logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

本・CD・DVDをスピード出品!メルカリ発エンタメ専門アプリ【カウル】
PR

本・CD・DVDをスピード出品!メルカリ発エンタメ専門アプリ【カウル】

2017年5月8日、メルカリの人気ジャンル、エンタメ・ホビー専門の姉妹アプリ「カウル」が始動しました。開いてみると、見渡す限りのエンタメ畑に本・CD・DVDが咲き乱れていてワクワク。フリマアプリでCDや本を売買している方に超オススメです。

出品の所要時間は10数秒。メルカリ姉さんよりスピーディー!

エンタメ分野に特化したメルカリの妹分・カウル。出品した商品は連動するメルカリにも掲載されるので、手間なくより多くの人に商品を見てもらえるようになっています。スバラシイ。出品方法も簡単で、商品のバーコードを読み取らせるだけ。すげい。まずは出品にチャレンジしてみました。

最初にログインが求められるのですが、カウルを利用するにはメルカリアカウントが必要です。持っていない場合はメルカリで登録しておきましょう。

ログイン画面

これがホーム画面です。さっそく読みたい本がいくつかあがっていてワクワク…!出品するには、下のカメラマークをタップします。

出品ボタン

カメラが起動します。ここで枠内にバーコードをおさめると自動スキャンされるわけですが、本のバーコードは2段になっているので”978″ で始まる上段をスキャンしてくださいね。ちなみに”978″ は”書籍” という意味を持つコードで、雑誌や漫画などにもついています。

バーコードをスキャン

もういっちょ出品!続けて最大20点までスキャンできるんですが、サクサクすぎていくらでも出せそうです。更にスゴイのが、スキャンした途端に表示される相場価格。過去の取引データをもとに売れやすい価格を算出してくれるようです。いくらで売ったらいいかわからない…というときの目安になりますね。

出品2冊目

スキャンし終えたら、下記の商品情報を入力します。「本の説明(任意)」以外は選択方式なのでラクラクです。

  • 商品の状態
  • 本の説明(任意
  • 販売価格 ※メルカリと同様¥300以上
  • 配送方法
  • 発送元の地域(都道府県)
  • 発送までの日数


画像もここで追加できます。紙ヤケや破れ・汚れがひどい場合は、画像を添えると誠実さが伝わりそうです。こうして、全ての項目に入力したら「出品する」をタップして出品完了!…早ッ!初めての出品なのに10数秒で出し終わっちゃいました。メルカリにも同時に出品されるので、メルカリだけで勝負するより多くのユーザーの目に留まることになります。エンタメ・ホビー周りの出品は断然、カウルからのほうが有利です。

商品情報入力

買い物も楽しい!最安値がすぐに見つかる!

初出品が無事に終わり、あとは売れるのを待つだけ。しばし買い物することにしました。カウルの検索方法は「バーコードをスキャンして探す」「タイトル/作者名で探す」「カテゴリーから探す」の3方式。今回は小説カテゴリーでポチポチ買い物しましたが、もしも図書館や友だちから借りた本・CDが欲しくなったり、レンタルで観たDVDを買いたくなったなど手元に現物がある場合は、バーコードスキャンが便利ですよ。

小説カテゴリー

お目当ての商品ページを開くと、出品者が複数いることがあります。その場合は「最安値で購入する」という親切すぎるボタンをタップすれば一番安い商品にありつけます。が、状態の悪いCDや本もたま~に見ますのでコンディションチェックは欠かせません。また、欲しい商品に「いいね」をしておくと「いいね」リストに追加され、最安値が更新された時に通知が届きます。安く買いたい派にはとても便利です。

価格を比較

冷静に断捨離できる!?便利な「本棚」機能

家にエンタメ商品が溢れかえっていて断捨離したい人はご注目!「売ろうか…キープしようか…」と迷っている本・CD・DVDは、商品ページ右上の「+」をタップして本棚に登録しておきましょう。「やっぱり売~ろう!」っと思ったときに簡単に出品できますよ。

本棚

家に眠っている不用な本やCDはかさばる一方ですよね。カウルに出品するのは本当に簡単で、バーコードをスキャンしているときの自分は意外にも無慈悲な本棚ターミネーターと化していました。捨てるのに後ろ髪を引かれていた本も、アプリにリストアップされた途端に未練が吹き飛ぶから不思議です。これならあっという間に本棚がスッキリ片付きそう。と同時に買い物もしてしまって結局プラマイゼロになってしまういそうです(泣)。

音楽、映画、本が好きな方は是非使ってみてください。そして、新しい楽しみとの出会いがありますように。

Tomoko

この記事のライター
Tomoko
メルカリの商品写真はユーザーが撮影したものですが、カウルはあらかじめ登録された写真で出品できるので「写真がヘタすぎて売れない」とお悩みの方にもオススメです。とくにCDや本って表がペカペカした素材で、光が反射して撮影しづらいんですよね。”売れる写真”を用意する手間が省けるのもプラスポイントです。

関連サイト

メルカリ カウル

この記事に関するキーワード

-->