スマホで見つける、もっと可愛い私

【Apple Watch】通知音やアラームなどの音量を調整する方法

【Apple Watch】通知音やアラームなどの音量を調整する方法


Apple Watchの音量を調整する方法《消音モード》

Apple Watchの音量を調整するもう1つの方法は「消音モード」の活用です。

ここまで紹介してきたのは「音の大きさを調整する」方法でしたが、消音モードを利用すると「音自体を完全に消す」ということができるようになります。

「設定」アプリから消音モードにする方法

まず、Apple Watchのアプリから行う方法です。以下の手順で操作していきましょう。

操作手順

  1. 「設定」をタップ
  2. 「サウンドと触覚」をタップ
  3. 「消音モード」をオンにする

①「設定」をタップ

「設定」

②「サウンドと触覚」をタップ

「サウンドと触覚」

③「消音モード」をオンにする

「消音モード」

これで、消音モードをオンにすることができました。

コントロールセンターから消音モードにする方法

わざわざアプリに飛ばなくても、もっと簡単に消音モードをオンにすることもできます。それはコントロールセンターを使う方法です。

Apple Watchのコントロールセンターは、画面下から上に向けてスワイプして呼び出せます。

「ベルマーク」

つづいて、コントロールセンターに表示されているベルのアイコンをタップすると、消音モードのオン・オフを切り替えられます。

アプリを開かなくても、ツータップで切り替えられるので便利ですよね!

通知音・アラームを消音にできる

上記方法で「消音モード」へ設定すれば、通知音・アラーム音を消すことができます。

音は消えるものの、通知があった際にはバイブレーションで知らせてくれるため「メールや着信を見逃す」ということはありません。

また、音は消しつつも、ディスプレイの「常時点灯」には干渉しませんので、単純に「音の出ない時計」としての利用が可能になります。

出先での作業や商談など「音が出ないようにしつつアラームをセットしておきたい」というシーンでも大活躍してくれる設定方法です!

Apple Watchの音量を調整する方法《おやすみモード》

「消音モード」に加え、Apple Watchの通知音を消すもう1つの方法として「おやすみモード」というものも存在します。

おやすみモードでも消音操作できる

おやすみモードでも、消音モードと同じように通知音を消すことができます。

消音モードとの大きな違いは「バイブレーションでも通知が届かなくなる」という点です。挙動の違いを把握するうえで「おやすみモード」について理解しておくと分かりやすいかもしれませんね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。