logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

【TGSレポート】TGSってどんな感じ? 初心者丸出しのまさみが驚いたこと8選

【TGSレポート】TGSってどんな感じ? 初心者丸出しのまさみが驚いたこと8選

今週末は東京ゲームショウの一般開放に参加されるという方も多いのでは? また、参加しなくても興味があって、どんな雰囲気か知りたい方もいると思います。この記事では、TGSに初めて参加した私が、ビジネスデイの1日目に行って驚いたことをまとめました。「効率的な準備」の役には立たない小ネタばかりですが、これから行く方、行かないけど興味のある方に身近に感じてもらえるような、会場全体の雰囲気に関するネタですので、お気軽にどうぞ。

基本「東京ゲームショウ」とは

まず、東京ゲームショウとは何か、軽くさらっていきましょうね。

ト

今年の東京ゲームショウについて
■名称:東京ゲームショウ2017
■一般略称:TGS2017
■主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
■共催:日経BP社
■特別協力:ドワンゴ

この情報から何かを読み取れというのは難しいですね…難しいことを考えるのはやめましょう!

たぶんこういうイベントです

ト

・世界三大ゲームショーの1つとも言われている
・実際に外国の方が多い。外国企業の出店はもちろん、PRESSしか入れない部屋でも様々な言語が飛び交っていた
・1996年から開催されている
・ゲーム業界関係者やゲーム系の学校報道関係者のみが入場できる「ビジネスデイ」と一般の方が入れる「一般公開日」に分かれている
・各社ステージに芸能人が呼ばれることも
・各社のステージで、未発表の最新情報が発表されることも

要するに、「とにかくすごいゲームのイベント」です(頭悪い)近年はスマホゲームの扱いも増えていて、ブシロードブースなんてスマホゲームに興味のある人はみんな行きたくなっちゃうんじゃないかと思いました。もちろん、コンシューマゲームやPCゲーム、そしてゲーム業界のソリューションやゲーム系の学校など、ゲームに関するすべてが集まる場所ですよ!

個人的な注意点

私がよく混同するのはTGCですが、こちらは東京ガールズコレクション。

そして間違えがちなのですが、東京ゲームショーではなく東京ゲームショウです。

千葉は東京。幕張メッセだけど最寄りは幕張駅じゃない。

まず、場所について。名前は東京ゲームショウなんですが、場所は幕張メッセ。つまり、千葉県です。でも日本人には有名テーマパークのおかげで、場所が千葉県でも東京と命名されることに違和感はありませんね。ちなみに、昔は名前通り東京都の東京ビッグサイトで行われていたようです。

また、非常に多く体験談が聞かれるらしいのですが、「幕張メッセ」の最寄り駅は幕張駅ではなく、海浜幕張駅です。しかもそこから10分くらい歩きます。間違えないように気を付けてくださいね。東京駅から高速バスも出ているようです。確実に座ってゆっくり行けるのはいいですねぇ。

広いよ!!!!!(幕張メッセ)

まず、幕張メッセですが、広いです。会場となっている国際展示場だけでもまぁ広い。

・国際展示場1-8ホール
・国際展示場9-11ホール
・国際会議場
・イベントホール

という4つの会場をフルに使ってTGSは開催されているのですが、朝から夕方までいて私たちが回れた展示は1-8ホールのみ。それももっと見たかったという思いを抱えて帰る羽目になるくらい広い。回り切れない。

ト

国際展示場1-8ホールはひと続きの会場なのですが、途中で切れ目があってホール間の移動に一瞬外に出ることがあります。会場は全体に薄暗く、夢いっぱいの空間なので時間感覚を失いがちですが、一瞬だけ現実に返ります。

(´-`).。oO(そうだ、ここは日本の幕張だ…モーグリがいる世界じゃないんだ……)

ゲームの世界に没入した感覚が凄い

会場には、エントランスを通ってエスカレーターで降りていくのですが、全体的に薄暗い中にあちこち趣向を凝らしたブースが展開されていて、現実じゃない感が半端ないです。

ト

恐竜がいたと思ったらプリンスがいたり、美女コンパニオンもイケメンもいるし、試遊機はたくさんあるし、でっかいディスプレイからはおなじみの音楽・映像・声が流れてくるし……!

ト

アイドルの世界から狩りの世界へ、マンガの世界へ、忍者の世界へ。現実に返る暇はほとんどないので、「会場についてからどこまわるか決めよう」とか「空いてるところから行こう」と考えていると目移りしまくっちゃって思うように回れなくなってしまうので、事前にしっかり計画を立てるのが鉄則です。

ト

驚きのコーナーがたくさんだよ!

結構コーナーの名前を見ているだけでも楽しいですよ♪ いろいろあります。

フードコート

一番驚いたのはやはりフードコート!!

