『かわいい』が生まれる場所。

【バージョンアップ情報】ミリシタ、ライブやりやすくなったってよ。ほか【ミリシタ】

【バージョンアップ情報】ミリシタ、ライブやりやすくなったってよ。ほか【ミリシタ】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

いやぁデレステ2周年が盛り上がってますが、みなさん勿論ミリシタのこと忘れてませんよね?? ミリシタでは9月5日に、ライブやそのほかの大改造が行われていたのですよ! 私も副業の方が忙しくてなかなか確認できなかったので、一緒にどんなところが変わったか見てみましょう。

大きく2つ。ライブ画面の変化と劇場でもっとアイドルに近寄れるように!

今回お伝えする情報は大きく分けると2つになります。


どこが変わったか画像入りで確認していきます。

ライブ画面の変化

ライブ画面には、以下のような仕様変更・機能追加がありました。

  • 6ボタンのライブモード(6MIX/MM)のターゲット間隔を広く!
  • 3Dモードでライブをプレイした際に、背景を暗くすることが可能に
  • MVとライブプレイ時の画質を別に設定できるように


まずはターゲット間隔の比較

▼こちらが以前の6M画像

ト

▼早速プレイ! …あれ、変わんなくね?

ト

▼と思ったら、手動で設定の変更が必要でした。メニュー>ライブ設定からできます。

ト

▼そしてこちらが間隔調整後の6Mです! 端っこの可奈ちゃんまでちゃんとターゲットが届いてる!

ト

3Dライブでの背景の暗さ設定

▼こちらはメニュー>ライブ設定>環境からできます。「通常」「少し暗く」「暗く」から選びましょう。

ト

▼これが通常画面

ト

▼これが少し暗く

ト

▼これが暗く

ト

少し暗く・暗くを選んでも前奏やアピール中は自動的に明るくなって、はっきりアイドルたちが見られるのが嬉しい♪

ト

音ゲークリアのためになくなく2D環境でプレイしていましたが、暗くした状態なら3Dでもいけるかも……? ちょっと試してみたいと思います。

MVとライブの画質設定を別々に

これは嬉しいですね~! いちいち変更するのは面倒ですから。この機会に、ついでに3Dの全画質でのスクリーンショット(画像はjpg形式)を撮影してみました。

▼こちらの設定もメニュー>ライブ設定>環境からできます。

ト

▼3D超軽量

ト

▼3D軽量

ト

▼3D標準

ト

▼3D高画質

ト

jpgの限界を感じますね。スクリーンショットでは違いが分かりません。

jpgの画像では全く伝わらないのですが、やはり素早い動きの滑らかさなどが格段に違います。端末のスペックにもよりますが、別々に設定できるのであれば3D高画質一択だなと思いました。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。