logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

「逆転裁判」シリーズ新作が登場!19世紀でホームズとムジュンを暴け!

「逆転裁判」シリーズ新作が登場!19世紀でホームズとムジュンを暴け!

「異議あり!」のフレーズでお馴染みな法廷バトルゲーム「逆転裁判」シリーズ。その系譜を受け継ぐ作品「大逆転裁判」がスマホに登場! 今度の舞台は、なんと19世紀末の日本とイギリス。世界を股に掛けた成歩堂龍ノ介の物語が始まります!

「大逆転裁判」の舞台は19世紀!?

大逆転裁判」は、プレイヤーは弁護士となり依頼人の無実を晴らすべく奔走する法廷バトルゲームです。

本作、特徴的なのがその世界観。「逆転裁判」シリーズでは現代が舞台でしたが、今作は遡ること約2世紀前、19世紀の日本とイギリスが舞台となっています。いや、遡りすぎでしょ(笑)

大逆転裁判

ゲームは、大きく探偵パートと法廷パートの2つから構成されています。探偵パートでは、事件の証拠を集め、法廷パートでは集めた証拠を基に証人の証言と照らし合わせて、矛盾しているポイントをつく! 基本的なゲームの仕組みは従来通りですね。

大逆転裁判

しかし、時代やお国柄ならではの要素がいっぱい。例えば、今作の主人公は、成歩堂龍ノ介(なるほどう・りゅうのすけ)。

この人、実は「逆転裁判」シリーズで主人公だった(逆転裁判4を除く)成歩堂龍一のご先祖様なのです。そして、他のキャラクターもどこかで見たことあるような人たちがチラホラ(みんなそれぞれのご先祖様なのかな?)

そんな世界やキャラクターで、数々の事件を解決する物語が始まります。

「大逆転裁判」のポイント

「逆裁」の魅力は「大逆転裁判」でも健在

「逆転裁判」シリーズの魅力は、個性的なキャラクターたち。みんながみんな見た目や動きがとっても個性的なのです。

例えば、大審院のサイバンチョ。いかにも威厳たっぷりって感じの風貌ですね(サイバンチョウではなくサイバンチョなのもポイント)

大逆転裁判

さらに、第一話で成歩堂と対峙する検事「亜内武土」(あうち・たけつち)。罪と書かれた扇子を振り回し、成歩堂をとことん追い詰めてきます。

大逆転裁判

実は、この人「逆転裁判」シリーズの第一話でいつも成歩堂と対峙する検事「亜内検事」のご先祖様だったりします。なんと、成歩堂と亜内検事との法廷でのバトルは、一族レベルのものだったのです(笑)

さらに、各エピソードで登場する証人たちも一癖も二癖もあるキャラばっかり。

成歩堂が犯人に!?

毎回プレイヤーが予想だにしない展開が繰り広げられる「逆転裁判」シリーズのストーリー。今作でもかなり衝撃的なシーンから始まります。

大逆転裁判

ゲームを始めて最初に出てくるのは、なんと大審院の一室。そう、主人公の成歩堂は、殺人事件の被告人として今から裁判を受けようとしていました(唐突すぎる)

そんな成歩堂は、親友の亜双義一真(あそうぎ・かずま)に弁護をしてもらうこととなりますが…。

大逆転裁判

実は亜双義、この裁判の弁護で負けてしまうと大きなリスクが…。決まっていたイギリスへの留学が中止になってしまうのです。

大逆転裁判

その事実を知った成歩堂は、自分の弁護を自分で行うことに決めます。

そんな彼を待ち受けるのは、一癖も二癖もありそうな証人たち…。

大逆転裁判

彼らの矛盾をついて自分の無実を晴らすことはできるのか!?

「大逆転裁判」だけの新要素も

今作から搭載された新要素も存在! 1つ目が「共同推理」。

エピソードによっては、世界的に有名な探偵「シャーロック・ホームズ」も登場。しかも、彼と一緒に推理を展開していくシチュエーションが発生するんです!

大逆転裁判

推理の協力プレイってなんか斬新(笑)

そして、もう1つの新要素が「陪審バトル」。

日本とイギリスでは裁判の方式が異なります。そんなイギリスを代表する裁判形式がこの「陪審バトル」なのです。

大逆転裁判

6人の無作為に選ばれた陪審員たち。彼らが裁判の行方を大きく左右します。サイバンチョ1人を納得させれば良かった従来シリーズの形式とは異なり、陪審員たちを納得させないと無罪への道は開かれません。

共同推理」と「陪審バトル」が従来シリーズの「矛盾をつく快感」をさらにパワーアップさせていますよ。

矛盾を推理する快感!

19世紀末を舞台に、成歩堂龍ノ介となって依頼人のために証人の矛盾を暴く法廷バトル「大逆転裁判」。

シリーズファンはもちろんのこと、推理小説や謎解きゲームが好きな人も楽しめる作品となっています。

大逆転裁判

ちなみに本作、iOS版は販売形態が少し特殊です。まず有料でアプリを購入し、さらにアプリ内で各有料コンテンツを購入することで、各エピソードを遊ぶことができるようになっています。(第一話はアプリ購入のみでプレイ可能)とりあえずどんな感じなのか試してみたい人は、アプリだけ購入すれば良いので、少額で「大逆転裁判」の世界を体験するこもできますよ。

逆にAndroid版は2,520円での一括購入となります。(2017/9/19現在)

自分に合う方法で楽しんでみてください。

トモトモ

この記事のライター
トモトモ
ゲームや映画のシリーズもので、前日譚や過去の話を描く作品は結構ありますが、今作ほど過去に遡る作品も珍しいですよね。本作のオリジナル(ニンテンドー3DS)版が制作発表された時「時代設定大丈夫?」とガチで心配したのは今となっては良い思い出(笑)