logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

【メルカリ】タバコや金券も。出品NGなアイテムに気を付けて!

【メルカリ】タバコや金券も。出品NGなアイテムに気を付けて!

検索するたびにいろんな商品と出会える面白さがあるメルカリ。とはいえ、何を売ってもいい場所ではありません。規約で販売が禁止されている商品があるのはご存知でしょうか? 知らずに出品してしまうと、ペナルティ措置として最悪アカウントの停止・削除という処分を取られてしまいます。せっかくコツコツためた売上金を守るためにも、しっかりチェックしましょう。

関連:メルカリ攻略記事まとめ

メルカリの利用規約内に記載された販売禁止商品

メニューバーを開き、「ガイド」をタップ。3ブロック目の「利用規約など」下からメルカリの規約を見ることが出来ます。販売禁止商品については、16項目挙げられています。

【利用規約にて明記された、販売禁止商品】

(出典:メルカリ 利用規約

コンピュータウィルスや盗品など、常識的に出品禁止は当たり前なものばかりが並んでいるように見えます。では、どんなところに落とし穴があるのでしょう。具体的な商品を例にあげて販売禁止商品を見てみましょう。

里親探し感覚のペット出品はNG!

メルカリで出品されているペットのイメージ画像

(13)の生き物に該当するペット出品は禁止されています。きちんとペットとして売買するには、動物取扱業の資格や許可が必要ですので、注意してください。里親探しであれば、姉妹アプリの「メルカリアッテ」で可能なので、そちらへどうぞ!

法律の許認可が必要なものはNG!

メルカリで出品NGのコンタクトレンズのイメージ

私たちの身近にあって馴染みのあるものでも、許認可がないと販売してはいけないものがあります。

例えば…

  • たばこ
  • 医薬品
  • コンタクトレンズ
  • 手作りのお菓子
  • 自作の化粧品

等が挙げられます。

フリマアプリでは、特にハンドメイドの出品が盛んなので、手作りお菓子や化粧品もOKなのでは?と思いがちですが、身体に直接触れるものなので高い安全性が求められます。特に食品には、卵や小麦などのアレルギー対策になる食品表示や、包装、密閉性など守るべきルールがたくさんあるのです。

ゲームのアカウントもNG!

メルカリで出品NGなゲームのアカウントのイメージ

こちらは(15)物品ではないものにあたります。続々と新しい仕様やサービスが増えていくので、ぼやっとした書き方になっていますが、「情報、サービスの提供、会員権などの権利」には、ゲームのアカウントのほかに、散歩やマッサージなどのサービスや、ジム・ゴルフ場の会員権なども該当するため、禁止です。

ただし、人気アイドル専用のうちわ制作や名前入れサービスなど、形として存在し商品のやり取りができるものに付随するサービスは取引可能です。

優待券はOKだけど図書カードはNG!

メニューバー内「ガイド」にルールとマナーの項目があります。そこに禁止されている出品物が明記されているので、チケットを販売するときは禁止商品にあたらないかをチェックしましょう。

ここでは代表的な一例をあげておきます。

取引OKなチケット類

  • コンサートやライブ、スポーツ観戦のチケット
  • 温泉やスポーツジムなどの施設利用券
  • 株主優待券
  • 映画の鑑賞チケット
  • 展示会や博覧会のイベントチケット

取引NGなチケット類

  • オンラインギフト券(iTunesカード、Amazonギフト券など)
  • 商品券、債券、小切手、宝くじなどの金券類
  • 転売目的で得たと判断されるチケット
  • 記名式チケットなど、購入者が利用できないことが明らかなもの
  • 領収書や公的証明書類

特に間違えやすいのは商品券。株主優待券はOKで商品券はNGなの?と思うでしょうが、商品券はあくまでお金の代わりとなるもの。金券を取引=お金を取引することになるため、制限がかかっています。
今は利用が少なくなった図書カードテレホンカードも、お金の代わりに利用するものなのでNG対象に含まれます。

商品券などの売買はNG

購入するときにも注意しよう!

出品ページを見たからと言って、取引できるんだ!と早合点せず、規約をしっかり勉強してマナーの良いユーザーを目指しましょう。

ちなみに疑問があったら、アプリ内のお問合せ以外にTwitterの公式アカウント(@mercari_jp)からも相談できるので、ぜひ利用してみて♪

関連:メルカリ攻略記事まとめ