logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

【あんスタ】大注目のキセキシリーズ最終章開始。★5も★4も増量中!

【あんスタ】大注目のキセキシリーズ最終章開始。★5も★4も増量中!

2017年12月31日15:00より『奇跡☆決勝戦のウィンターライブ』が開始されました! 全3回に再構成された「キセキシリーズ」の最終回! 絶対に見逃せません(ΦωΦ) 年末年始のお祭り騒ぎをさらに盛り上げる、★5と★4カードが大幅増量も嬉しいですね♡ いつもと違うところもあるので、きちんと確認していきましょう、

関連:あんスタ!記事一覧

『奇跡☆決勝戦のウィンターライブ』のイベント概要

期間

2017年12月31日15:00~2018年1月10日22:00

ポイントボーナス

・☆5[導きのTrickstar]氷鷹北斗(1枚目1,000,000pt)

あんさんぶるスターズ!

・☆5[挑戦のTrickstar]遊木真(1枚目1,050,000pt)

あんさんぶるスターズ!

・☆5[勝負のTrickstar]衣更真緒(1枚目1,100,000pt)

あんさんぶるスターズ!

・☆4[心の赴くまま]巴日和(1枚目600,000pt)

あんさんぶるスターズ!

・☆4[悦びのすべて]七種茨(1枚目660,000pt)

あんさんぶるスターズ!

・☆4[鳴り響く鼓動]漣ジュン(1枚目700,000pt)

あんさんぶるスターズ!

ランキングボーナス

・☆5[奇跡のTrickstar]明星スバル

あんさんぶるスターズ!

・☆4[甘やかな支配]乱凪砂

あんさんぶるスターズ!

・☆3[『SS』声援]守沢千秋

あんさんぶるスターズ!

ランキング・ポイントボーナスの変更

なし

シナリオの担当

日日日先生

どこがいつもと違うのか?

今回のイベントは、いくつかいつものイベントと異なる点があります。

カードのレアリティ

通常のイベントは、★5が2枚、★4が2枚、★3が4枚の計8枚です。

ト

今回のイベントは、高レアリティが大幅増量。★5が4枚、★4が4枚、★3が4枚の計12枚です。今回走ると大量の高レアリティカードが獲得できます

カードの配置

通常は★5と★4がランボとポイボに1枚ずつ、★3がポイボで3枚ランボで1枚です。

ト

今回は、ランボは変わらず、ポイボに★5が3枚、★4が3枚配置されています。普段★5を1枚獲得するポイントで、今回は★5が3枚獲得可能です。

イベントストーリーの解放

通常の場合、イベントストーリーは最初からすべてポイントボーナスに配置され、そのポイントに到達すると読むことができます。

今回のイベントでは、1月5日までは前半までしかポイントボーナスに配置されておらず、1月5日15時に後半のストーリーがポイントボーナスが追加されます。

ですが、最終的に必要なポイントは通常のイベントと変わらないのでご安心ください。

まとめると、今回走ると、いつもと同じ労力でたくさんの高レアリティカードがゲットできるので大変お得&後半ストーリーが時限式なので、期限いっぱい頑張ろう! という感じです。

恒例☆まさみの当てたい(願望)ボーダー予想

ト

今回高レアリティカードが大量に出ることは予告されていたので配置が気になっていましたが、まさかのポイボに3枚ずつ配置。しかも通常1枚ゲットのポイントで3枚ゲット可能な超親切配置でしたね。

これはキセキシリーズになじみのない人であっても、高レアリティ目当てに走り出したくなる、とっても魅惑的なイベントです。もちろん、キセキシリーズ大団円で注目度も高まっているでしょうし。


公式の予告ツイートのリツイート・いいね数も、およそ67,000と75,000というかなり大きな数字になっています(※2017年12月31日15:35時点)

いいね数だけならデッドマンズ追憶と変わりませんし、リツイート数もあの高騰したKnights追憶より高めです。

ト

ト

注目度は間違いなく高い。よって、今までのキセキシリーズのボーダーよりはかなりの高騰が見られるのではないかと考えられます。

開始初日時点でのボーダー予想

※この予想は個人が勝手に行っている根拠のない予想ですので、ご注意ください

今回のボーダー予想
4,500,000~5,000,000前後
※☆5スバルの1枚取りライン

私の記憶が確かなら、さすがに今まで★5の1枚取りが6,000,000を超えたことはありません。また、あんスタは仕様で、5,500,000pt獲得するとランボが1枚もらえるようになっています。

今回は確かに高レアリティ大放出で、戦力強化の大チャンス。注目度も歴代の高騰イベントと並ぶかそれ以上に高いんですが、高レアリティが低いポイントでもたくさん手に入ることで、深追いしない層も多いのではないかと考えられます。

