logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

イケ麺に出会う。インスタのハッシュタグ「#麺スタグラム」でラーメンツアー!

イケ麺に出会う。インスタのハッシュタグ「#麺スタグラム」でラーメンツアー!

全国のラーメンが一堂に会するハッシュタグ「#麺スタグラム」をご存じだろうか。各地で麺活中のラーメンインスタグラマーたちが愛用する、魅惑のハッシュタグだ。

ラーメン、つけ麺、油そば…一度見出すと止まらない。気がつくとお腹はペッコペコ!今日は、どの一杯と出会えるか?いい旅・湯メン気分で、エリア別にチェックしてみた。

画力高すぎなチャーシューのブーケ【京都編】

トップバッターは京都府城陽市の「俺のラーメン あっぱれ屋」。まるで、ドンブリに春が到来しちゃったかのような陽気すら感じるビジュアル。黄身が輝く味玉は、心の太陽。まさに食べられるブーケともいえるこの一杯、毎日いただきたいです。

エスプーマを取り入れた斬新スープ【大阪編】

あわわ!大阪府大阪市西区にある「中華蕎麦 葛」の一杯が泡すぎる件。この見事な泡立ちの秘密は、スペインの有名レストラン「エル・ブジ」の料理長が開発した驚きの調理法”エスプーマ”にあり。なんと、あらゆる食材をふわっふわのムースにしてしまうのだ。こちらのスープもムース状になっていて実においしそう!目を閉じて、このスープが麺に絡みまくることを想像するだけで、新幹線にライドオンしたくなってしまう。こうしてラーメン界のトレンドがリアルタイムで追えるのも、インスタならではの魅力。

@mogmegchanが投稿した写真

イカ刺しのようなツヤ麺が、キラーン【愛知編】

つねづね、お肌にも麺にもプリツヤ感を求めている筆者が目を奪われたのが、愛知県豊川市の「ガチ麺道場」の美しいつけ麺。ドンブリに横たわる麺からは、イタリアのパスタ”フェットゥチーネ”のようなモチモチ感が想像できる。こちらの投稿にも登場する別のハッシュタグ「#ラーメンパトロール」も要チェック!

朝からラー活、いっとく?【新潟編】

通勤通学の途中に”朝ラー”できるお店が増えつつある今日この頃。あつあつのアッサリスープで1日を元気にスタートできるなんて最高だ。新潟県新潟市の「ぐわらん洞」では、ワンタンそばに半チャーハンがついて1,000円ぽっきり!ちなみに、お店のタグを辿ったら「麺半分のそば 500円」をメニュー表で確認。ちょっとだけ食べたい派もウェルカムとは…!いいなあ新潟!

@mamoritaikonoegaoが投稿した写真

ほほえみの国の人気メニュー【海外編・タイ】

湯切り姿がカッコイイ親父さんがいるお店は間違いないーこれって、世界共通ではないだろうか。こちらの男性も然り。年季の入っていそうな素早い手首返しがたまりませ~ん。「バミーヘン」は言わばタイ流の汁なしそばで、米麺(クイッティアオ)が主流のタイにおいて、中華麺(バミー)が使われている人気料理。筆者もその昔、バンコクはカオサンロードの裏路地にある屋台でバミーヘンをいただき、その旨さに心震えたもの。日本でもメニューに載せているレストランがあるので、ラーメンインスタグラマーの皆さんにはぜひお試しいただきたい。


知らないラーメンがまだまだあることを思い知らされる「#麺スタグラム」の世界。行ってみたい!と思ったら迷わずジオタグをタップしてみてほしい。お店へのマップや、そのお店に寄せられたラーメン画像を見ることができる。イケ麺とのステキな出会いがありますように。

TomokoTomoko
ラーメンの丸いドンブリって、写真映えしますよね~!見ていると本当にキリがないほど、どのラーメンも美味しそう。そして、うかうかしていると伸びる・冷めるのがラーメンの宿命。アングルやライティングに凝るヒマはないはずなのに、ラーメンインスタグラマーの皆様の写真はクオリティが高すぎます。私も精進せねば。