『かわいい』が生まれる場所。

苦手にしない! 新小1の今から遊べる算数アプリまとめ

苦手にしない! 新小1の今から遊べる算数アプリまとめ

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

新小学1年生の皆さん、入学おめでとうございます! すべてのことが初めてでワクワクの毎日ですね。一方で、お勉強に不安を抱えている子はいませんか? 小学校でのつまづき教科No.1といえば算数。私もかなり苦労しました。勉強に苦労する6年間を送るくらいなら、アプリで楽しく学んでつまづきを予防をしましょう! 1年生の範囲ではないものもありますが、先取りが大きな自信にもつながります。

アナログ時計の読み方を学ぶ

時計はつまづきが多い分野の1つ。日常生活に密着したものなので、学校で習う以前に読めるようになっている子も多く、少しのつまづきが大きな劣等感につながってしまいがちです。1年生で習う分野なので、早めにフォローしておけると安心感がありますね。中学年以降につまづきがちな【時間の計算】の学習にもつながってくる重要な要素です。

まずは時計に親しむところから

コラショと とけいづくりチャレンジ~1年生準備アプリ~

コラショと とけいづくりチャレンジ

こちらは、時計になじみのない子に非常に有効だと感じました。時計で自由に遊んでいいと言われても困ってしまうところですが、「自分が〇〇をする時間」を自分でアナログ時計を動かし設定するという目的を持たせることで、すんなりと時間の読み方への導入を行える点が良いと思います。コラショもかわいいです。

※コチラのアプリは現在サービスを停止しております。

実際の授業対策にも

ぷらくろっく(無料版)

ぷらくろっく(無料版)

こちらは時計を自分で自由に触ることもできますが、提示された時刻に時計を調整、提示された時計の時刻を読むという非常に実践的な学習ができます。シンプルなので長時間の学習には向かないかもしれませんが、コツコツ学習や、ふとした時にお子さまに説明するのにも役立ちそうです。

▼関連サイト
あそびきっず公式サイト

繰り上がりの足し算・繰り下がりの引き算

10までの範囲の計算に問題はなくても、繰り上がりや繰り下がりでつまづいてしまう子も多いです。桁の変わる計算は10進数の概念も絡んでくる意外と高度な計算です。何回も練習しながら繰り上がりや繰り下がり自体に慣れていきましょう。必要に応じて簡単に10進数や桁について説明することも効果的かもしれません。

解説付きでくりかえし学習にも

はんぷく計算ドリル たし算(小学校1年生算数)

はんぷく計算ドリル たし算

計算の反復練習ができるアプリはたくさんあるのですが、こちらは1問ごとに計算を〇を使ってあらわした解説を付けてくれるのが嬉しいポイントです。間違っても、数字を見るだけでなく、個数を目で見てイメージ、あるいは数えて確認することができます。繰り下がりの引き算など、シリーズアプリもオススメです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。