logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

スター・ウォーズ外伝、LINEマンガで連載開始記念!!【LINEで楽しむSWまとめ】

スター・ウォーズ外伝、LINEマンガで連載開始記念!!【LINEで楽しむSWまとめ】

コー…フォー…。スター・ウォーズファンの皆さんこんにちは!エピソード8「Star Wars: The Last Jedi」の全米公開が12月に決まり、俄然年末が待ち遠しくなっている今日この頃。そこへ、LINEマンガでスピンオフ漫画の連載が開始されるとの報せが…!これは要チェックです!

“愛するために、あなたを殺す——。” もう一つのスター・ウォーズ「ロスト・スターズ」

LINE株式会社が提供する電子コミックサービス「LINEマンガ」 で、「LINEマンガオリジナル 春の新連載7連弾」が開始されました。

そのシリーズ第3弾として、スターウォーズのスピンオフ小説を原作とした『STAR WARS/ロスト・スターズ』が、5月4日(木)00:00から配信開始されます!気になるイメージ画像とあらすじはこちら!

スターウォーズ
出典:LINE公式ブログ

遠い昔、はるか彼方の銀河で… 共和国が崩壊して8年、銀河帝国が銀河を統治していた。帝国の理想に憧れ、帝国軍に志願した2人の若者セイン(男)とシエナ(女)。成績優秀で将来有望な2人に、今まで知らなかった帝国軍の真実が突き刺さる。反乱軍勃興から帝国軍崩壊まで(ep.4〜ep.6)の激動な時代を己の正義のために生き抜こうとした若者たちの知られざるもう一つのスターウォーズストーリー。
出典:LINE公式ブログ:LINEマンガ、「LINEマンガオリジナル 春の新連載7連弾」を開始

おお!これは…!ただでさえ面白いエピソード4から6のストーリーが、更に厚みを増す設定ではないでしょうか?

作画は『イクシオンサーガ 』『アベンジャーズ/ゾンビ・アセンブル』でアメコミファンにも人気の小宮山優作氏。精密な筆致で描かれたスター・デストロイヤーや重厚感溢れるダース・ベイダーに、期待が膨らみます。

連載の更新は隔週木曜日で、購読料は無料です。そして「監修・ルーカスフィルム」の文字に浮き出るタダ事じゃない感。アプリをインストールし、心して待ちましょう。

関連記事:LINEマンガレビュー記事

この機会にLINEをスター・ウォーズに着せかえておこう!

連載開始ならびにエピソード8の公開に備えてLINEをスター・ウォーズ仕様にするのはいかがでしょう?着せかえを購入すると、あなたのLINEの起動画面、友だち一覧画面、トーク画面、メニューボタンなど、画面デザインがスター・ウォーズ一色になりますよ~!

LINEスター・ウォーズ着せかえ
出典:LINE

LINEのスター・ウォーズスタンプは超使えます!

筆者も愛用しているスター・ウォーズのLINEスタンプシリーズは全3セット。映画好きの友だちにはもちろん、アラサー、アラフォー世代のママ友にもウケがイイです。意外と身近に潜んでいるスター・ウォーズファン。スタンプを使えば新たなSW仲間が見つかるかも?

スター・ウォーズ (ヨーダ)

「考えるのでなく感じるのだ(Don’t think, feel)」。ブルース・リー先生でも有名なこの鉄板台詞は、優柔不断な筆者にとって永遠の金言です。残念ながらスタンプって自分に向けては飛ばせないので「今日何食べよう…」と迷える友だちにそっと送っていますw

LINEヨーダスタンプ
歩く格言みたいな方ですよね。さすが800歳。

スター・ウォーズ 名言・名場面編

おなじみの名台詞が40本収録されていて最も実用的なスタンプがこちら。ハン・ソロとレイア姫の「愛してる」「知ってるさ」も収録されています。未だに使いどころがないんですけど、映画史上最高に素晴らしいやり取りのひとつかと…!

スター・ウォーズ 名言・名場面編
リーアム・ニーソン好きにはたまらないクワイ=ガン・ジンスタンプ♡

スター・ウォーズ 帝国編

帝国軍の日常をコミカルに描いたダース・ベイダーとストームトルーパーのスタンプです。身に覚えのあるシーンが満載で、一般的な日本社会でも使い勝手が良いです。

スター・ウォーズ 帝国編
赤いバラが似合うベイダー卿、バナナの皮で滑るストームトルーパーも…(笑)

いかがでしたか?筆者調べによると、『ロスト・スターズ』は『フォースの覚醒』に関連するスピンオフシリーズのうちの1作だそうです。原作が日本未翻訳というのもあり、ここは前知識なしでLINEマンガで楽しんでみようと思います。それでは、フォースと共にあらんことを!

Tomoko

この記事のライター
Tomoko
思い起こせば映画館で初めて観た映画はスター・ウォーズ「新たなる希望(エピソード4)」でした。子どもの頭には内容2割、イメージ8割で刷り込まれてしまったわけですが、ゴミ処理場でもがく絵ヅラが強烈に怖かったです。おかげで未だに「圧縮ファイル」「圧力鍋」など圧のかかりそうな文字を見るとキョーフです。

この記事に関するキーワード