幕張メッセの中には飲食店があります。そうじゃなくても、海浜幕張駅から幕張メッセにたどり着くまでの間にもたくさんの飲食店を見ましたし、ちょっと歩けば大型商業施設も。それでも出しちゃうんですよねぇ…屋台の揃ったフードコートを……。

実際にフードコートになっているイベントホールに足を踏み入れてみると、すごいMOKU★MOKU

ト

焼いてました。めっちゃ焼いてました。肉や鰻やお好み焼きを。ちょっとした肉フェスの様相を呈していたと思います。カレーや海鮮丼もありましたよ♪ 残念ながら実食とはいきませんでしたが…急いでたので軽く食べられるものを2人で食べました。でも、これから行く方はたくさん歩いてお腹が減ると思うので、ぜひフードコートにも立ち寄ってみてください。

ロマンスゲームコーナー

ロマンスゲームコーナーというコーナー名にも強く心を惹かれましたねぇ(´艸`*) 実際にロマンチックが止まらない王子様系イケメンを激写することにも成功しました。ロマンスゲームコーナー、来年はもっとブースが増えてるといいなー!

ト

ビジネスソリューションコーナー

個人的には、ビジネスソリューションコーナーに出店しているNTTレゾナントのシナリオAI化が気になりまくりました。でも、私シナリオのAI化を検討しているお客様じゃないので泣く泣く諦めました……自然言語のAIってどこまでできるんでしょうね?? 以前にはAIが書いた小説が有名な小説賞の1次選考を通ったという話がありましたもんね。

携帯電話無料充電コーナー

優しさがとめどないと思ったのは携帯電話無料充電コーナー。仕事柄スマホの充電についてはフル装備で行ったので利用はしませんでしたが、優しさが凄いですよね。

半端ない美女が半端ない衣装着て普通に飲み物買ってる世界観だよ

TGSに欠かせない存在、それが美女コンパニオン。会場のいたるところで笑顔が輝いています。

ト

先ほど、外に出るとちょっと現実に返ると言いました。しかし、例外もあります。昼食をとるとき、展示場を出て、併設の店舗に立ち寄ったんですよ。そこにはたくさんのお客さん。に交じって、コンパニオンの美女! なぜコンパニオンと分かるかというと、すごい衣装を着ているから!

たぶんゲームのものと思われる色彩鮮やかで布面積の少ない衣装を着ている美女コンパニオンが、普通に財布を持ってペットボトルを買って、横を通り過ぎていくんです。

ここはごく普通の飲食店。日当たりが良く、幕張であることが実感できる。でも隣には現実のものとは思われぬ美女。

(´-`).。oO(ここはどこの世界だっけ…? 次元のはざまかな??)

皆さんもこの不思議な体験をぜひ。なんかRPGの最初の町の酒場にいる感があります。

普通に芸能人がいるよ!!

TGSが初めてで準備をし切れず、無計画に突撃した私たちですが、それでもあちこちで芸能人がステージに立っているのを発見しました。特に叶姉妹のお2人が声優の小野坂昌也さんと公開収録を行うという予告を見て、私もひなこさんも大変に心が揺れたんですが、その場にとどまることはできませんでした……私たちは、お仕事に、来たんだ……。せめてファビュラスな香りを感じたかった。

他にもバカリズムさんもいらっしゃったとか、あとはステージに立つパンサーの3人は運よく見ることができました。すごいなぁ。

なんかすごいもらえる! めっちゃもらえる!

あちこちのブースを覗きまくってたんですが、立ち寄るたびに、ご自由にどうぞってパンフレットやチラシが置いてあるし、笑顔で手渡してくれるコンパニオンのお姉さんや、スタッフTシャツを着たお兄さんお姉さんがいて、なんか私大人気なのかなって思いました。貢物されてる気分。

中でもスクエニのブースでもらったパンフレットは美麗で超豪華でかなりいいマット紙使ってあるし、無料でもらっていいんですか!? と聞きたくなるレベル。

ト

ミラクルニキのブースでは写真を撮影させてもらった上にかわいいウェットティッシュをもらいました。ウェットティッシュってところにTGSには少なめな女子成分を感じます。

ト

あっちこっちでお面ももらってきました。グラップラー刃牙のお面はきっと編集部のメンズが被ってくれると信じています。

ト

たくさんもらうと重たいという反省点もお伝えしつつ、せっかく配ってくださっているので欲しいものは逃さずチェックしましょう!

なんてこった便利アプリがあったのかよ!

家に帰ってパンフレットを見ていたら「公式アプリ【TGS2017】」なる便利アプリを発見。なんでも「会場マップ」「スケジュール」「つぶやき」「試遊待ち時間情報」「クーポン」と機能が盛りだくさんのようですよ。

ト

特に「スケジュール」はイベント10分前に通知してくれるとか本当に神かな…!(※プッシュ通知を受信するためにはBluetoothの設定をオンにする必要があります)

「試遊待ち時間情報」が見られるのも便利ですよね。私はラブプラスEVERYのVR体験をしに行きたかったんですけど、頻繁に様子見に行ってる時間がなくて……。

Bluetooth常にオンだとちょっと充電が心配ですが、無料充電コーナーもありますし、きっとTGSを回る際の強い味方になりますよ♡

さて、初めてTGSに行った下手の横好きアプリゲーマーが、実際に感じたTGS全体の雰囲気でした。個別のブースや情報についてはまた別で記事を出しておりますので、そちらをぜひご覧ください。TGSは夢の空間でした。

まさみ

この記事のライター
まさみ
去年の今頃、自分がTGSに行ってるなんて、しかもビジネスデイで行ってるなんて想像もしてませんでした。自分の(主張を押し通す厚かましさと強引さの面で)成長を感じます。TGSはまた行きたいです!! やり残したことがいっぱい!

この記事に関するキーワード