logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

世にも奇妙な投げゲー、英国風味。紙のオジサンや牛を遠くに飛ばそう【Verticow】

世にも奇妙な投げゲー、英国風味。紙のオジサンや牛を遠くに飛ばそう【Verticow】

大英図書館の資料をコラージュした斬新な投げゲーが登場しました。シュールでストレンジなビジュアルに、一筋縄ではいかぬ操作性。紙を飛ばすだけなのについついハマってアートの魅力も溢れるオトナの紙ゲーと申しましょうか。いや、これは神ゲーかもしれません。

ピン留めされている絵を遠くに飛ばしてハイスコアを伸ばすだけなのに謎にハマる

こんにちは、外国のゲーム大好きなTomokoです。今回は、絵を遠くに飛ばすシンプルルールの「Verticow(ヴァーティカウ)」を紹介しますよ~。

まずは飛んでったバナナ、という歌でもおなじみのバナナをホントに飛ばしてみましょう!!なるべく遠くまで飛ばしてハイスコアを狙ってくださいね。

遊び方

バナナ
変な音がする、とうちのネコも飛んできた

コツ

自分がブランコを漕ぐときの要領で関節を曲げ伸ばしすると、ピンを軸に絵をぐるぐる回せて勢いよく飛ばせます。と思いきや、後ろ向いてるタイミングでピンを外すと後方に落下し、0点に…。ピンを外す時の方向も大事、です。とにかく最初はブランコを漕ぐイメージで遊んでみてください。

飛んでったバナナの飛距離は?初めてのスコア

初スコアは11.7をマークしました!ショボ~い。でもね最初はバナナを動かすのにかなり難儀したんですよ。ゆえに、少しの距離とはいえ、飛ばせただけでも大きな喜びが押し寄せてきました(←感動レベル低め)。

さて、ハイスコアを出すとプレゼントの箱が出てきます。ワクワク。タップしてみましょう。

ハイスコア

おおお!段ボールでできたルーレットですよ!子どもの工作か。いや、ゲームといえばガチャのご時世にこれは斬新だし、この作者じつは相当のリベット好きなんじゃないか…とにらんでしまいます(笑)。この手作り感、好きです。

ルーレット
金色に鈍く光るリベット、これこそがこのゲームの肝かも

そしてルーレットを回すと、次のキャラクター、Ludwigが登場。

どうやらこのLudwig、近衛兵のようです。読みはルードヴィヒ?ドラマーならラディックって読んじゃう綴りですね。このルーさん(not大柴)、普段はエライ人の警護にあたったりしているのだろうか。制服も重そうだし大変な仕事である。ご苦労様です。てなことを考えながらとりあえず、

飛ばす。

ルードヴィヒ
ズサー!!って着地する彼が好き

他にも珍キャラが続々登場

あとはひたすら飛距離でハイスコアを目指して投げまくるだけですが、新キャラが続々と登場するわ、奇想天外な背景がシュールだわで飽きさせません。

グッときたキャラクターを紹介しますね。

Brandy

ブランデーの瓶です。酒瓶は、西部劇以外では投げてはいけないものだと父に教わりましたが、

飛ばす。

ブランデー

Betterfly

あら~綺麗な蝶々。名前も「ベタフライ=超蝶」みたいなシャレが効いてますね。ってよく見たら!ギャアアアア!ブタ顔のチョウチョウ夫人、怖すぎるんですけど!

とっ、飛ばす。

ベタフライ
杉浦茂先生のマンガに出てきそうです

Men’s Boot

やっと普通っぽいアイテム、紳士用ブーツが出てホッとしたのもつかの間、紳士が夫人のお尻をスパンキングしてるし!OH!何なの(笑)!

飛んでいけ~!

ブーツ

Eddie

あっ、また人間が出てきた。彼の名はエディ。なぜ半裸?しかも微妙なところにリベットが打ってあって気になるんですけど、金だけに。しかもこのエディ君、音声をオンにすると笑いがこらえきれないレベルのイイ声を出してくれるんで周りに人がいる時は要注意です(笑)!!

飛んでもらいます。

エディ
人間がいちばん飛ばしやすい気がします

Verticow

アプリのアイコンにもなっている牛さんも登場。Verticowって造語だと思うんですけど、垂直(Vertical)の牛(Cow)さんを回して飛ばしたら、めまい(Vertigo)がするはず。目が回る(Vertigo)はず。これらを全部掛け合わせてVerticowなのかな?とヒッチコックを思い出しながら推測してみました。考えすぎてしまったようだ。

考えるな、飛べ。

ヴァーティカウ

ピンを軸に絵を回すのに最初は難儀してイライラしましたが、ブランコの立ち漕ぎをイメージしながら挑んだら慣れてきました。鉄棒なら体を折り曲げたほうが回りやすいですよね。あの感じが掴めたらハマりますよ。キャラの形によって動かし方が変わってくるのもハマるポイントです。

さて、巷ではどうぶつを積み上げるどうぶつタワーなるゲームが流行っていますね。私もちまちま積んで遊んでいましたが、Verticowのシュールな面白さの前ではどうぶつたちがガラガラ~と音を立てて崩れたことをお伝えしておきます。

Tomoko

この記事のライター
Tomoko
本作は、大英図書館のフリー素材をスキャンして使っているようですが、「古き良きイギリスのアートをブン投げちゃっていいんですか!?ごめんなさい!」という罪悪感もゲームの面白さを底上げするのに一役買っていると思います。
この世界観が好きな方はぜひ大英図書館のインスタグラムも見てみてくださいね。『ロード・オブ・ザ・リング』の中つ国の地図みたいな素敵画像がテンコ盛りです~。

関連サイト

Verticow公式サイト 

この記事に関するキーワード