logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

ダーツの世界へようこそ!世界中のプレイヤーと気軽&手軽に遊んでみよう!【Darts of Fury】

ダーツの世界へようこそ!世界中のプレイヤーと気軽&手軽に遊んでみよう!【Darts of Fury】

バーに設置されていることが多い、ダーツマシン。置かれている場所が場所だけに、大人な雰囲気の漂う娯楽ですよね。そのため、遊んだことのない人も多いのではないでしょうか? そんな方にオススメなのが、気楽&手軽に遊べる「Darts of Fury(ダーツ オブ フューリー)」です!

ダーツの”狙った所へ当てる楽しさ”を少しだけ

Darts of Fury」は、スマホでダーツが楽しめちゃうゲームです。そんな本作、特徴は何と言ってもダーツの魅力を気軽手軽に楽しめること。

趣味に限らず、何か新たなことを始める場合、結構心理的なハードルって高かったりしません? そんなときに、手軽に体験できる機会やモノがあるとありがたいですよね。

本作は、ダーツ場に行く必要も一緒にダーツを遊んでくれる仲間(結構ココが大きい)も必要なし。だって、全てゲームが瞬時に整えてくれるから!

Darts-of-Fury

遊ぶゲームは、ダーツで基本的な01(ゼロワン)と呼ばれるタイプ。

簡単にルール説明をすると…。

2人のプレイヤーが、一定の持ち点を保有する状態からスタートし、お互いにダーツを3本ずつ投げます。投げてヒットしたボードの目だけ持ち点を減らしていき、先に持ち点を0にしたプレイヤーの勝利!

ダーツを投げるのも、画面上方向へフリックすればOK。基本的にフリック操作だけで楽しむことができちゃいます。

Darts of Fury」でダーツが好きになるポイント

すぐダーツをスロー!

アプリを起動させて実際にプレイが始まるまでにかかる時間が、かなり短いです。ゲームモードを選択すると、すぐにプレイヤー同士が自動的にマッチングされ、あっという間にゲームスタート!

Darts-of-Fury

搭載されているモードは「リーグ」と「トレーニング」の大きく2種類。ざっくり、全世界のプレイヤーと競ってリーグ踏破を目指したいならリーグ。そして、自分のダーツスキルを黙々と高めたいならトレーニングと、かなりシンプルな構成です。

「いきなりリーグで人と対決するなんて、敷居が高すぎる」という人には、1人で練習できるトレーニングがオススメ。

Darts-of-Fury

トレーニングはオリジナルルールで遊ぶことができ、指定されたエリアに当てられないとスコアが加算されません。なので、ボードのこの辺を狙うには、こんなフリックの力加減をしないといけない等、微妙な投げ方のコツを掴めるのです。

早く上達したい! 最近スランプ気味かも…? そんな風に悩んだときは、とりあえずトレーニングを試してみましょう。

ダーツのスキルアップしている感じを味わえる!

前述の通り、リーグでは世界中のプレイヤーと対決しながら、経験値を溜めて高みを目指していきます。勝ち進むと、新たなギアを手に入れられたり、高難易度のリーグが解放されたりと、まるでRPGのようにどんどん次の強敵、新たな世界といった感じで、ダーツを楽しむことができるのです。

ゲーム中では、コインやダイヤなどプレゼントが貰える場面も…。

Darts-of-Fury

1ゲームをそれ単体として遊ぶだけでなく、成果が確実に蓄積されてリターンもある。自分のダーツの腕前がスキルアップしていく感覚を味わえるので、ダーツをもっともっと遊びたい欲を高めてくれますよ!

勝利をとってもお祝いしてくれる(笑)

スキルアップする感覚」と同様に、プレイヤーの”ダーツで遊びたい欲”を盛り上げてくれるのが、勝利をとってもお祝いしてくれる演出。

例えば、これで勝負が決まった一投の瞬間…。

ダーツボードに仕込まれた花火が、シューっと派手に噴射され「勝ったね!おめでとう感」を思いっきり演出してくれます(笑)

Darts-of-Fury

このように、盛大にプレイヤーのゲームシーンを盛り上げてくれるのです。(実際のダーツマシンにもこんな機能があったら、めちゃくちゃ盛り上がるのに…)

本作が楽しめたらダーツ場でもぜひトライ!

Darts of Fury」は、気軽にダーツの楽しさが味わえるゲームです。とりわけ”手軽”に遊べるのがうれしい。

しかし、本作だけでダーツの全てが分かったと思うのは、大間違い!

Darts-of-Fury

実際のダーツは、指先や手先だけでなく全身を使って投げていきます(あくまで、筆者の経験則的に…) そのため、本作にハマっちゃうくらい熱中した人は、ダーツ場 or ダーツバーでリアルなダーツに是非トライしてみてください!

もしかすると、新たな趣味への扉が開かれるかもしれないですよ?

トモトモ

この記事のライター
トモトモ

ダーツ。筆者もたまにダーツ場で遊びます。そんな筆者が体感した上達への近道は、上級者と一緒に遊ぶこと。一緒に遊ぶと、圧倒的すぎる程にスコア差が開くので、かなり恥ずかしいんです(笑) そして、少しでもその点数差を縮めようと頑張るから短期間で上手くなる可能性が高いのです。