スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple Musicのプランを変更する方法!タイミングや更新日も

Apple Musicのプランを変更する方法!タイミングや更新日も


学生プラン

「学生プラン」は、月額480円で利用できる学生限定の料金プランになります。

学生プランの対象となっている以下の学生なら、個人プランと全く同じ機能を半額で利用することができます。

  • 大学院
  • 大学
  • 短期大学
  • 専門学校
  • 高等専門学校

ファミリープランと同じように支払い方法は月払いのみで、年払いで支払うことができません。

学生プランに加入するには、「UNiDAYS」の学生証明サービスを利用して対象となっている学校に通っていることを証明する必要があります。

小学生・中学生・高校生は学生プランに加入できないので注意してください。

Apple Music Voiceプラン

「Apple Music Voiceプラン」は、iPhone・iPad・MacなどのAppleデバイスに搭載されている音声アシスタント「Siri」からのみApple Musicを再生できる料金プランとなります。

Apple Music Voiceプランは、以下のOSを搭載しているデバイスで加入できます。

  • iOS 15.2搭載のiPhone 6s以降
  • iPadOS 15.2搭載のiPad
  • macOS 12.1搭載のMac
  • watchOS 8.3搭載のApple Watch
  • tvOS 15.2搭載のApple TV 4K・Apple TV HD

Apple Music Voiceプランの支払い方法は月払いのみで、月額料金は480円です。

AppleデバイスでSiriを起動して、「ヘイSiri、米津玄師を再生して」というように、アーティストや曲名などをSiriにリクエストすればApple Musicから曲を再生してくれます。

一方、他のプランとは違ってApple Musicアプリからの再生や曲のダウンロードはできません。

Apple Musicのプランを変更するタイミングとその疑問

Apple Musicのプラン変更について、どのタイミングでやれば損をしないのか気になっている人もいると思います。

他にも、変更前に契約していたプランの料金は日割りされるのか、返金はされるのかなど、いろいろ疑問に感じることもあるでしょう。

そこでこの章では、Apple Musicのプランを変更するベストタイミングや疑問についてお答えしていきます!

プラン変更にベストなタイミングはある?

Apple Musicのプラン変更は、どのタイミングでおこなっても損することはないので、好きなタイミングでプラン変更して大丈夫です。

Apple Musicでは、契約期間の途中にプランを変更すると即時新しいプランに契約が切り替わりますが、以前のプランの料金は日割り計算され、使用分の料金のみ支払うことになるので、無駄なくプランを変更できます。

ただし、ファミリープランから個人プランに変更した場合は日割り計算されません。

ファミリープランの契約期間中に個人プランに変更しても、次回更新日まではファミリープランで継続されます。

次回更新日まではファミリープランでApple Musicを利用できるので金銭的に損をすることはありませんが、個人プランに即時契約を切り替えることができないので注意して下さい。

契約していたプランの料金はどうなる?

Apple Musicのプランを変更すると、変更前に契約していたプランの料金は日割り計算され、未使用分の料金は新しいプランの初月料金から割引されます。

例えば、4月10日に個人プラン(月払い)を契約した後、4月20日にファミリープランに変更したとします。

この場合、支払い済みの個人プランの料金(980円)は日割り計算され、未使用分(20日間)の料金はファミリープランの初月料金(1,480円)から割引されます。

  • 未使用分の個人プランの料金:980円÷30日*20日=653円
  • ファミリープランの料金(最初の1ヶ月のみ)の支払い額:1,480円-653円=827円

年払いの途中で変更した場合はどうなる?

Apple Musicの個人プランには、1年9,800円で利用できる年払いのプランもあります。

年払いで個人プランを契約している場合でも、途中で月払いの別のプランに変更することが可能です。

例えば、1月10日に個人プラン(年払い)を契約した後、4月10日にファミリープランへ変更したとします。

この場合は、支払い済みの個人プランの料金(9,800円)は日割り計算され、個人プランの使用日数分(1月10日~4月9日)の料金と、ファミリープランの初月料金を差し引いた金額がストアクレジットとして返金されます。

個人プランの未使用分の料金が1,480円未満の場合は返金されず、ファミリープランの初月料金の割引に充てられます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。