logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

ミサイル発射、地震・災害に備えよう。緊急情報伝達システム「Jアラート」iPhoneでの受信方法

ミサイル発射、地震・災害に備えよう。緊急情報伝達システム「Jアラート」iPhoneでの受信方法

あなたの町でとてつもない緊急事態が起きるかもしれないよ!という時に政府から発せられる、緊急情報伝達システム「Jアラート」。実はミサイル通過、地震、津波などを含めて25種類の緊急情報に対応しているんですよ。iPhoneでの設定方法と併せて紹介します。

ミサイル発射時だけじゃない!Jアラートが流れるのはどんな時?

Jアラートで配信される情報一覧

2017年8月29日早朝、北朝鮮からのミサイル通過を受けて北海道、東北、関東の一部で鳴った「全国瞬時警報システム(通称 Jアラート)」。実はこのJアラートは、ミサイル通過だけではなくテロ等武力攻撃の発生、津波や地震などの大規模自然災害など、25種類の緊急事態に際して速やかな情報配信が必要とされる地域で配信されるシステムです。どれもいつ自分の身に降りかかるか分からないことばかり。iPhoneを持つなら、Jアラートは是非ともオンにしておきたいものです。

Jアラートで配信される情報一覧画像
出典:消防庁国民保護・防災部防災課国民保護室

お使いのiPhoneは、Jアラートが鳴るように設定されていますか?

iPhone本体で設定する

このJアラート、消防庁の資料によると「iPhoneなら、携帯大手事業者/仮想移動体通信事業者(MVNO)を問わず基本的に受信可能」です。

つまり、au/docomo/Softbankの各通信事業者が販売しているiPhoneだけではなく、SIMフリー端末にも対応しているというわけです。

例えば筆者の”Appleストアで購入したiPhone SEをBIGLOBEの格安SIMで使っている端末”の場合も、iPhone本体の設定をしておくだけでJアラートが受信できます。設定は以下の手順です。

1. iPhoneの設定アプリを開いて「通知」をタップします。

通知

2. 一番下までスクロールして「緊急速報」をオン(緑)にする。

緊急速報をオンにする
圏外だったりバッテリー切れの状態だと受信できません

iPhoneが古いバージョンの場合はアプリで鳴らす

ただし、Appleによると古いバージョンのiPhoneでは弾道ミサイル情報など一部の緊急情報が受信できないとのこと。

  • iPhone 4
    →地震速報と津波警報のみ受信できる
  • iPhone 3G または iPhone 3GS
    →地震速報のみ受信できる

出典:Appleサポート

上記のiPhoneでは、弾道ミサイル情報などの緊急情報が受信できないので「Yahoo!防災速報」アプリを使うのをおすすめします。設定は簡単。画面右上の歯車アイコンをタップし、「設定」画面で「国民保護情報」をオンにするだけです。古い機種をお使いの方はぜひこちらを使ってみてください。

Yahoo!防災速報
いつ何が起こるか予測不可能なこのご時世。全部オンにしています

Jアラート音を事前に確認しておこう

もし、何らかの緊急事態が発生し、自分の住む町に被害が及びそうな時に鳴るJアラート音は、内閣官房 国民保護ポータルサイトで試聴できます。

※ページの一番下、「サイレン音の再生(MP3)」ボタンを押すと再生可能です。

この音が聞こえると不安を掻き立てられる人が多いと思います。個人的には不気味と言い表すのがしっくり来る音なんですが、いざ鳴ったら緊急事態。鳥肌を立てている暇はありません。なお、このファイルを公共の場などでむやみに再生したり、複製・録音をすることは禁じられているのでご注意ください。

一概に長い・短いとは言えない、この数分間

8月29日のミサイル通過時は、Jアラートが鳴って日本上空を通過するまで4分間でした。この与えられた猶予で何ができるかは、自分がその時に置かれた時間・場所などの状況によって変わってきそうです。万が一の時に限られた時間の中で慌てず騒がず速やかに避難できるよう、避難場所の共有や避難物資などの備えをしっかりしておこうと思いました。

落ち着いて行動
8月29日は、身の回りの地下の頑丈な建物を思い浮かべたりしました

Jアラートはスマホだけではなく、各市町村の防災無線スピーカー等からも流れる仕組みになっていますが、いつも音が届く場所にいるとは限りません。常にスマホを携帯している方は是非「明日は我が身」と思って、Jアラートをオンにしておくのをおすすめします。

Tomoko

この記事のライター
Tomoko
2台持ちで使ってるAndoroid端末はどうなんだろう?などと心配な方は、消防庁のページの確認方法をご覧ください。

この記事に関するキーワード