スマホで見つける、もっと可愛い私

iPadだけで写真を管理したい!iPhoneと写真を同期しない方法について解説

iPadだけで写真を管理したい!iPhoneと写真を同期しない方法について解説

Apple製品のメリットの1つは、デバイス同士で写真の同期を行って端末の一括管理を簡単にできることです。

しかし、iPadとiPhoneの写真を個別に管理したいのに、勝手に同期されてしまうと困ってしまいます。

そんな方のために、この記事ではiPadとiPhoneで写真の同期を勝手に行わないようにする方法を解説します。

【iPad】写真を同期しない!基本をおさらい

写真や動画の作成はiPhoneで行い、編集や管理はiPadで行うという人が数多くいるのではないでしょうか。

画面サイズの大きいiPadをいつも持ち歩いて、写真や動画を撮影するのは大変ですが、手のひらサイズのiPhoneで写真や動画を撮影し、撮影したデータをiPadに転送して編集と管理を行えればとても便利ですよね。

iPadは他のiPhoneと同期できる

iPadやiPhoneを同期させるとは、「iCloud」にデバイス内の画像や動画をすべて自動的にアップロードさせて管理し、同じApple IDでログインしているすべてのデバイス内の画像や動画を共有させることを意味します。

ですから、iPadとiPhone内の画像や写真はすべて同じものになります。

共有される原因はiCloud 写真やマイフォトストリームの同期

2台以上のiOSデバイスを同期させ、写真や動画を共有させる方法は大きく2つあります。

「iCloud写真」を「ON」にして同期させる方法と「マイフォトストリーム」を「ON」にして同期させる方法です。

「iCloud写真」も「マイフォトストリーム」も、デバイスが取り込んだ写真や動画を自動的に「iCloud」に転送する点では同じですが、「マイフォトストリーム」は他のiOSデバイスで写真を閲覧する際にダウンロードする必要があります。

さらに、ダウンロードするiOSデバイスに応じて写真のサイズが調整されます。加えて「マイフォトストリーム」では、1000枚の写真までしか保存できないというデメリットもあります。しかし「マイフォトストリーム」は「iCloud」のストレージを消費しないというメリットもあります。

同じApple IDの使用も共有の原因になる

多くの方が、初めてiPhoneを購入したときに登録したApple IDを使ってiPhoneやiPadにサインインしていますよね。異なるデバイスに同じApple IDでサインインすると、デバイス間で写真や動画が同期される要因となります。

同期されるのが嫌であれば、新しいApple IDを作成してサインインすれば、iPhoneとiPadに保存された写真を個別に管理できますよ。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。