スマホで見つける、もっと可愛い私

iPadでGoogle Chromeを使う♡基本の使い方と便利な機能を解説

iPadでGoogle Chromeを使う♡基本の使い方と便利な機能を解説


規定のブラウザに設定する方法

iPadの規定ブラウザをGoogle Chromeに設定するには、まず「設定」アプリを起動します。

「設定」アプリを起動

「Chrome」をタップしましょう。

「Chrome」をタップ

「デフォルトのブラウザApp」をタップして下さい。

「デフォルトのブラウザApp」をタップ

「Chrome」をタップします。

「Chrome」をタップ

これで、既定のブラウザがSafariからGoogle Chromeに変更されます。

ブラウザをSafariに戻す場合は

既定のブラウザをGoogle Chromeに設定したものの、やっぱりSafariに戻したい!という場合は、まず「設定」アプリを起動します。

「設定」アプリを起動

「Chrome」をタップしましょう。

「Chrome」をタップ

「デフォルトのブラウザApp」をタップして下さい。

「デフォルトのブラウザApp」をタップ

「Safari」をタップします。

「Safari」をタップ

これで、既定のブラウザがGoogle ChromeからSafariに変更されます。

iPadでGoogle Chromeを使う♪《Dockへの追加》

Google ChromeはiPadの「Dock」に追加することも可能です。

ここでは、「Dock」に追加するメリットや追加方法について解説していきます。

「Dock」に追加すると起動が簡単だよ!

iPadでは、ホーム画面の下にある「Dock」によく利用するアプリを11個~15個(iPadの機種・画面サイズによって異なる)追加することができます。

「Dock」によく利用するアプリを追加できる

この「Dock」にGoogle Chromeのアプリを追加しておけば、ここからGoogle Chromeを簡単に起動できるようになります。

アプリの画面を開いている間も、画面下部からスワイプすれば「Dock」を呼び出せるので、アプリの切り替えもスピーディーに行えます。

画面下部からスワイプすれば「Dock」を呼び出せる

「Dock」に追加する方法

Google ChromeのアプリをiPadの「Dock」に追加するには、まずホーム画面で「Chrome」アプリのアイコンを長押しします。

「Chrome」アプリのアイコンを長押し

アイコンを長押ししながらDock上に移動させましょう。

アイコンを長押ししながらDock上に移動

ホームボタンを押すか、適当な部分をタップすれば「Dock」にGoogle Chromeのアプリが追加されます。

「Dock」に空きがない場合は、不要なアプリを「Dock」からホーム画面に移動させてからGoogle Chromeのアプリを追加して下さい。

iPadでGoogle Chromeを使いこなそう!

Google ChromeはiOS版のアプリも提供しているため、iPadでもGoogle Chromeが使えます。

デザインはシンプルで直感的に操作できますし、基本的な操作方法はPC版やAndroid版とほぼ変わりないのですぐに操作方法を覚えられるでしょう。

iPadを使っている方は、ぜひGoogle Chromeのアプリをインストールして使ってみて下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。