logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

「メガテン」最新作!悪魔を召喚して敵とバトル【D×2 真・女神転生 リベレーション】
PR

「メガテン」最新作!悪魔を召喚して敵とバトル【D×2 真・女神転生 リベレーション】

ゲーム会社アトラスが誇る2大RPGの1つ「真・女神転生(通称:メガテン)」シリーズに、最新作「D×2 真・女神転生リベレーション」が登場。現代を舞台に、悪魔を召喚する能力を持つデビルダウンローダーとなったプレイヤーたちが、敵とバトルを繰り広げていきます。(本作ではアトラスが原作・セガが開発を担当)

デビルダウンローダーになってアプリで悪魔を召喚

D×2真・女神転生リベレーション」は、RPGです。

プレイヤーは謎の男に導かれ、悪魔を召喚する能力を持つ存在、デビルダウンローダー(通称:D×2)にされてしまいます。さらに、そんなデビルダウンローダーたちの集団「リベレイターズ」の一員となって、未知の知的生命体「ヴェニタス」を信奉する敵対集団「アコライツ」との戦いに加わることに…。(壮絶なくらいに巻き込まれ系…)

D×2 真・女神転生 リベレーション

そう、一見平和に見えるこの世界では、実は水面下でデビルダウンローダーたちの壮絶な争いが繰り広げられていたのです!

D×2 真・女神転生 リベレーション

そんな本作の魅力は、悪魔を駆使する召喚バトル。バトルは「真・女神転生」シリーズオリジナルのシステム「プレスターンバトル」を搭載し、緊迫した戦いを楽しめちゃいます。

D×2 真・女神転生 リベレーション

しかも悪魔を召喚するのに、スマホアプリを使う設定なんです。(すごい現代チックだね)

D×2 真・女神転生 リベレーション

他にも、仲間の1人に人気動画配信者メガキンが登場したりと、現代的な要素をふんだんに取り込んだ親近感のある世界&キャラクターがゲームプレイを彩ります。

「D×2 真・女神転生 リベレーション」の魅力はバトルにあり!

プレスターンバトルを利用して、ずっと俺のターン!

悪魔とのバトルで特徴的なのは、本シリーズ独自のバトルシステム「プレスターンバトル」です。

これザックリ言うと、敵を攻撃した際に、上手く弱点を突けたり会心の一撃だったりすると自分のターンが増え、逆に無意味な攻撃だと、自分のターン数が減少してしまいます。つまり、戦況がリアルタイムに自分のターン数へと反映されてしまうのです。

D×2 真・女神転生 リベレーション

なので通常のザコ敵だったとしても、戦い方を誤ればターン数は減り、実質的に強敵へと変貌。逆に、ボスであっても敵にとって弱点となる攻撃を繰り出し続けることができれば、ずっと俺のターン状態も夢じゃないかも…??(笑)

属性を探って敵を倒そう

バトルでは属性の概念が存在し、悪魔には弱点属性や耐性属性が存在。デビルアナライズ(画面右)には、敵の属性に関する情報が表示されています。しかし、初遭遇の敵の弱点は不明。

D×2 真・女神転生 リベレーション

こんなときは、属性別に攻撃を仕掛けていって、敵の弱点を探り出しましょう。属性のバリエーションが幅広いため、探り当てるまで少し時間を要しますが、弱点を発見した際の達成感は、またひとしおです。

バトルの敵は仲魔にできる

バトルは敵を倒すことだけが全てではないんです。なんと戦っている最中の敵と交渉して、仲魔に引き入れることが可能。

D×2 真・女神転生 リベレーション

バトル中、敵の頭上に「TALK」アイコンが出たら、交渉可能の合図。タップで話しかけてみましょう。交渉成功へのコツは、相手の意に沿った会話を心がけること(図々しい悪魔は、アイテムを要求してくることもあるみたいです)

もちろん「上から目線でムカつく悪魔は、ワザと交渉決裂してぶっ倒す!」でも問題なし(笑)

D×2 真・女神転生 リベレーション

悪魔によってはバトル中、自ら話かけてくることも…!?

仲魔にした悪魔は、召喚(ガチャ)で手に入れた悪魔と同様に、プレイヤーが自由に編成&育成ができます。交渉を活用して、敵を仲魔に取り込みましょう。

現実と非現実のコントラストが新鮮

D×2 真・女神転生 リベレーション」は、悪魔・召喚・転生など、ともすると現実離れしすぎて感情移入しづらい要素と秋葉原・動画配信者・スマホアプリなどの親近感の湧きやすい要素のコントラストが、新鮮で印象的でした。

「もしかしたら自分たちの知らないところで、こんなバトルが繰り広げられているのかも!」と想像できちゃうリアルな感覚があって、遊んでいてワクワクしますよね!

D×2 真・女神転生 リベレーション

ちなみに筆者は、恥ずかしながら「真・女神転生」シリーズは本作が初。もしかすると、これまでの過去作もこのようなコントラストを味わえるのかな…?? ちょっと過去作も遡って遊びたくなりました!

トモトモ

この記事のライター
トモトモ

「プレスターンバトル」。これターンの概念を大きく揺るがす可能性の秘めたバトルシステムですね。アトラスのRPGといえばこれまで「ペルソナ」シリーズを専ら遊んできたタイプなので、本作を機に「真・女神転生」シリーズも遊んでみたくなりました。