スマホで見つける、もっと可愛い私

Qoo10で会員登録できないときに確認したいポイントを解説!

Qoo10で会員登録できないときに確認したいポイントを解説!


Qoo10に会員登録ができない!入力内容を見直そう

ここからは、アカウント作成がうまくいかない方に向けて、チェックしたいポイントをご紹介します。

会員登録エラーの際によくあるのが入力に関するミスです。まずは以下の2つについてチェックしてみましょう。

赤色の「*」の欄はきちんと入力しよう

1つ目に確認したいのが、必須項目です。先述しましたが、Qoo10の会員登録時の入力画面で赤色の「*」の表記がある欄は、全て入力しなければ進めません。

必須項目が入力されていない状態で会員登録ボタンを押すと、「名前を入力してください」といった警告が表示されます。パスワードは確認用も含めて2回入力する必要があります。両方が合致した状態でないと登録できないので注意してください。

ID・パスワードの登録では数字・記号・字数を確認しよう

2つ目に確認したいのが、IDとパスワードに使用する文字です。

数字や記号などを組み合わせて入力する方もいるかもしれませんが、環境依存文字など利用できないものがあります。一般的に使われている記号や数字かどうかを今一度チェックしてください。

また、パスワード設定で英文字のみに設定している方は、数字なども組み合わせてできるだけ複雑なものにすることをオススメします。複雑なほどセキュリティを高められるからです。

Qoo10に会員登録ができない!電話番号・メールアドレスで確認したいポイント

ここからは、Qoo10の会員登録がうまくできない場合に、電話番号やメールアドレスでチェックしたいポイントをご紹介していきます。

メールアドレスを正しく入力しても認証メールがQoo10から送られてこない方は、次の項目を一通りチェックしてみてください。

電話番号をチェックしよう

1つ目は、電話番号です。

Qoo10の認証方法を電話番号にした方は、電話番号を正しく入力しないと登録できません。電話番号で認証する場合は、SMSを介して認証作業が行われます。正しい電話番号でないと当然受け取れないので、正確に入力してください。

また、SMSのアプリもメッセージを受け取れるようにしてから認証を行ってください。SMSが受け取れる状態ならスマホのプリインストールアプリで結構です。番号を間違えると他人に認証メッセージが届いてしまうおそれがあるので注意してください。

メールアドレスに間違いがないか見直そう

2つ目は、入力したメールアドレスの再確認です。

1文字でもタイプミスがあると認証メールが届きません。メールアドレスは1つしか入力欄がないので、ミスに気づかない可能性があります。スペルなど一通り目視で確認しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。