logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

思わずうなずく!使った人だから分かる“メルカリあるある”

思わずうなずく!使った人だから分かる“メルカリあるある”

メルカリを使っていてよくある、失敗談や不思議なエピソード。実はほかのユーザーも似た経験があるかも!今回は、ネットでよく見かけるメルカリユーザーの心の叫びをご紹介します。 思わずクスッとしてしまう、あるあるエピソードが満載ですよ!

関連:メルカリ記事一覧

1. 思わず感動! すごいねエピソード

「キレイな文字! 」「梱包が丁寧すぎて、開けるのをためらうレベル!」

思わず感動のすごいねエピソード

文字のキレイさも安心感につながるとは…。勉強になります!

また、気配りのできた梱包は、やはり好印象につながりますね。丁寧すぎる!と購入者が恐縮していた梱包には、クッション材とお礼のコメントシールのダブル技が使われていたようです。さすが!の一言。 ここまで手が込んでいると、大変なのでは?と感じますが、コメントシールはPCとプリンタがあれば印刷できるので、1回作成すればあとは楽ちんですよ♪

2. 結局手放せない! 出品やめちゃったエピソード

やっぱり売るのや~めたっ!

出品やめちゃったエピソード

「商品写真撮影してたら急に惜しくなって出品やめた」「検品してたら愛おしくなってきて売りたくなくなった」なんてこと。あるある!と思わず、うなずく人も多いのではないでしょうか。その商品をより魅力的に紹介しようと思うほど、「いらないと思ってたけど、実はもっと使えるんじゃない……?」と思うことはよくありますね!本当に不要になったときに手放せばいいので、出品アイテムはじっくり選んでいきましょう。

あれ…購入額の方が多い…?

また、メルカリに出品して断捨離を目指すつもりが、売っている以上に買ってしまうというジレンマにおちいることも。 確かに、出品もしている人にとって、売上金による決済で商品の購入ができるのはかなり魅力的です。 お得に買えるので、思わず財布のひもも緩みがちに?!

3. 思わずムカっ!もやもやエピソード

もやもやエピソード

購入した途端にリアクションが悪くなる

もやもやエピソードで最も多かったのが、コメント関係。「購入していいですか?」のコメントを放置したり、購入前までは素早く返信してくれたのに、購入後は極端に対応が遅くなる人もいるようです。

特に、質問に対して返信したのに、その後のリアクションがまったくないパターンで思わずイラっとしてしまう人は多そう。やはり素早い返信が、好印象のキーワードです♪

関連記事
メルカリ:良いマナーにつながるコメント例
メルカリ:評価を上げる対応・コメント例

新品未使用のはずが、実はユーズド品だった!?

新品未使用だから購入したパンツのポケットからスーパーのレシートが出てきた…なんて経験はないでしょうか?

「新品」「未使用」というキーワードが入っているのに、こんな事があったらびっくりしちゃいますよね。また、未開封なのに組み立てられ済みのプラモデルや、未着用なのにばっちり着用画像が掲載されている、と言った話もちらほら聞きます。たしかに新品・未使用などのワードを入れると、検索にもかかりやすいし売れ行きも変わります。ただ、ウソを書いてしまうとトラブルになるので気をつけて!

ウソを書いてしまうとトラブルの元

自分勝手な質問はやめて!

最後に、寸法など細かくサイズを記載したにも関わらず、「だぼっとした感じで着れますか?」って質問されたなんて事ありますよね。

「質問者の体型なんて知らないよ!」と叫びたくなるところですが、ここは冷静に「商品説明に寸法が書いてありますので、ご確認ください」としっかり返しましょう。

4. 時すでにおそし…。がっかりエピソード

がっかりエピソード

買うかどうか迷ってたら先を越されちゃった!

メルカリの購入は早い者勝ち。悩んでいるうちにSOLD OUTとなってしまうこと、ありますよね……。金額は見合っているか、安心できる相手か、そもそも必要?などと考えることが多いので、なかなか即決は難しいですね。

意外と高すぎる梱包資材と配送料問題

出品を始めたばかりにありがちな、「梱包と送料問題」。せっかく売れても、梱包材にお金をかけてしまい、赤字になってしまっては元も子もないですよね。梱包料と送料も加味して価格設定をしましょう。

送料については、別記事でも取り上げているので、チェックしてみて!
メルカリの発送におすすめ!送料貧乏にならない配送サービス3社

気がついたら郵便局の常連に…

がっかりエピソード

こちらは出品者側のあるある。意外と、コンビニや集荷場の人に顔を覚えられて困ったり恥ずかしくなったりするエピソードがありました。でも、それだけ出品アイテムが売れているということなので、うらやましい悩みなのかも!

以上、メルカリユーザーの心の叫びをご紹介しました。購入者側、出品者側それぞれで感じ方や思うことが違ってくるようです。お互いにとって気持ち良い取引になるといいですね!

関連:メルカリ記事一覧

-->