logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

マジか…マジか!と驚きの展開に震えた良作アドベンチャーミステリー【7年後で待ってる】

マジか…マジか!と驚きの展開に震えた良作アドベンチャーミステリー【7年後で待ってる】

7年前に交わした再会の約束の相手は誰?どこで会うのか?記憶喪失の少年が過去への手掛かりを探るにつれ呼び覚まされる記憶。そして、当時起きた”事件”とは…?つい、寝るのを忘れてラストまで一気に完走してしまった「7年後で待ってる」。ノベル好きには今すぐ読んで欲しい傑作です。

7年前に今の両親に引き取られ…あれ…?7年前に何があったのか思い出せない。

プレイヤーは基本、受け身のノベルゲーム

プレイヤーがやることはハルトを歩かせて緑のマスや時々現れる「!」をタップするぐらい。あとは、ストーリーが自動的に進んでいきます。といってもところどころに「これ伏線だな。」と思われるようなアヤシイ人物の登場や引っ掛かる台詞が散りばめられているので、退屈するどころか集中して読めました。結論から言うと本作は絵が動く、よくできた小説です。

緑のマス
戦いのないRPGって感じでもある

「7年後の4月1日 この場所で」

さて、物語は名前も顔も忘れてしまった”誰か”と7年前にした再会の約束を果たすべく7年ぶりに帰って来た町で記憶のカケラを拾い集めていく主人公・ハルトを軸に進みます。

7年後の4月1日この場所で
ハルトが向き合っているのは一体誰?

忘れていた友だち、死んだ女の子、心臓病。当時起きたある”事件”との関連性は?

実は私、皆さまには白紙の状態でプレイして欲しいのがホンネです。と言いつつあらすじぐらいは紹介したい良作なのも事実。なるべくネタバレせぬように書きますが、まっさらの心でゲームを楽しみたい方はこの先は飛ばしてダウンロードへお進みくださいm(__)m

親友?全然覚えてない

ハルトは、自分が記憶をなくした頃に入院していた西方病院で当時の親友リクに再会。懐かしいはずなのに何も覚えていない。なぜだ…?

親友リクとの再会

約束の相手・アオイや友だちは皆、同じ病気LMDだった…?

7年前に約束をした相手はアオイという女の子で、今はもうこの世にいないことがわかる。リクの弟カケルも現在LMDで入院中。LMDっていったいどんな病気なのだろう?カケルの主治医は失踪後記憶喪失になっていると言うし…?

「LMD患者を見殺しにして得してるやつがいるかもしれない」と陰謀論を展開し始めるリクは、ハルトと一緒に病院の裏を暴く行動に出始める。

病気の説明

7年前の病院で起こった数々の出来事が徐々に1つの線になっていく!

中盤からは7年前の病院の様子がどんどん明らかになっていく。リクの友だちであるサキ、ホノカ、そしてアオイらに接近する謎のおじさんはいったい誰?知らないおじさんに写真撮らせちゃ、ダメだけど…。

サキ、ホノカ、アオイと謎のおじさん

まさかのタイムリープものだった(大好物)

ハルトが都度、話を聞きに行く町医者の一木先生も7年前のことや、病院に隠された重大な事実を知っているよう。そしてある時ハルトに衝撃の事実を打ち明ける。ええええええええ!?なんですって!

今「タイムリープ」っておっしゃった…!?

タイムリープ (英: Time Leap)は、日本語に直訳すると「時間跳躍」となる。和製英語で『時をかける少女』で登場した造語。出典:Wikipedia

一木先生
ふつうの町医者じゃないなと

映画「時をかける少女」が大好きだった私は即座に時間を超えるストーリーと花の香りが結びついた。あれはラベンダーの香りだった。ラベンダーの香りを嗅ぐと知世ちゃん(※ちゃん付け世代です)が意識を失うのだ(←また観たくなってる)。

花の香り
出てくる大人がみんなアヤシイ

そして今作で登場する花は7年に一度咲く花、千宵草(チヨイグサ)。7年に、一度…?記憶を失ったハルトだが、町のそこかしこで”なつかしい香り”を嗅ぐ。この後どうなるのか!?

なつかしい香りがする

その”なつかしさ”に潜む事実とは一体なんなのでしょうか?タイムリープ装置の謎、病院は本当に悪さをしているのか?おぼろげな記憶を持ちながら時をループする主人公を軸に、過去の点と線が交わって話は次第に思わぬ方向に進みます。チャプターが終わるごとにゾクゾクし、気がついたら感動の連続。

総プレイ時間はみっちりやって6~7時間ほどでした。ストーリーが勝手に進む方式とは言え、時々キャラクターの台詞に次に行くべき場所が書かれていることがあるので会話はよく読むといいですよ!「7年後で待ってる」。このタイトルも最後にグッと来ます。SF、ミステリー、アドベンチャー小説や映画、「彼女は最後にそう言った」「僕は今日も君を殺す」などのノベルゲームが好きな人に特におすすめです!

Tomoko

この記事のライター
Tomoko
これやった後はあんかけチャーハンが食べたくて仕方ありませんでした。