logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

初回無料!スマホの写真から可愛いデコシールがサクッと作れる【piily(ピーリー)】
PR

初回無料!スマホの写真から可愛いデコシールがサクッと作れる【piily(ピーリー)】

子どもをなだめるのにシール、手帳にもシール、飲みすぎシールもたまに貼られ、シールとは切っても切れない生活をしているTomokoです。今回は、iPhoneで撮った写真で可愛いデコシールが簡単に作れるアプリ、piily(ピーリー)をご紹介します!

家族や友だち、ペットの写真で作るオリジナルシールは格別!

シール作成アプリ数あれど、piilyなら通常1シート300円(送料別)のところ、初回のみ1シートが無料(送料別)に。シールラヴァーな方はもちろん、初めてのシールづくりにも、とてもオススメのアプリなんです。使い方も超簡単。次項では、piilyを使ったシールづくりの流れをご紹介します。

ピーリー
こ~んなにかわいくておしゃれなシールが簡単にできちゃいます♡

シールのデザインはぜ~んぶpiilyにおまかせ♪ おしゃれなテーマやかわいいスタンプが満載。

こんにちは、piily

さっそくpiilyをダウンロードして、「シールを作る」をタップします。ちなみに注文するまでユーザー情報の入力は不要です。まずは写真をいじって使い心地を確かめられるのがグーです!

シールを作る
あっ私もスマホの裏に貼りたい(すぐ影響される)

次に確認事項です。勝手に有名人や人気キャラの画像や、ブランドロゴでシールを作っちゃだめですよ~というNG例が書かれています。確認して「同意して進む」をタップします。

piilyで禁止されている題材
著作権や商標権の話ですね

シールづくり、スタート!

まずシールの形を決めます。丸か四角のどちらかを選んで「この形で決定する」をタップします。シールの大きさは最後に決めますよ~。

シールの形を決める
写真の構図に合わせるとキレイだと思います

次にシールにする写真を取り込みます。iPhoneのカメラロールにある写真で作る場合は「アルバムから選択する」を、その場で撮った写真をシールにしたい場合は「カメラで撮影する」をタップします。

アルバムから選択する
撮影する場合はiPhoneのカメラが使われます

写真を選んだら「写真を決定する」をタップ。ここでは画像の位置を移動したり、ピンチイン/アウトで拡大縮小して調整することができます。どアップにしたい子どもの笑顔は、ズズズイーとズーム!

写真を決定する
ボールプールって絵になりますね~

次はいよいよ写真をデコります(気合い)!!といってもpiilyには、あらかじめスタンプがいい塩梅に配置されたテーマが用意されているので、デザインセンス皆無の私でも簡単にデコれそう。ここは肩のチカラを抜いて、手描きの小花柄がかわいいテーマ「Forest」を選んでみました。スタンプのパーツはそれぞれ、拡大/縮小/移動できます。う~ん、こんなに簡単に可愛く飾れるのは…楽しい!!

テーマを選ぶ
直観的に操作できるのが◎

スタンプは単体でも選べます。手描き風のセンスいい絵たちがシールの手作り感をアップしてくれますよ。

スタンプ
心をくすぐるファンシーなスタンプたち

テキスト入力もできます!誕生日や記念日のお祝いメッセージを込めたオリジナルシールづくりにもぴったり。プレゼントやカードにペタッと貼ると喜ばれると思いますよ。

テキスト入力
フォントや色のバリエが豊富

写真選びからデザインまで、できることが色々あるのに時間はさほどかかりませんでした。piily、デキル子!

デザインが決まったら「この内容で注文する」をタップして注文に進みます。

注文枚数、シートのサイズは最後に決めます。シートのサイズは下記の2種類。

  • 大シート(3枚)…シール直径58mm
  • 小シート(8枚)…シール直径35mm

大はiPhone6/6plusやiPadの裏に貼るのにぴったりなサイズ感、小は手帳やアルバム、手紙など小さめのものをデコるのに活躍しそうなサイズです。ちなみに、通常価格はどちらも300円+送料100円で、初めて注文する場合は無料+送料100円になります。となると、大小で迷いますよね~。

注文の確定
結局小8枚入りにしました

最後に、ユーザー情報欄に住所、氏名、届け先を入力し、決済方法を決めると注文完了です♪ 支払い方法は、クレジットカード決済またはキャリア決済(docomo/au/softbank)が選べます。

使いみちは無限大!iPhone本体や充電器、手帳にペタリ。友だちとお揃いのシールづくりにも。

iPhoneで撮影した写真には、みんなに見せたり形にして残しておきたいナイスショットが溢れていると思います。SNSに投稿したりフォトブックを作ったりと、スマホで手軽にできるサービスはたくさんありますが、シールづくりもとっておきの写真を活かすひとつのアイディア。身の回りの物にペタペタ貼って遊べて、友だちとも分け合って楽しめます。

【2017/8/15追記】注文したシールが届くの巻。piilyは水に強いか?

注文からちょうど1週間経ったある日。クロネコDM便で、piilyのシールがポストに届きました。さっそくシールを台紙から剥がしてみると、薄めでどこに貼ってもフィットしそう。紙質はセミマットで、程よいツヤがあります。しかも同封のチラシに「水に強いからコップやお弁当箱にもピッタリ♪」と書いてあるではありませんか!これなら、キッチンやお風呂、海やプールなどの水場で使うアイテムにも貼れますね。

スタンプ
水筒やマグカップのカスタマイズにも◎

無料で作れる今、初めてトライする方にこそ試してほしいpiily。過去にもシール作成アプリを紹介しましたが(Seelみんなのシール)、この夏、piilyがいちばんのオススメです。

Tomoko

この記事のライター
Tomoko
小さな子どもがいる私の生活は、シールとは切っても切れない縁で結ばれております。時に荒ぶる子どもの気持ちをペタッと鎮めてくれるシール神に、何度救われたことか。アイ・ラヴ・シール。ちなみにこの世で一番好きなシールは、スーパーのおつとめ品に貼られた半額シールです(笑)