スマホで見つける、もっと可愛い私

Bluetoothイヤホンを乗っ取りから守る方法!セキュリティを強化するやり方も紹介

Bluetoothイヤホンを乗っ取りから守る方法!セキュリティを強化するやり方も紹介

Bluetooth対応のイヤホンはワイヤレスで使い勝手が良いため人気ですが、実は乗っ取りの危険性があることを知っていますか?

この記事では、意外と知らないBluetoothイヤホンの乗っ取りについて詳しく解説します。

対処法もご紹介するので、ぜひチェックしてくださいね。

【iPhone】通知音を変更する方法を解説!インスタ・LINEなどのアプリのサウンドは変えられる?

Bluetoothイヤホンが乗っ取られるかもしれないリスク

Bluetoothイヤホンには乗っ取られる危険性があります!

まずは、その理由や影響が出るデバイスなどを見ていきましょう!

Bluetoothには「BlueBorne」という脆弱性がある

Bluetoothには、「BlueBorne」という脆弱性があります。

「BlueBorne」はセキュリティ企業「Armis」が発見したもので、「BlueBorne」の脆弱性が悪用されると相手の端末とペアリングしていなくても、無線経由で近隣の端末を攻撃できるようになります。

「BlueBorne」を攻撃された端末は、ハッカーによって勝手に制御されたり、マルウェアに感染させられたり、さらには会社のデータやネットワークに不正アクセスされたりします。

「BlueBorne」の影響が出るデバイスは?

「BlueBorne」の影響は広範囲に及びます、以下に影響が出るデバイスをまとめるので参考にしてください。

影響を受けるデバイス

  • Androidデバイス(セキュリティ パッチ レベル 2017年 9月を適用していないもの)
  • iOS, tvOSデバイス(iOS 9.3.5 およびそれ以前、AppleTV tvOS 7.2.2 およびそれ以前)
  • Windowsデバイス(2017年 9月マイクロソフトセキュリティ更新プログラムを適用していない Windows Vista 以降のもの)
  • Linuxデバイス(Kernel 3.3-rc1 以降のバージョン、BlueZ すべてのバージョン)

Bluetoothイヤホンが乗っ取りされるとどうなるの?

ここまでBluetoothに存在する4つの脆弱性について紹介しましたが、悪意ある人がこれらの脆弱性を攻撃するとどのような影響が出るのか、これから紹介します。

乗っ取られたデバイスを操作される

最も多い被害の1つは、Bluetoothデバイスの乗っ取りです。

乗っ取りとは、第三者によって遠隔から勝手に操作されてしまうことです。

そのため、デバイスそのものは手元にあっても、自由に操作できなくなってしまいます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。