スマホで見つける、もっと可愛い私

LiDARスキャナとは?写真撮影や身長・間取り・距離の計測に役立つ♡

LiDARスキャナとは?写真撮影や身長・間取り・距離の計測に役立つ♡


身長を測る

LiDARスキャナの搭載されたiPhoneでは、「計測」アプリでカメラのファインダー内に人物を検知すると、地面から頭のてっぺんまでの距離を自動的に測定してくれるので、簡単に身長を測ることもできます。

さらに、画面右下の「シャッターボタン」をタップすれば、測定した身長の数値を添えて、その人物の写真を撮影・保存することが可能。

「計測」アプリに搭載されている「水準器」機能を使い、iPhoneの角度を垂直になるように合わせれば、より誤差の少ない測定ができるので、そちらもぜひ活用してみてください♪

計測した履歴を見る

過去に「計測」アプリで測定した結果を見たいときには、画面左上の「リスト」ボタンをタップします。ここをタップすると計測履歴が表示されるので、記録を確認できますよ。

リストを保存しておけば、計測したモノの記録を取る際にも役立つので、便利な機能です♪

「LiDARスキャナ」が使える♡オススメアプリ♪

最後に、LiDARスキャナを便利に使うためのオススメアプリをご紹介していきます!

もともとのiPhoneの機能でも十分性能の高い操作ができるLiDARスキャナですが、これからご紹介するアプリを活用すれば、より上手く使いこなせるはずなので、ぜひこちらも参考にしてみてください♪

Effectron

「Effectron」は、画面に写した現実の空間に宇宙空間・洞窟・SFの世界などの仮想世界を表示させることができます。幻想的なエフェクトで遊べるキレイなアプリですよ♪

Polycam – LiDAR 3D スキャナー

「Polycam – LiDAR 3D スキャナー」は、画面に写した物体や空間などの様々なモノを3Dスキャンできます。これまでPCのソフトで本格的な操作が必要だった3Dスキャンも、今ではiPhoneの端末ひとつで手軽にできるんです。

アプリ内では、世界中のユーザーが投稿した作品をみることもできますよ♪

3d Scanner App™

最後にご紹介する「3d Scanner App™」も、3Dスキャナーとして役立つアプリです。

作成したモデルをiPhone上で修正できる機能も備わっているので「簡単な操作で3Dモデルを作成してみたい!」という方は、ぜひ一度お試しください♪

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。