logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

[出品&購入編]メルカリで取引!ユーザーが作った不思議な“独自ルール”とは?

[出品&購入編]メルカリで取引!ユーザーが作った不思議な“独自ルール”とは?

メルカリには、出品者が独自に定めた取引ルールが存在します。「独自ルール」と呼ばれるこの慣習は、メルカリの運営側は認めていないものながら、黙認されているのが現状。今回は、そんなメルカリならではの独自ルールをご紹介します。

関連:メルカリ記事一覧

独自ルールその①プロフ必読とは?

プロフとは「プロフィール欄」の略称。出品者はスムーズな取引をするためのお願い事をプロフィールに記載しています。内容を事前に読んで、納得してから購入してほしいという思いがあるようです。主に下記のようなことが書いてあります。

発送日について

  • 「平日は仕事のため、発送作業は土日のみの対応となります。あらかじめご了承ください。」
  • 「具体的な発送日は取引メッセージからお知らせします。」

商品状態について

  • 「商品は自宅保管のため、ご理解のほどよろしくお願いします。」
  • 「自宅にてペットを飼っております。」
  • 「当方、喫煙者なのでにおいが気になる方は、必ずコメント欄からお問い合わせください。」

交渉について

  • 「商品によってお値下げ交渉に対応いたします。コメント欄からお問い合わせください。」
  • 「まとめ買い大歓迎です。送料分、お値下げも対応いたしますので、ご相談ください。」



このように、プロフ必読は、絶対守るべきルールというよりも、双方が気持ちよく取引するためのステップ。売る側は伝えておくべきことをきちんと書いて、「プロフィールをお読みください」と一文入れておきましょう。買う側は、プロフ必読の文言がなくても評価やプロフィール欄は毎回チェックしておきましょう。

独自ルールその②即購入禁止、コメント無し購入禁止って?

メルカリは、買う側が気に入った商品の購入手続きを済ませた段階で、取引が成立します。売る側からすると、買う人タイミングを選ぶことができない仕組み。なので、様々なトラブルを避けるために即購入禁止を掲げている人が多いようです。

なぜ即購入禁止にするの?

  • プロフィール欄に書かれたことをちゃんと読んだか確認したい
  • 取引後のトラブルや注文キャンセルを防ぐために、買う側がプロフィール欄を読んで商品や発送方法に納得しているかを見ます。

  • ほかのアプリやオークションサイトで同じ商品を出品している
  • これは、売る側が商品への注文をバッティングさせないよう調整するため。商品がひとつしかないのに、メルカリでもヤフオク! でも買われてしまったら大変なので、即購入してほしくないようです。

  • 発送日や配送会社を相談したい
  • プロフ必読のところでも触れたように、売る側のスケジュールや住んでいるところによって、発送方法は変わります。買う側が2日後に商品が欲しいと思っても、対応できるかは出品者次第。買う側は、購入してから相談するのではなく、事前にコメント欄で問い合わせるようにしましょう。

そもそもこのルールって守らないといけないの?

メルカリは、公式ガイドで「コメントなし購入禁止やいいね!不要といったルールはありませんので、ガイドに沿ってご利用をお願いします 」と明記しています。これに従わないからといってペナルティの対象にはなりませんが、気持ちの良い取引をするために、売る側の意思を尊重することも大切。欲しい商品があったら、コメント欄から「購入希望です!手続きしてもよろしいでしょうか?」等と一言伝えておきましょう。

よくある質問と答え
出典:メルカリ

即購入禁止については、売る側の注意点をまとめたこちらの記事でも触れているので、チェックしてみて。

【関連記事】
[メルカリ出品編]購入宣言?コメントの削除?メルカリで良マナーにつながるコメント対応

独自ルールその③〇〇専用って?

特定のユーザーのみに対して出品をするときに使われます。

専用ページ

コメント欄でのやりとりで取引が成立した場合に、既にある出品ページを購入者専用に変更したり、新たに出品ページを作ったりすることがあります。タイトルや商品写真に特定の名前が入っていたら、購入手続きは控えましょう。

※間違って購入されてしまわないように、写真は文字のみや商品と全く関係ないものになっていることも。

よく見て買わないと横取り扱いされてしまう?!

〇〇専用ページは、いわば購入者のために商品を取り置きしている状態。とはいえ、こちらもユーザーが作った独自ルールなので、強制力はありません。

だからといって購入手続きを進めてしまうと、取り置きを奪った!=横取りとして扱われてしまい、出品者や購入予定だった人とのトラブルの可能性が……。購入は避けておくのが無難でしょう。

独自ルールとしてよく目にする代表的な3つのルールをご紹介しました。どれもが公式ルールではなくとも、膨大な数の取引や試行錯誤から生まれたアイデア。はじめはちょっと面倒に感じることもありますが、スムーズな取引にするために ひと手間と思って覚えておきましょう♪

関連:メルカリ記事一覧