすぐに「音量+」ボタンを押す
  2. 「iTunes」のロゴが現れるまで「スリープ」ボタンを押し続ける
  3. 「iTunes」のロゴが表示される
  4. 「復元」を選択
新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。