『かわいい』が生まれる場所。

思わずうなずく!使った人だから分かる“メルカリあるある”

思わずうなずく!使った人だから分かる“メルカリあるある”

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

メルカリを使っていてよくある、失敗談や不思議なエピソード。実はほかのユーザーも似た経験があるかも!今回は、ネットでよく見かけるメルカリユーザーの心の叫びをご紹介します。 思わずクスッとしてしまう、あるあるエピソードが満載ですよ!

関連:メルカリ記事一覧


1. 思わず感動! すごいねエピソード

「キレイな文字! 」「梱包が丁寧すぎて、開けるのをためらうレベル!」

思わず感動のすごいねエピソード

文字のキレイさも安心感につながるとは…。勉強になります!

また、気配りのできた梱包は、やはり好印象につながりますね。丁寧すぎる!と購入者が恐縮していた梱包には、クッション材とお礼のコメントシールのダブル技が使われていたようです。さすが!の一言。 ここまで手が込んでいると、大変なのでは?と感じますが、コメントシールはPCとプリンタがあれば印刷できるので、1回作成すればあとは楽ちんですよ♪

2. 結局手放せない! 出品やめちゃったエピソード

やっぱり売るのや~めたっ!

出品やめちゃったエピソード

「商品写真撮影してたら急に惜しくなって出品やめた」「検品してたら愛おしくなってきて売りたくなくなった」なんてこと。あるある!と思わず、うなずく人も多いのではないでしょうか。その商品をより魅力的に紹介しようと思うほど、「いらないと思ってたけど、実はもっと使えるんじゃない……?」と思うことはよくありますね!本当に不要になったときに手放せばいいので、出品アイテムはじっくり選んでいきましょう。

あれ…購入額の方が多い…?

また、メルカリに出品して断捨離を目指すつもりが、売っている以上に買ってしまうというジレンマにおちいることも。 確かに、出品もしている人にとって、売上金による決済で商品の購入ができるのはかなり魅力的です。 お得に買えるので、思わず財布のひもも緩みがちに?!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。