logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

男の娘の魅力について本気出して考えてみた【男の娘まとめ2】

男の娘の魅力について本気出して考えてみた【男の娘まとめ2】

こちらは、まさみが男の娘(おとこのこ)の魅力に迫るまとめ記事です。前回のまとめでは嫌がる男の子に女装させて、何かが自分の中で芽生えた気がしました。ちょっと何かがつかめた気がします。この調子で、男の娘ゲームを遊びまくれば、きっと何かが見えてくる。そんな確信を胸に、新たな男の娘ゲーに手を出してみました。ただキャッキャするのではなく、男の娘と真剣に向き合いたいのです。

関連:男の娘アプリまとめ1

男の女優に、俺はなる!

所属事務所から突然下された命令、それは「男の女優になれ!」という無茶振りだった……という感じで始まるこのゲーム。

育成!男の娘~男の女優 葵編~

お手軽度☆☆☆☆☆
嫌がり度☆☆☆
男子が女優に

男であることを内緒にしたまま、女優のスターダムへと駆け上がる彼をマネージャーとして支えます。やることは、放置で現れるメイクさんを片っ端からタップしていくだけ。簡単放置ゲームです。

チュートリアル

当然最初は強く反発しますが、より女優らしくあるためにはどうすべきか、自分で考えて動くプロ意識の高い彼。見事にその才能を花開かせる瞬間はすばらしいものでした……思い描いていた理想とは少し(性別が)違うけれど、どんな無理難題だってこなしてみせる真摯な男の娘なんです。

ちなみに私は女ですが、ハイヒールを履いて歩けません。結婚式の時くらいしか履かないです。とても大きな努力の上に男の娘は成り立っているのだなぁ…。

ちょっとホラー要素も? ナチュラルボーン男の娘

じゃあ、男の娘であることに苦しみを感じない立場のゲームはないかと思い、手を付けたのがこちらです。

生贄は男の娘でした。〜放置系サバイバルラブ〜

お手軽度☆☆☆
嫌がり度☆

化け物から逃げろ

こちらは主人公(男)と美しい巫女(男の娘)が、恐ろしい山神様から逃げるゲームです。時間で回復する体力をタップで消費し、山神様が追い付くまでにゴールできれば逃亡成功。逃亡を繰り返し、美しい巫女(男の娘)を縛っている生贄のしきたりを何とかしようと画策します。

山神から逃げろ

こちらは自分が男の娘であることすら気づいてない、しかも見た目は美少女の男の娘なので、これまでのゲームとは全く違い男の娘になることに対する葛藤は見られません。ただの無垢で無邪気な美少女です。
その代わり、主人公(男)が苦悩していますw こんなにかわいかったら仕方ないよね。うん。

放置系サバイバルラブ

という、なんだかコミカルな主人公たちの関係と裏腹に、ちょっとしたホラー表現があるのも特徴。夜中にプレイしたらなんとなく後ろが気になっちゃう奴です。

ゲームオーバー ちょっとホラー

静ちゃん(男の娘)を連れ、無事に逃げることはできるのか。霧に隠された村に偶然迷い込んだ主人公に、すべての運命が託されています。葛藤や苦しみを乗り越えた先にある「男の娘」ももちろん素敵なんですが、ナチュラルボーン男の娘も良いですね。それが自然であるほど、人は美しい気がします。

誇りある男の娘アイドルを漫画で!

しかし、普通の世界では男の娘には、ある瞬間に自発的になるものだと思います。誇りをもって男の娘を名乗る。そして、女の子よりかわいい男の娘アイドルを目指す。そんな前向きで情熱あふれる男の娘ゲームがこちらです。

育成!男の娘アイドル〜トライドル【放置・漫画】

お手軽度☆☆☆
嫌がり度☆

男の娘アイドル

こちらも基本放置のタップするだけ簡単ゲームなんですが、なんとストーリーがマンガで読めるんですよ!

育成漫画

登場人物はみんな男の娘。時にはぶつかり合い、それでも助け合いながら、男の娘アイドルの頂点を目指します。

登場人物全員男の娘

マンガを読んでいるとキャラクターに感情移入しちゃって、育成ゲームの際の動作一つひとつが、よりかわいく見えます♡

大成功

この男の娘たちがどんなアイドルに育つのか、それはボリュームたっぷりのストーリーを読んでのお楽しみですよ♪ 夢に向かってひたむきに頑張る彼らを心から応援したくなる一作です。

今回取り上げた3つのアプリでは、無理やり男の娘にさせられる・ナチュラルボーン男の娘・誇りを持った男の娘の3つのパターンを見てみました。前回の記事では嫌がる男の子を変身させることに楽しさを見出しましたが、嫌がってなくても、やっぱり男の娘はかわいい。そして自分が「男の娘」であることに納得して、さらに輝こうとする姿はもっと素晴らしいですね。男の娘の持つ複雑な魅力が分かってきた気がします。

次回はいよいよ「手ずから男の娘をプロデュース!」にチャレンジ!
男の娘アプリまとめ 3へ

まさみまさみ
友人によく言われます、服はその人が着たいものを着ればいいんだと。着たいものと似合うものが一致するって結構珍しいんじゃないかなーと疑いを持っていたりするまさみ(三十路)です。今私が着たいものは、そうですね。暖かい服ですね。昔、全身着ぶくれしまくって出社したら絶句されました。暖かさ重視しすぎて「パジャマみたいだね」とも言われました。パジャマじゃないです。服装自由なのがライターのいいところ。


この記事に関するキーワード