logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

【ミリシタ解説】リズムゲームについてコメンタリーをコミットします!【音ゲー編】

【ミリシタ解説】リズムゲームについてコメンタリーをコミットします!【音ゲー編】

ミリシタライフももうだいぶ長くなりましたね…もう1年になるでしょうか…え、そんなに経ってない? それくらい超充実のミリシタ、音ゲー周辺もいろいろと大変充実しております。ここはひとつ、私の分かる範囲ではありますが特に目新しいと思われるものから順に、私なりの解説をさせて頂きますね。このみさんよりガチでずーっとお姉さんのまさみが頑張っちゃうぞっ☆

関連:ミリシタ解説【コミュ編】

好みがはっきり分かれる? ソフラン要素の追加


ゆっくりパターンのソフランなので音符が詰まってますね

今までそこそこ音ゲーをプレイしてたので、その存在は知っていました。ソフラン。でもアプリのリズムゲームとしては初めてです。はじめまして、ソフランさん。改めてよろしく。

“ソフラン”とは?

ソフランとは、私の解釈で簡単に言うと、一つの楽曲の間に音符が落ちてくるスピードが変わることです。(BPMが変わるとも言いますが、ここではBPMという言葉についての説明は省きますね)

これがですね、本当に厄介なんですよ。

速くなるのはまだいいんですよ。びっくりはしますけど、驚くだけなんで。遅くなるのが本当に難しい。一気に判定タイミングが分からなくなってミス連発です。

「ココロがかえる場所」がいまだにクリアできないのは、ソフランのせいであって私のせいじゃないんだからねっ!

実際直前までコンボはつながってるんですよ、本当ですよ!


まあこの後コンボ切れるんですけどね。

個人的な意見ですが、ソフランに関してはもう「どこでソフランが起こるか」を覚えて対応するしかないと思います。いわゆる覚えゲーってやつですね。私はソフラン込みで初見フルコンとかはまず無理です。普通にソフランなしでも無理ですけど。

ソフランは1曲につき1回起こるとは限りません。遅くなるとも早くなるとも限りません。なんなら起こるとも限りません。我々は常に、ソフランを警戒しながらプレイするのです…!

でも、それがすごい斬新☆

特にアイマスシリーズでソフランなのが斬新すぎて、毎回新曲はわーきゃー言いながらプレイしています(三十路BBA)(仕事中)

一方で、初見プレイが不利になることやその他の理由でソフランがあまり好きではない方もいらっしゃるようですね。私もゆっくりソフランは慣れるまでにすごーく時間がかかりそうなので、その気持ちも少し分かります。

上向きフリックは結構ムズイ

ウワサによるとるるきゃんこと佳村はるかさん(デレマス・城ヶ崎美嘉役の声優さん)が提唱したらしき上向きフリック。私は小耳にはさんだだけですので、真偽のほどは分かりません。

これがなかなかの難関なんですよね! 左・右と何が違うんだって話なんですが、なんか指にかかる摩擦係数(?)が全然違うんですよ! つっかかるんです。

力のかけ方が悪いのかなぁ…左・右ならすっと力が抜けるんですが、上だと最後まで力の入った状態でないときちんとフリックしきれないんです。

特に縦持ちプレイのときには親指になるので、その傾向が顕著。これは特訓ですね…!

気をつけよう チケでライブは 経験値なし(字あまり)

ところで、ライブチケットはちゃんと使っていますか?

MAX300枚って割とすぐに貯まっちゃいますよね。特に私はお仕事をするのが大好きなので、気づけばいつもライブチケットがMAX……。ほんなら、お仕事して稼いだチケットでライブすればええやん! それで全部解決やが!

そう思いました。でも、そこには大きな罠があったのです……。

ライブチケットでライブしても、経験値1個も手に入りません。
(何ならマニーもや報酬も手に入りません)

チケットでのライブは親愛度上げ、と割り切ってプレイしていきましょう。

経験値が手にはいらないと何が悲しいのか

経験値が手にはいらないということはつまり、プロデューサーレベルがいつまでも上がらないということです。

いくらあなたの音ゲー技術が向上しても、プロデューサーレベルが上がらないと開放されない要素がたくさんあります。ですから、元気は基本的にライブに使い、時間のないときに「お仕事」に使うのがおすすめです♪

ここでライブモードのおさらい

さて、全力リポートの記事でも触れましたが、ライブにはどのようなモードがあるのか確認しましょう。

あっここに都合のいい一覧が!(ミリシタリリース記事で上に無理を言って作らせました)

種類 難易度 備考
ソロライブ 2M(2MIX) 2ボタン・縦持ち
2M+(2MIX+) 2ボタン・縦持ち
2Mをクリアで追加
ユニットライブ 2M(2MIX) 2ボタン・横持ち
4M(4MIX) 4ボタン・横持ち
6M(6MIX) 6ボタン・横持ち
MM(Million Max) 6ボタン・横持ち
6Mをクリアで追加

ソロ・ユニット共に下に行くほど難易度が高くなります。ボタン数が選べるので、初心者にも優しいつくりと言えますね。

難易度の目安ですが、2Mは本当に歩きながらでもクリアできるんじゃないかってほどです(歩きスマホは絶対だめですよ!)

横持ちについては先述のソフランの影響で、6Mの時点でつまづいている曲もあります。ソフランのせいで!(強調)


こちらは奇跡的にクリアできた例

今のところ、音符の動きが難しい、ものすごく多いという印象はないんですが、デレステPからするとやっぱりソフランの影響がかなり大きいですね。

こればっかりは個人差があるでしょうから、ご自身で試してみてください。

ソロライブとユニットライブの大きな違い

  • ソロライブ(縦持ち)は2ボタン、ユニットライブ(横持ち)は2,4,6の好きなボタン数を選べる
  • 横持ちより縦持ちの方がゲームやってる感少なくて比較的人の目が気になりにくい(私見)
  • ソロライブではセンターのアイドル1人の親愛度が大きく上がり、ユニットライブではユニット全員の親愛度が通常分だけ上がる

ソロかユニットかで迷った時、ちょっと考慮したいのが親愛度。

もし早くメモリアルコミュを進めたい子がいるのであれば、その子だけ集中的に親愛度上げすることができます。ぜひ、活用してみてくださいね。

さて、私が音ゲーについて特に力説したい部分は以上です。デレステとの兼任Pにも驚きがあったり、一方で選べるボタン数など初心者への配慮も見られるミリシタ。アイマス好きも知らない人も、音ゲーの得意不得意も関係なく、大きく口を開けるクジラのようにさえ思えます。そう、私はただのオキアミ。ただのオキアミな私でも、コミュ要素ではかわいいみんなと触れ合えるのでそっちも楽しみましょうね♪

まさみ

この記事のライター
まさみ
私のデレステでのPRPは約710だ! ちなみにSSRは片手じゃ収まりきらないほど持っている! つまり、音ゲーが死ぬほど下手です。音ゲーだけじゃなく、リアルの階段の上り下りも下手です。見かけはそこそこのスピードを出せる年齢なのに、階段で急に80代になるという死ぬほど迷惑な存在です。だからなるべく人波が過ぎ去るのを待ちます。無心で。