スマホで見つける、もっと可愛い私

【Bluetooth】知らないデバイスからペアリングを要求されたら

【Bluetooth】知らないデバイスからペアリングを要求されたら


【Bluetooth】知らないデバイスとペアリングで接続してしまったら

誤って知らないデバイスとペアリングしていた場合は、早急に対策を取らないといけません。

ここでは、接続してしまった場合の対処方法をご紹介していきます。

ペアリングを解除しよう

まずは、ペアリングを解除しましょう。

ペアリングの解除方法は、機種によって方法が異なります。

Androidスマホの場合は、バージョンや機種によっても、操作が異なる可能性があるので注意です。

今回は、AndroidのAQUOS sense3、バージョンはAndroid11で検証してみました。

接続済み

  1. 「設定」から「接続済みのデバイス」をタップします。
  2. 「接続の設定」から「Bluetooth」をタップしましょう。
  3. ベアリングを解除したい機器を選択して、歯車マークをタップします。
  4. 「接続を解除しますか」と尋ねる画面が表示されるので、「OK」を押しましょう。

iPhoneでのやり方は、以下の通りです。

  1. 「設定」から「Bluetooth」をタップしてください。
  2. ペアリングを解除したい機器を探して、隣のインフォメーションマークをタップしましょう。
  3. 「このデバイスの登録を解除」を選べば、完了です。

画面や表示される場所に違いは見られるものの、概ねやり方はAndroidもiPhoneも似ています。

他のBluetooth機器の場合は、やり方を念のため確認しておくことをオススメします。いざというときのために覚えておくと便利です。

Bluetooth機器をリセットする

Bluetooth機器をリセットする方法も有効です。

お持ちのBluetooth機器のリセット方法を確認しておきましょう。

Androidのスマホの場合は、機種によってやり方が異なります。

今回は、AndroidのAQUOS sense3、バージョンAndroid11のやり方をまとめてみました。

リセットオプション

  1. 「設定」から「システム」をタップします。
  2. 「リセットオプション」から「Wi-Fi、モバイル、Bluetoothをリセット」をタップしてください。

iPhoneの場合は、以下の手順が有効的です。

  1. 「設定」から「一般」をタップしてください。
  2. 「リセット」から「ネットワーク設定をリセット」をタップします。

【Bluetooth】知らないデバイスからペアリングが来ないようにする対策

知らないデバイスからのペアリングが来ないように、事前に対策を取っておきましょう。

対策法を紹介します。

Bluetoothを使わないときにはオフにする

Bluetoothをオフにしておけば、知らない人から接続を要求される心配はありません。

普段あまりBluetoothを使っていないという方は、オフにしておきましょう。

Bluetoothデバイス名に個人情報を入力しない

知らないデバイスからペアリングされた場合は、悪用されるリスクがあります。

Bluetoothデバイス名から名前を推察して悪用されるケースも少なくありません。

自分のデバイス名に、本名やあだ名、生年月日などは入れないようにしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。