『かわいい』が生まれる場所。

[メルカリ出品編]こんな時どうする!メルカリでのトラブル&解決策

[メルカリ出品編]こんな時どうする!メルカリでのトラブル&解決策

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

約3分で商品を出品できるという手軽さが人気のメルカリ。「日本最大のフリマアプリ!」と謳うのも頷けるほど、たくさんのアイテムで常ににぎわっています。とはいえ、利用していると、どうしてもトラブルはつきもの。そこで商品を出品したときに起こりうるトラブルと解決方法をご紹介します。

【関連】
メルカリ記事一覧
[購入編]メルカリでよくあるトラブル&解決策

トラブルその①なかなか入金されない…

無事取引成立したにもかかわらず、買い手から一向に入金されないケースです。メルカリでは、購入した日を起点として翌々日の24時までが支払い期限とされています。もしも支払い期限を過ぎても入金されない場合は、出品者から取引のキャンセルを行うことが可能です。

とはいえ、購入者がメルカリビギナーの場合、期限を知らない可能性があるので、いきなりキャンセルをせずに、まずは取引メッセージで「いつ振り込まれますか?」と送ってみましょう。

それでも連絡がつかない場合は、残念ですがキャンセルの手続きに進みましょう。

※念のため、取引メッセージで「残念ながら、ご連絡がないまま期日を過ぎましたのでキャンセルいたします」と送っておきましょう。

キャンセルの仕方をチェック!

キャンセルの仕方をチェック

支払い期限を過ぎると、取引画面にキャンセルボタンが出ます。タップするだけで手続きは完了!

今回は残念な結果となってしまいましたが、気持ちを切り替えて再度出品にチャレンジしましょう♪

トラブルその②商品の配送にまつわるケース

配送事故や破損、そもそも商品が届かないなどの配送トラブル。防げる方法もあるので、備えを万全にしておきましょう。

梱包は厳重に!包装資材をチェックしよう!

梱包は厳重に

破損・汚損・紛失などがあっては、せっかく購入者に商品を送っても双方ともに残念なことになってしまいますので、梱包作業はきちんと行いましょう。薄手の袋や剥がれやすいマスキングテープの使用は、クレームにつながってしまいます。

また、付せんなどで購入のお礼が貼ってあってうれしかったという声もありましたよ♪ 梱包の外と中で、資材を適切に使い分けましょう。

意外に多い?中身が違っていたケース

同じくよくあるクレームとして、「商品が違っていた」「そもそも中身が入っていなかった」というものがあります。

これはとくに、CDやDVD、ゲーム、カードによく見られるようです。やっと届いた商品を開けたら、中身が無いなんてとてもショックですよね。梱包の際は必ず中身が入っているか・合っているかをチェックしましょう。

もし、違う商品を送ってしまっていたら、早急にお詫びをして再送の相談を取引メッセージから送りましょう。

誠意ある対応が、評価を左右しますよ!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。