logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

Googleフォトで加工した写真をカンタンにSNSへ投稿する方法

Googleフォトで加工した写真をカンタンにSNSへ投稿する方法

今回は、GoogleフォトアプリからSNSへ投稿する方法をご紹介します。別のアプリを改めて立ち上げなくても、加工した写真をそのままTwitterやFacebookへアップできちゃいますよ。

「Googleフォト」アプリからSNSへ写真を投稿する方法

「Googleフォト」では、フィルター加工やアニメーションの作成など様々な加工が可能です。そして、その加工した画像や動画をそのままSNSへ投稿することができます。

その為、改めて別のアプリを立ち上げる必要が無く、素早く投稿することが可能です。

それではまず、写真をSNSへ投稿する画面までの操作方法をご紹介します。

SNSに投稿する前にサクッと加工!

Googleフォトを開いたら、フォトライブラリから投稿したい写真を選択します。

今回はこのパンケーキの写真を投稿したいと思います。しかしながら、少し明かりが青白くてあまり美味しくなさそうなので、投稿前にちょっとだけ加工しようと思います。

画面下部のメニューのうち、左から2番目のマークをタップして下さい。

Googleフォトの写真を加工する場合に選択するボタン

フィルター加工の画面になるので、パンケーキが美味しそうに見えるフィルターを選びます。ここでは「パルマ」を選んでみました。

彩度が上がって青白かったパンケーキが焼きたてのように黄金色になりました。生クリームもつやつやして美味しそうです。

加工が終わったら画面上部の「保存」をタップします。

Googleフォトで写真の加工を終えたら保存を選択する

「”GooglePhotos”にこの写真の変更を許可しますか?」というメッセージが表示されるので「変更」をタップします。

これで、加工した写真の保存が完了しました。温かみのある美味しそうな写真になりましたね!

Googleフォトで加工した写真を変更する

関連記事:Googleフォトで写真の調整をする方法

投稿先を選ぼう

続いて、画面下部のメニューのうち、1番左にある「シェアボタン」を選択しましょう。

Googleフォトの写真をシェアするためのボタン

写真の共有先や、SNSのアイコンが表示されます。

あとは、投稿したいSNSを選択して、投稿するだけです!

Googleフォトの写真を投稿したいアプリを選ぶ

それでは、実際にGoogleフォトの写真を投稿してみましょう。

代表的なSNSを例にとってご紹介します。

Twitterへ投稿する方法

写真を投稿する画面でTwitterのアイコンを選択します。

ツイート内容を入力する画面に切り替わりますので、「いまどうしてる?」の部分にツイートを書き込みます。

Googleフォトの写真をTwitterに投稿する場合

入力が終わったら「ツイート」をタップすればOK!

これでTwitterにツイートが送信されます。

Googleフォトの写真をTwitterに投稿する

ちなみに、アカウントを複数持っている場合は、ツイート入力画面を下へスライドさせると、アカウント選択のメニューが表示されます。

Googleフォトの写真をTwitterに投稿する場合、Twitterのアカウントを切り替えることも可能

ここからツイートするアカウントを切り替えることができます。

なお、あらかじめTwitterアプリからアカウントにログインしておきましょう。後々の作業が楽チンですし、他のアプリを利用している時も何かと便利ですよ。

Facebookへ投稿する方法

Facebookの投稿も、基本的にはTwitterと同様です。

アプリ一覧から「Facebook」を選択すると、Facebook投稿画面に切り替わります。

Facebookへ投稿する際は、プライバシー設定をすることが可能です。

Googleフォトの写真をFacebookに投稿する場合

全体か、友達のみか、投稿を公開したい範囲を選択しましょう。

公開範囲の選択が完了したら、左上の矢印をタップして投稿画面へ戻りましょう。

Googleフォトの写真をFacebookに投稿する場合、投稿の公開範囲を選択できる

Facebookに投稿する際は、下記の設定が可能です。

該当するものがある場合は選択・設定しましょう。

  • アルバム
    Facebookのアルバムを作成し写真をアップすることができます。
  • タグ付け
    写真に写っている友達をタグ付けすることができます。
  • 何してる?
    今の気分や投稿の内容を「何してる?」の中から選択することができます。
  • チェックイン
    写真に関連する場所にチェックインすることができます。

Googleフォトの写真をFacebookに投稿する場合、アルバム、タグ付け、チェックインなども設定できる

テキストの入力、必要な項目の選択が完了したら「投稿する」をタップしましょう。

これでFacebookへの投稿が完了しました!

