スマホで見つける、もっと可愛い私

LiDARスキャナとは?写真撮影や身長・間取り・距離の計測に役立つ♡

LiDARスキャナとは?写真撮影や身長・間取り・距離の計測に役立つ♡


暗い場所での写真撮影がスムーズ♪

LiDARスキャナの活用場面で、最も現実的と言えるのが暗い場所での写真撮影です。

普段あまり本格的な写真を撮ることにこだわりのない方でも、暗い場所での撮影で「上手に写らない…」と困ったことがある方は多いのではないでしょうか?

LiDARスキャナを搭載したiPhoneでは、赤外線レーダーを使って空間の距離をスムーズに測ることができるので、被写体を素早くフォーカスしてくれます。シャッターチャンスを逃したくない瞬間も、すぐにピントを合わせることができますよ♪

ARを使うアプリを使うときに役立つ!

ARとは「​​​Augmented Reality」の略で「拡張現実」という意味です。現実世界に仮想世界を投影できる機能のことで、最近ではこのAR機能を使ったコンテンツやアプリなどが増えてきています。

ARでは、カメラに写し出される物体や空間を認識することで仮想コンテンツを表示できますが、上手に位置が測れなければ、配置したい場所にコンテンツを表示出来ないというトラブルもあります。

LiDARスキャナが搭載されたiPhoneなら、スムーズに距離を測れるので、より正確な位置で物体や空間を認識することができ、快適にARコンテンツを利用できますよ。

身長・間取り・距離が測れる!

LiDARスキャナを使えば、身長・間取り・距離も計測できます。スマホひとつで、端末以上に大きなものの計測ができるなんて、とても便利ですよね。

「LiDARスキャナ」を体験♪「計測」アプリを使ってみよう!

LiDARスキャナが搭載されたiPhoneでは、身長・間取り・距離といったものの計測ができます。モノの計測には、iPhoneにインストールされている「計測」アプリが必要です。

「計測」アプリでは、すでにご説明した「AR(拡張現実)」システムを利用して、iPhone端末をメジャー(巻尺)として利用できますよ。

ここからは「計測」アプリでLiDARスキャナのすごさを体験する方法についてご紹介していきます。

定規表示を使って測る

直線のモノを測るときには「ルーラー表示」を使いましょう。

LiDARスキャナ搭載iPhoneでは、「計測」アプリのカメラで直線のモノを測ると、対象物の細かい寸法を確認できます。

ガイドラインを使って測る

物体の縁や高さを測定するときは、「ガイドライン」を使うのがオススメです。

LiDARスキャナ搭載のiPhoneで「計測」アプリを起動したとき、物体の縁を写すか、縦方向の計測をしているときは黄色い「ガイドライン」が自動的に表示されます。「ガイドライン」に沿って計測すれば、精度の高い測定ができるはずですよ。

家具や部屋の間取りなど、縁が真っ直ぐのものを測るときには、ぜひ「ガイドライン」機能を活用してみてください♪

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。