logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

和のテイスト満載!折り紙の色を染めちゃう和風パズル!【KAMI 2】

和のテイスト満載!折り紙の色を染めちゃう和風パズル!【KAMI 2】

海外製だけど和の雰囲気が味わえちゃう。そんな少し不思議な、折り紙をモチーフにしたパズルゲーム「KAMI 2」のご紹介。和の世界に身を委ねつつ、ピースの色を塗り替えて全てを同じ色に染めていこう!

The「和」な雰囲気の色染めパズル

KAMI 2」は、色を塗り替えていくパズルゲームです。

ルールは簡単。画面左下に表示されている回数内に、各パーツの色を塗り替えていき、全て同色にすることができればステージクリア!

塗り替えられる色の種類は、画面右下にパレットのように表示されています。ゲームの基本的な遊び方はこれだけ。

KAMI2

これだと「たったそれだけ?」感が強いですが。ステージのバリエーションがすっごく豊かで、飽きないんです(難しいけど…)

例えば、下記ステージのように「こんなカラフルな所を、たった7回で同色に塗り替えられるんかいっ!」と見ただけで、絶望感に苛まれる場面もしばしば…。

KAMI2

でもですね。これが上手い具合にちゃんとなるんですよ、最後には。

悩みながら色を塗り替えていって、最後の最後。最後の一手をタップする刹那の達成感は、正にこのゲームはこの瞬間のために存在する! と確信するほど(笑)

シンプルなゲーム性ながらに、遊ぶプレイヤーは、色んな感情を味わえちゃうゲームなのです。

「KAMI2」の気になる2つのポイント

和のテイストを体感!

パズルゲームですが、筆者はこのゲーム全体を彩っている世界観や雰囲気をぜひ推したいです。例えば、ゲーム中のBGMや、ステージクリアした際の”パタパタパタ”と折り紙を折りたたむような演出。

KAMI2

これ、海外メーカー製のゲームですが、完全に雰囲気は「」なんです。

パズルゲーで、ここまで世界観をプッシュしているモノもなかなか珍しいですよね。和の雰囲気体感ゲーとしてもオススメ出来ます!(その際は、イヤフォン使用を推奨)

4種類のゲームモードでパタパタしよう

ゲーム中では「ストーリー」や「チャレンジ」、さらには「デイリー」に「探索」と、大きく4種類のモードを搭載。

メインとなるモード「ストーリー」では前述の通り、起伏に富んだ様々なパターンのステージを遊ぶことができます。

筆者本作のようなパズルゲームって、好きなタイプなんですが上手くはない(←ココ重要)ので、一向にステージを先に進められません。ただこの先、どんな難関が待ち受けているのか気になるので、ちょっと先を一通り確認してみました。

すると、愕然…orz

こんな幾何学模様だらけのステージもあるんかいっ!

KAMI2

パッと見ただけで軽くクラッとなりそうですが、裏を返せば飽きることのないボリュームと難易度でもあるので、大分長い間、楽しめそうです。

プレイヤーが作ったステージを「探索」

ボリュームたっぷりな「ストーリー」をクリアできれば、あなたはもう本作の上級者。今度はぜひ「探索」を遊んでみましょう。

「探索」では、全世界のプレイヤーが自作したステージを自由に選択して遊べちゃうのです。

KAMI2

世界のプレイヤーはどんなステージを作ったのか見てみると…

超有名キャラクターが描かれたステージがあったりと(著作権的に大丈夫なのかコレ…)バリエーション豊かなステージを遊ぶことができます。

もちろん、自分でステージを作って公開することも可能。ぜひぜひ、一見「クリアするの無理なんじゃね?」なステージを作って世界中のプレイヤーを悩ませてやりましょう(笑)

「KAMI2」は、和の雰囲気が好きかどうか?

パズルゲームとしては、決められた回数で同じ色にする極めてシンプルなルールの作品です。そのため本作は、ゲーム全体に漂う「和」の世界観や雰囲気が好きかどうか。それが、楽しめるかの分かれ目だと思います。

KAMI2

ちなみに本作、タイトル名に「2」とあるように、実は続編なのです。なので、もし良かったら前作「KAMI」もぜひ遊んでみてください!

トモトモ

この記事のライター
トモトモ

本作の開発メーカー「STATE OF PLAY」。ロゴがどこかで見覚えあるな~と思っていたら、そうそうあの「INKS.」と同じメーカーでした。次は一体どんな遊びを楽しませてくれるのか、期待が高まりますね!