Googleフォトの写真をFacebookに投稿する設定が完了したら、投稿するを押す

なお、「Googleフォト」アプリから投稿できる範囲は、自分のタイムラインのみとなります。

Facebookページへの投稿はできませんので、ページの更新をしたい場合は、Facebookアプリを立ち上げて投稿してください。

SNS以外への送信例

ここまでSNSへの投稿を主にご紹介してきましたが、「Googleフォト」アプリから写真を共有する方法は他にもあります。

中でも、利用する機会の多そうな「LINE」と「メール」に加えて、動画の投稿ができる「YouTube」について簡単にご紹介したいと思います。

LINE

「Googleフォト」に保存している写真を、LINEで友達に送信することができます。個人間だけでなくグループへの送信も可能なのが便利で嬉しいですね。

ただし、タイムラインへの投稿はできませんので、あくまでも「トークルーム」用の機能と言えます。

Googleフォトの写真をLINEで送る場合

メール

メールアイコンをタップすると、メーラーが自動で立ち上がり、写真を添付して送信することが可能です。素早く写真を送信できて何かと重宝します。

Googleフォトの写真をメールで送る場合

動画をYouTubeへ投稿する方法

「Googleフォト」では、保存されている動画をYouTubeへアップすることも可能です。YouTubeへはGoogleアカウントでログインすることができます。Googleフォトで利用しているものをそのまま使えるので、簡単に投稿できます。

シェアボタンから、アプリ一覧から「YouTube」を選択し、「”YouTube”が写真へのアクセスを求めています」のメッセージが表示されたら、「OK」を選択してください。

Googleフォトの動画をYouTubeに投稿する場合

アップロードしたい動画が長すぎる場合、長さをカットして調整してから投稿することができます。編集画面の下の方にある青い枠をドラッグしながら左右にスライドさせると、公開したい範囲を選択することができます。

動画の編集が完了したら右上の「次へ」を選択してください。

続いて、YouTubeにアップロードする際の「タイトル」「動画の説明」「プライバシー」を設定しましょう。「プライバシー」は動画の公開範囲で、全公開・限定公開(動画のURLを知っている人だけアクセス可能)・非公開の中から選択できます。

全ての項目の入力と設定が完了したら「アップロード」をタップして、投稿完了です!

Googleフォトの動画をYouTubeに投稿する場合、動画をトリミングすることも出来る

共有先一覧を整理してみよう

ところで、投稿先として表示されているアプリの中にはよく使うSNSもあれば、あまり投稿しないアプリも表示されていませんか?

実は、この投稿先一覧に表示されるアプリは、カスタマイズすることが可能なんです。

表示アイコンのオン・オフを切り替える方法

まずは、表示アイコンの「オン/オフ」の方法をご紹介しましょう。アプリのアイコンの1番右端にある「その他」というアイコンをタップします。

Googleフォトの写真共有先一覧の順番を変える

「アクティビティ」というメニューが表示されます。下へスライドすれば、他のアプリも確認することができます。

Googleフォトの写真共有先一覧に、他のアプリを表示させる事が出来る

下へスライドしていくと、今は表示されていない「Googleマップに投稿」という選択肢がありました。アイコンの右にある「オン/オフ」スイッチをタップして、「オン(緑)」にしてみましょう。

Googleフォトの写真共有先一覧に、他のアプリを表示させる場合はスイッチで切り替える

アプリ一覧に「Googleマップに投稿」が追加されました!

Googleフォトの写真共有先一覧に、Googleマップを追加した状態

また非表示にしたいときは、先ほどのスイッチを「オフ(白)」に戻しましょう。

これで、アイコンの表示/非表示を設定することができます。

アイコンの表示順を変更する方法

続いて、アイコンの表示順の変更をしてみましょう。

「アクティビティ」メニューを開いたら、アイコン右端にある3本線のマークをタップし、押し続けたまま上下にスライドさせます。

するとアイコンの移動ができ、表示順の変更ができるのです。

試しに1番上にアイコンを移動し、「完了」を押して閉じます。

Googleフォトの写真共有先一覧のアプリは、上下にスライドしても順番を変える事が出来る

1番上に移動させた「Googleマップ」アイコンが先頭に移動していますね。

Googleフォトの写真共有先一覧の順番入れ替えが完了した状態

この紹介した2つの手順で、投稿先として表示されるアイコンのカスタマイズができます。普段使わないアプリが表示されていることもありますので、ぜひ使いやすい様に整理してみてください!

今回は「Googleフォト」アプリからSNSへ投稿する方法をご紹介しました!

TwitterやFacebookからはカメラロールへのアクセスはできても、Googleフォトへのアクセスはできない為、Googleフォト内の加工済み画像をアップしたい場合は、Googleフォトからの投稿がスムーズです。

今回紹介した方法以外にも、Instagramなどの人気SNSやEvernoteなどのクラウド系アプリのほとんどに投稿・保存することが可能なので、ぜひGoogleフォトからの投稿・保存を活用してみてください!

この記事に関するキーワード