logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

「ママ!もう一回!」と子どもがハマった、遊んで学べる学研の英語学習アプリ【アルファベットストーンズ】

「ママ!もう一回!」と子どもがハマった、遊んで学べる学研の英語学習アプリ【アルファベットストーンズ】

いよいよ今年から先行実施される英語教育改革。子どもが英語嫌いになっては困る時代、一児を持つ我が家もあの手この手で英語に触れさせています。アプリでは『アルファベットストーンズ』が今一番のお気に入り!学研謹製、しかもパズル仕立てで、英語を楽しく学べますよ♪

聞く・話す・遊ぶ!パズルでネイティブ英語が身につく

『アルファベットストーンズ』は、子どもたちが大好きなパズルを夢中で解くうちにネイティブの発音や語彙力が身につくという、魔法のようなアプリです。

魔法使いの正体は、学研。いざ熱中し始めると終わりが見えなくなる子どもの遊びの世界に、学研の持つ教育のノウハウが詰め込まれた優良アプリに仕上がっていますよ~。

「アルファベットストーンズ」は聞く・話す・遊ぶ

App Storeでも大人気で、ウチの娘(6歳)も夫がスマホに入れて以来、見事にドはまり!今回、私のスマホにもインストールして、Let’s start!!

男の子も女の子も、きっと好き

まずは性別選びから。このアドベンチャーゲームの主人公のようなキャラクター、完成度が高いですね~!我が娘も「この子かわいい~」と親近感を持ったようです。

「アルファベットストーンズ」の性別選択画面

舞台となるのは動物王国「アルファベットランド」。パズルを解くごとに、王国のマップを進んでいけます。先に進めるワクワク感も、継続のカギになっています!

呪文を唱えるとボーナスがもらえたり、マップがあったりとRPGテイスト♪

「アルファベットストーンズ」のマップ画面

基本ルールはツムツム!

パズル自体は、同じアルファベットを3つ以上つなげて消すという、ツムツム方式。これならママでも簡単だあ!やったるでえ!と、実は1,000万点プレイヤーなツムツマーな私、ドヤ顔で遊びかけましたが…( ゚д゚)ハッ! これは子どもに遊んでもらうアプリでした(笑)

気を取り直して。

3つつなげて1文字ずつ消して行く

例えばお題がCATなら、以下の通りに解きます。


「アルファベットストーンズ」のお題「CAT」

つなげている間は、その文字や単語がネイティブの発音で再生されます。目で集中している良いタイミングで、耳から正しい発音を取り入れられます。

すべての文字を消すと、ステージCLEAR!!

「アルファベットストーンズ」のお題クリア

クリア後は、マイクに向かって自分で発音してみましょう!うまく発音できなくてもポイントがもらえて、さらに次に進むと…?

「アルファベットストーンズ」の「はつおんチャンス!!」

動物王国のお友だちを助けてあげられます!こうして、お友だちのカードを集めるのもハマる要素です。

子どもってなぜかカードに弱いですからね。データカードダスとかデータカードダスとか。うちでは猫を飼っているので、このココちゃんがお気に入りのようです。

「アルファベットストーンズ」でたすけた猫のお友達「ココ」
今動物界で一番人気なパンダキャラも登場しますよ~

パパ・ママが進捗状況を把握できる

我が子がパズルに熱中する後ろ姿を見守りつつ、気になるのが成績。そこはご安心ください。アプリを開いた画面の下部にある「パパとママへ」に進むと、このように我が子の進捗状況を(こっそり)確認できるメニューが用意されていますよ~!

「やったね!」「よくできたね」「すごいね」「ママより英語上手だなあ~」なんて、褒めてあげるとやる気アップすること間違いなしですよ♪

「アルファベットストーンズ」の成績表
リアルにうちの子の成績表です

Whatは本当はホワッとしていない

昭和育ちの私。英語がいちばんの得意科目ですが、それでも子どもの頃にローマ字読みを仕込まれたゆえか発音に自信ナッシングです。Whenをホウェン、Whichをホイッチと読んでしまうのはマイ同世代あるある…。いずれも”h”は発音しなくていいから「ワット」で良い、と知ったのはだいぶ大人になってからでした。

『アルファベットストーンズ』なら正しい発音を学びながら、単語のつづりもバッチリ覚えられます。

我が子には発音で苦労させたくないなあという方、また、フォニックス(発音と文字の関連から英語を学ぶ音声学習法)で英語を学んでいるお子さんにも超オススメですよ。

Tomoko

この記事のライター
Tomoko
思い返せば我が子がまだ2歳の頃。押し寄せるグローバリゼーションの波を受け、お風呂にアルファベットポスターを貼ることから英語教育を始めました(2歳、読めない)。無料アプリもしかり、今の時代は100円ショップでこういった英語教材が手に入るのが便利ですね~。

この記事に関するキーワード