logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

パパママに超オススメ!小学館の絵本がアプリで復活【むかしばなし絵本】

パパママに超オススメ!小学館の絵本がアプリで復活【むかしばなし絵本】

今回は、懐かしの名作絵本がたくさん読めるアプリをご紹介します♪ 収録作品はすべて、1970年から2000年に小学館から発売されたもの。パパママには「これ、子どもの頃に読んだ!!」なんて懐かしい再会があるかも?しかも完全無料で広告が表示されないのが有り難いです。

名作、サクサク。全部読み放題!

こちらが作品リストの一部です。このレトロな絵と赤いタイトルを見ていると、読み聞かせをしてくれた母の声を思い出してしまいます。日本の昔話から、世界の童話まで有名作が揃っていますね。

作品一覧

絵本の読み方

絵本を読むには、表紙をタップしてダウンロードするだけ。一度ダウンロードすると、その後は何度でも繰り返し読めます。ダウンロード時間は作品により異なりますが、おおよそ1分前後でした。

ダウンロード

操作はいたって簡単。画面をスワイプするだけでページがめくれます。画面に表示される操作メニューが不要な場合は、タップすると消えます。
また、文字を大きくしたいときは、文字部分をダブルタップすると拡大されます。

操作ボタン

というわけで、操作メニューを消してみました。より絵本らしく見えますよね。それにしてもこの昔の絵のレトロな味わい!たまりません♡

操作ボタンなし

ボリュームたっぷり、36作品を収録

これだけの本を持ち歩くのは非現実的ですが、アプリなら出先でもかさばらないから楽勝です!いつでもどこでも、子どものリクエストに応えられるのが嬉しいですよね。

日本のむかしばなし

  • 桃太郎
  • 花咲かじいさん
  • 一寸法師
  • ぶんぶくちゃがま
  • ねずみの嫁入り
  • かぐやひめ
  • おむすびころりん
  • 浦島太郎
  • 鶴の恩返し
  • 舌切りすずめ
  • きつねとたぬきのばけくらべ
  • ふしぎなたいこ
  • 三枚のおふだ
  • こぶとりじいさん
  • 千里のくつ
  • そら豆とわらとすみ
  • おはぎをたべたのはだれ
  • うりこひめとあまんじゃく
  • むかしばなしえほん


世界のむかしばなし

  • 赤ずきんちゃん
  • みにくいあひるの子
  • マッチ売りの少女
  • ヘンゼルとグレーテル
  • 白雪姫
  • ブレーメンの音楽隊
  • 長靴をはいた猫
  • おおきなかぶ
  • おやゆびひめ
  • 三匹のこぶた
  • イソップえばなし
  • シンデレラ
  • ジャックと豆の木
  • にんぎょひめ
  • さんびきの熊
  • 母をたずねて
  • イソップのおはなし


保護者向けの、ためになるコラムも。

読み聞かせビギナーにうれしい「よみきかせのコツ」や「むかしばなしの味わい方」には、パパママに役立つ情報がたくさん書かれています。”必要以上に演技しない”、”子どもの反応に一喜一憂しない”など、図星すぎました。ぜひ読んでみてくださいね。

よみきかせのコツ

スマホはもちろん、大きな画面のiPadでも楽しめるクオリティの高さはさすが小学館謹製。いつでもどこでも、親子で気軽に読み聞かせを楽しんでくださいね。お子さんのお気に入り絵本がたくさん見つかりますように。

TomokoTomoko
普遍的な名作には人の心に響くなにかが必ず込められていますね。私は「マッチ売りの少女」のガチョウの丸焼きが実は幻だった!という衝撃のシーンが、子どもの頃のトラウマです。しばらく、お肉はまず先に食べないと!という危機感に見舞われてしまったほど。我が子にはどんな絵本からどんな影響があるか、それも読み聞かせのひそかな楽しみです。