スマホで見つける、もっと可愛い私

【YouTube】ショート動画に音楽を60秒入れたい!できるの?

【YouTube】ショート動画に音楽を60秒入れたい!できるの?

YouTubeではショート動画を録画・編集する際、YouTube側で用意されている音楽を動画内に追加することが可能です。

しかし、ショート動画に音楽を入れると「録画時間が15秒になってしまう」「最初の15秒しか音楽が流れない!」ということでお困りの方も多いようです。

そこで今回は、YouTubeのショート動画に音楽を60秒入れることはできるのか?について調査したので、お困りの方はぜひ参考にしてみて下さい。


【YouTube】ショート動画に音楽を60秒入れたい!できるの?

まずは、YouTubeのショート動画に音楽を60秒入れることはそもそも可能なのか?について詳しく見ていきましょう。

基本的にはできない

結論から申し上げると、YouTubeショート動画に音楽を60秒入れることは基本的にできません。

YouTubeのショート動画では最大60秒まで録画が可能で、録画前・録画後に動画のBGMとして入れる音楽を「サウンドを追加」から選択できます。

「サウンドを追加」から選択

ここでYouTubeでの使用が許可されている音楽やオリジナル音源を選択できますが、音楽は最大15秒までしか動画内で使用できません。

音楽は最大15秒までしか動画内で使用できない

  • 録画前に音楽を追加した場合:強制的に録画時間が15秒に変更される。
  • 録画後に音楽を追加した場合:動画は60秒まで録画可能だが、音楽が入るのは最初の15秒だけでそれ以降は無音になる(音楽が流れるタイミングをズラすことは不可能)。

音楽が15秒になるのは著作権が関係している

ショート動画に音楽を入れると15秒になってしまうのは「著作権」が関係しています。

音楽を使用すると著作権が発生するため、YouTubeに著作物として登録されている音楽を動画内で使用したい場合は、著作者からの使用許可を得る必要があります。

YouTubeのショート動画で音楽が使えるのは、YouTubeが著作者と契約を結んで使用許可を得ているからなのですが、音楽が15秒になってしまうのは、その際に最大15秒までしか使えない契約を結んだからだと考えられます。

動画編集アプリで作成すれば15秒以上入れられる

YouTubeのアプリからショート動画を録画してから音楽を追加する場合、著作権の関係で音楽は最大15秒までしか入らない仕様になっています。

ですが実は、他の動画編集アプリで動画にCD音源やダウンロードした音楽を入れてからYouTubeにアップロードする方法であれば、音楽を15秒以上入れることが可能です。

ただし、この方法で著作物として登録されている音楽を15秒以上使用したショート動画をアップロードすると著作権侵害(著作権法違反)になります。

著作権侵害は「どうせバレないだろう」と思って気軽にやってしまいがちですが、YouTubeではすぐにバレますし、そもそも著作権侵害は立派な犯罪です。

注意!

  • 著作権法では「10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金のいずれか、またはその双方を科す」という罰則が設けられています。

どうしても60秒の音楽を入れたい場合は、著作権フリーの音楽(著作者が著作権を放棄した音楽・著作権の保護期間が切れている音楽など)を使用するようにしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。