『かわいい』が生まれる場所。

【Clipboxの小ワザ】他のアプリからデータを移行する方法。(iOS)

【Clipboxの小ワザ】他のアプリからデータを移行する方法。(iOS)

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

Clipbox(旧バージョン)の場合

画像のタイトル【日本語】メールの添付PDFをクリップボックスに保存する方法
添付ファイルをタップしたら、右下のシェアボタンをタップ。「その他」から「Clipboxにコピー」を選択します。

Dropboxのファイルをクリップボックスに保存する方法

ファイルの保存・共有に便利なクラウドサービスのDropbox
アプリ内で「オフラインアクセス」をする設定もありますが、使い慣れたClipboxに入れたいという方にオススメな方法です。

DROPBOXからクリップボックスに保存する方法
Clipbox+もClipboxも、ファイル右上の「・・・」メニュー内のエクスポートを押したら、「その他」をタップし、「Clipbox+にコピー(Clipboxにコピー)」を選択します。

※「その他」が見つからない場合は、左右にスワイプして探してください。
※画像にもあるように、Clipbox+の場合は「別のアプリで開く」からも保存が可能です。

【重要】ファイルは”Inbox”に入ります!

Dropbox、Safariやメールなど、外部のアプリから保存をしたデータは全てマイコレクション内の”Inbox”に保存されます。
Inboxにファイルが保存されます

iPhone本体(iOS)の仕様上、Inboxには下記の性質があるようです。

  • 一度”Inbox”フォルダが作成されたら、削除はできません。
  • “Inbox”フォルダはリネームできません。
  • “Inbox”内では、ファイルのリネーム等の編集ができません。



もし、ファイルのリネーム等を行いたい場合は、Inboxフォルダから他のフォルダにファイルを移動して試しましょう!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。