ただ、恐らく年始には色々な形でダイヤが配られるでしょう。よって、大高騰と言うほどでもないけれど、普段と比べると高めという設定をしてみました。

過去の例でいうとアクアリウムのボーダーに近くなるのではないかという予想です。

開始4日目時点でのボーダー予想

現時点では、過去最高ボーダーを記録した節分祭に迫る勢いでポイントが伸びています。よって、ボーダーを上方修正します。

※この予想は個人が勝手に行っている根拠のない予想ですので、ご注意ください

今回のボーダー予想
5,000,000~6,000,000前後
※☆5スバルの1枚取りライン

今までに★5の1枚取りが6,000,000を超えたことはありません。場合によっては、このイベントで過去最高ボーダーが記録されるかもしれませんね。

スタートダッシュがとにかく凄かったです。もう11,000位ボーダーはとっくにポイボ★5を1枚ずつ獲得していますが、勢いは衰えていません。さすがに最初の3日に比べたら落ち着いてきた感じはしますが…

今年は9日までお休みという人も多いでしょうし、イベント期間中まるっとあんスタに集中できる人も多くなりそうです。

社会人だともう仕事始めの方も多いので、ここから先少し伸び率は低くなっていく可能性も高いと思っているんですが、最初に走ってしまうと後に引けず、どんどん加速していくパターンもあります。

絶対にランキング〇位入賞したい! という方は、かなり厳しい戦いになりますので、ダイヤの準備は勿論、特効のイベントスカウトも選択肢に入れることをおすすめします。ダイヤを備蓄してたくさんのライブをこなすだけでなく、時間的な意味で、1回のライブで得られるポイントの底上げも重要です。

ト

おみくじの大吉ボーナスも有効活用してくださいね。

開始9日目時点でのボーダー予想

ポイントの伸びが緩まりません。過去最高ボーダーを記録した節分祭に迫る可能性が高くなってきました。

※この予想は個人が勝手に行っている根拠のない予想ですので、ご注意ください

今回のボーダー予想
6,000,000前後
※☆5スバルの1枚取りライン

何度も繰り返しますが、今までに★5の1枚取りが6,000,000を超えたことはありません。現時点で私は、このイベントで過去最高ボーダーが記録される可能性が高いと考えてます。

本日(9日)から平日になりますが、ここまでボーダーが上がってしまった以上、引くに引けないのが人間心理。平日だから多少緩む…といった展開はあまり期待していません。上位入賞狙いの皆さん、油断なさらぬよう!

また随時予想の変更をしていこうと思います。変更した際にはこの記事に追記して、まさみのTwitterアカウントにてご報告するように(なるべく)しますのでよろしければ。

最終日13:30目時点でのボーダー予想

最終日13時過ぎ時点での11,000位ボーダーは520万ポイントを超えたところです。6,000,000前後のボーダーになるという予想は変わらないのですが、ボーダー予想の根拠を幾つか挙げます。

※この予想は個人が勝手に行っている根拠のない予想ですので、ご注意ください

今回のボーダー予想
6,000,000前後
※☆5スバルの1枚取りライン

抑えたいポイント

  • 過去にはボーダー締め切り直前2時間で90万ポイント上がった例も
  • 2017年スイートハロウィン

  • ランボ☆5のスバルは5,500,000で1枚手に入る
  • 11,000位ボーダーの過去最高値は5,960,292pt
  • 2017年節分祭

まず、最終日のポイントの伸び方は、恐ろしいときには2時間で90万ポイントも上がった前例があることを知っておいてください。

ただ、現時点でここまでボーダーが高騰していると、スバル1枚確定(ポイボ3週目)で撤退するユーザーがかなり多いと思います。よって、大きく6,000,000をオーバーする数字(例えば、6,500,000ptオーバー)にはならないのではないかと私は考えています。

11,000位ボーダーの過去最高は、ほぼ6,000,000ptです。すでにユーザーの中にもこのポイントと比較する声が多く上がっているので、6,000,000を目安に走っている人もそれなりの数存在すると思います。私としては、絶対11,000位以内入賞を狙うのなら、6,000,000ptまで走っておくのが安心ではないかと考えています。

あまりの高さに挫けそうですが、お互いがんばりましょう! 私は凪砂2枚狙いです…

ついにここに終結。冬の大決戦はどんな未来を導く?

EdenはAdamとEveのメンバー4人からなるユニット。非常に強大な敵であることは間違いありません。

キセキシリーズでは、輝石・軌跡と2つの漢字を使ってきましたが、今回は「奇跡」となっています。一体どのようなミラクルが起きるのでしょうか!?

私は既にミラクルを目撃しました。真が泉さんの編んだマフラーを着用しています。

▼母性を感じる泉さん
ト

▼同じマフラーですよね?
ト

なんだかんだ、あの2人の関係性も変わってきていますよね。

★3で出演するメンバーは、トリスタ4人にゆかりの深いメンバーばかり。

ト
ト
あんさんぶるスターズ!
あんさんぶるスターズ!

SSはトリスタにとってだけでなく、夢ノ咲学院全体をも揺るがす大きな舞台です。総力を挙げてバックアップしています。

この舞台がどのような未来につながっていくのか、その奇跡を目撃するときがきました。年末年始休みを有効活用して、どんどんイベントを進めていきましょう!

関連:あんスタ!記事一覧
まさみ

この記事のライター
まさみ
あぁ~~~キセキシリーズが終わってしまうのが寂しすぎるんじゃ~~~巴日和が大好きすぎるんじゃ~~~